logo

メールアーカイブの導入コスト・サーバー管理の手間を大幅に削減!メール保管・監視サービス「Mail Gazerクラウド」をリリース

株式会社プロット 2013年01月17日 15時00分
From DreamNews

Mail Gazer(メールゲイザー)は、全従業員が送受信した電子メールをすべて保存し、監視を行うことによって、企業のモラルやセキュリティ意識を高め、情報漏洩を防止するソリューションです。サーバー運用やデータ管理に関わる手間や経費を抑えたクラウド型のサービスで企業の導入負担の軽減が可能になりました。また販売中のオンプレミス製品「Mail Gazer3」と同じく、アーカイブ対象となるメールアドレス数は無制限となっており、低コストで運用を始めることが出来ます。

◆用途
<内部統制対策に>
社員のセキュリティ意識の向上、情報漏洩の防止、私用メールの抑制などメールの運用ルールの策定をサポートします。

<BCP対策に>
メールでやりとりを行った取引記録や添付データをクラウド上でバックアップし、事故や災害による消失を防ぎます。

<流通の記録に>
2012年7月1日に改正された関税法により、メールで行った輸出入の取引記録を5年以上保管することが義務付けられました。ストレージオプションによって監査に対応することが可能です。

◆サービス概要
<サービス名称>
Mail Gazerクラウド

<提供価格>
初期費用:105,000円(税込)
基本料金:50GBプラン/月額18,900円(税込) ※ユーザー数無制限(全プラン共通)
       150GBプラン/月額29,400円(税込)
       500GBプラン/月額81,900円(税込)
       1TBプラン/月額102,900円(税込)

<提供開始日>
2013年3月1日

◆Mail Gazerについて
Mail Gazerは、2005年にリリースした低コストメールアーカイブ/フィルタリングシステムです。
社内外へ送受信された全ての電子メールを保存し監視を行い、電子メールからの情報漏洩を抑止するソリューションとなっています。ユーザインターフェイスはWebブラウザを利用しており、保存したメールの閲覧やメールデータのダウンロード等の操作、要求に合わせた各種設定も、どなたにでも簡単に行う事ができます。

機能の詳細は製品紹介サイトをご覧ください  リンク

【リリース詳細】
リリース詳細はこちらをご覧ください(PDF)
リンク
※PDFファイルをご覧になる時はアドビシステムズ社のAdobe Readerが必要です。

【商標について】
Mail Gazerは、プロット社の登録商標です。
Adobe Readerは、米国および他の国々で登録されたアドビシステムズ社の商標です。

【株式会社プロットについて】
1968年創業の開発会社。主な事業として、パッケージ製品の開発、クラウドサービスの運営を行っています。パッケージ製品には、ファイル送受信の効率化・社内の情報共有・メールの誤送信対策・メールのアーカイブなどITを利用した企業間のコミュニケーションを安全、円滑にするソリューションを提供しています。
リンク

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。予めご了承ください。

===本件に関するお問い合わせ=====================
株式会社プロット
大阪本社 広報担当:梶本
〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-3 堂島TSSビル7F
TEL:06-6341-8360 / FAX:06-6341-8366
EMAIL:sales@plott.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。