logo

鬼才・ジョージ秋山氏がタイトル文字を描き下ろし! eBookJapan版『浮浪雲』リリース開始にあたって著者が特別メッセージ



マンガNo.1※の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブ ジャパン(本社:東京都千代田区西神田2-5-2、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、1月18日より漫画家・ジョージ秋山氏の代表作『浮浪雲』のリリースを開始します。
※有料電子コミック利用者の「電子コミックの購入先」(複数回答)において最も利用者の多い電子書店となりました。出典:インプレスR&D インターネットメディア総合研究所「電子コミックビジネス調査報告書2012」3.5.2 電子コミックの購入先(P.76)

『浮浪雲』は1973年より「ビッグコミック」(小学館刊)にて連載が開始され、幕末の東海道の宿場町で問屋を営む雲、妻のかめ、長男・新之助、長女・お花の4人の暮らしぶりを中心に人生の機微を時にコミカルに、時にシニカルに描いた作品です。これまでに3度映像化され、第24回小学館漫画賞を受賞、現在でも連載が続く「ビッグコミック」を代表する長期連載作品で本年連載開始40年を迎えます。今回リリースするのは第1巻から第20巻までですが、今後は毎月1度、10巻分を最新刊まで順次リリースしていく予定です。

なお『浮浪雲』のリリースにあたって、ジョージ秋山氏に電子書籍用にタイトル文字を新規に描き下ろしていただき、コメントをいただきました。

「(作品が)電子書籍になった、と聞いても正直よくわからない。けれど、新しい読み方で多くの人に楽しんでもらえるなら。『浮浪雲』は何十年の間に変化している。色々な『浮浪雲』を楽しんでほしい」
(ジョージ秋山)


なお、今後のジョージ秋山作品のリリース予定と、現在発売している作品は以下の通りです。

●今後のリリース予定
2月1日 『あんじんさん』 全2巻
2月8日 『スンズクの帝王 オリは毒薬』
2月22日 『銭ゲバの娘 プーコ』
3月1日 『アシュラ 完結編』
3月8日 『日本列島蝦蟇蛙』 全2巻
3月15日 『浮浪雲』 21~30巻

●現在発売中のジョージ秋山作品
『花のよたろう』 全15巻 ※
『ピンクのカーテン』 全12巻 ※
『ピンクのカーテンPart2』 全6巻 ※
『恋子の毎日』 全32巻
『灰になる少年』 ※
『花の咲太郎』 全4巻 ※
『くどき屋ジョー』 全4巻 ※
『俺の青春』 全2巻 ※
『アシュラ』 全3巻
『岡っ引ひぐらし』 ※
『ぼんくら同心』 全4巻 ※
『フィッシュ・ラーゲ』 全5巻 ※
『名作落語全集』 ※
『國里小久璃子の性涯』 全3巻
『独眼目明し捕物帖・天牛』 ※

『高校友侠伝 パフォーマンス岩次郎』 全3巻 ※
『SEXドクター 尖三郎』 全7巻
『超人晴子』 全3巻 ※
『パットマンX』 全5巻 ※
『デロリンマン』 全3巻 ※
『銭ゲバ』 全4巻
『銭豚』 ※
『スターダスト』 ※
『ザ・ムーン』  全4巻 ※
『現約聖書』 全2巻 ※
『暮れ六つ同心』 全3巻 ※
『捨てがたき人々』 全5巻 ※
『ガイコツくん』 ※
『ケネディ』 全5巻 ※
『告白』 ※
『涙をこらえろ!』 ※
『弘法大師空海』 全6巻 ※
『博愛の人』 全8巻 ※
『シャカの息子』 全2巻 ※
『戦えナム』 全2巻 ※
『フランケンシュタインシンドローム少女』 ※
『女形気三郎』 全7巻 ※

※マークの作品は、2013年1月18日現在、電子書籍はeBookJapanのみで配信している作品です(APPストア等で各アプリケーションとして発売されている作品は除く)。


●著者プロフィール


ジョージ秋山
漫画家。1943年、栃木県生まれ。『浮浪雲』で1978年に第24回小学館漫画賞を受賞。膨大な漫画作品を誇る。『アシュラ』『銭ゲバ』『ピンクのカーテン』『恋子の毎日』など映像化された作品も数多い。


■eBookJapanの主な特長
<世界最大級の電子コミック保有数>
コミックを中心に約83,000冊の電子書籍を、高画質でお楽しみ頂けます。

<パソコン、スマートフォン、タブレットで読める>
WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Android端末、Windows Phone(※)に対応し、オフラインでも楽しめます。

<トランクルーム機能>
トランクルームとは、購入された電子書籍を保管するために自由に使用できるWeb上のお客様の本棚です。これにより端末の記憶容量を圧迫せず、端末故障時にも電子書籍を保護し、お好みの端末に自由に移動して読書ができます。

※ Windows Mobile 6.1以上(Windows Phone 7.5には未対応)


■株式会社イーブック イニシアティブ ジャパンについて
「Save trees!」を合い言葉に地球環境保護の理念を掲げて2000年に創業した電子書籍業界の老舗で、電子書籍販売サイトeBookJapanを運営しています。2011年には東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。(コード: 3658)
コーポレートサイト: リンク
電子書籍販売サイト: eBookJapan (リンク)

■株式会社イーブックイニシアティブジャパンの歴史
1998年4月 創業者鈴木雄介が、(株)小学館勤務時代、電子書籍コンソーシアムを結成し、衛星配信による電子書籍の「ブックオンデマンド」の実験を実施(2000年3月実験終了)。
2000年5月 鈴木が、(株)小学館を退社し、株式会社イーブックイニシアティブジャパンを創業。
2001年10月 手塚プロダクションとの契約締結。
2003年10月 鈴木が、発起人代表として電子書籍ビジネスコンソーシアムを設立し、副会長に就任。
松下電器産業(現パナソニック)の電子書籍専用端末「Σbook」事業に協力。
2004年1月 鈴木著書『eBook時代はじまる! -「電子の本」が変える読書革命 -』発売
2007年10月 トランクルームサービスを開始。(世界初の電子書籍をインターネットで預かるサービス)
2010年4月 鈴木が取締役会長に、小出斉が代表取締役社長に就任。
2011年10月 東証マザーズ上場

■代表者プロフィール
代表取締役社長 小出 斉(こいで ひとし)

1993年 東大経卒。三菱重工業、A.T.カーニー、
ボストンコンサルティンググループなどを経て、
2009年イーブックイニシアティブジャパン副社長。
10年から代表取締役社長(現職)。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。