logo

◎第7回Ariana Television Network賞授賞式を開催へ  女性教育促進を支援

Bayat Foundation 2013年01月17日 15時05分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎第7回Ariana Television Network賞授賞式を開催へ  女性教育促進を支援

AsiaNet 51850
共同JBN0042(2013.1.17)

【カブール2013年1月17日PRN=共同JBN】若いアフガニスタン女性の意識・教育向上のための資金集めを目的にした、2012年第7回Ariana Television Network(ATN、登録商標)賞の授賞式が1月21日(月)、インド・デリーにある壮大なKingdom of Dreamsで開催される。人気が高いアフガニスタンのミュージシャンやパフォーマーが世界中から参加する。

ATN賞はその類いのものとしてはアフガニスタンで唯一のショーで、アフガニスタン音楽やパフォーミングアートを評価、表彰し、アフガニスタンの文化遺産を守ることを通じて世界中に住むアフガニスタンの人々の共同体の団結を推進することを支援している。今年はバヤト基金(Bayat Foundation)と協力して、アーティストたちはアフガニスタンの若い女性のための教育の必要性に対する意識を向上させることを後押しする。

アサド・バディ(Asad Badie)氏が司会者としてイベントに復帰、3回目の参加となる。ATN賞は13部門で授与される。最優秀男性アーティスト、最優秀女性アーティスト、最優秀歌曲、最優秀男性新人賞、最優秀女性新人賞、最優秀ガザル賞、最優秀デュエット歌曲賞、最優秀マハリ・アーティスト賞、最優秀歌詞賞、最優秀ビデオ賞、最優秀愛国歌賞、最優秀ソフィエ・タスウフィ歌手賞(アフガニスタンの若者のための新部門)、最優秀ラップソング賞、それに生涯アチーブメントに対する特別賞である。

ATN賞の受賞候補にノミネートされイベントに参加する予定になっている男性歌手は、ファルハド・ダリア(Farhad Darya)、カイス・ウルファト(Qais Ulfat)、バリイ・ベジャジ(Valy Hedjazi)、ラティフ・ナンガルハリ(Latif Nangarhari)、それにジャワド・シャリフ(Jawid Sharif)ら。ノミネートされた才能豊かな女性候補はアリアナ・サイード(Aryana Sayeed)とナグマ(Naghma)ら。ノミネートされ、参加が見込まれているアーティストの完全版リストは以下のウェブサイトリンクで参照できる。

インドからも有名なガザル歌手、パンカジ・ウドハス(Pankaj Udhas)らスターやセレブが参加の予定だ。また1970年代から80年代にインド映画(ボリウッド)で活躍したトップ級女優、ゼーナト・アマン(Zeenat Aman)や320本以上の作品に出演したベテランのボリウッドスター、プレム・チョプラ(Prem Chopra)ら多数が参加の予定だ。

Ariana Television Networkのイーサン・バヤト会長は「ATN賞は過去1年間、最も有名でアフガニスタンの文化的発展に寄与したアフガニスタンのアーティストをたたえる。ノミネートされたアーティストと特別ゲストは、拡大する文化大使でありグローバルなエンタテイナーのグループで、疲れをしらずに活気のある本物の音楽作りにおいてアフガニスタンの価値を高めた。またアフガニスタンや世界中にいるアフガニスタン人が最も鑑賞できる受賞セレモニーになるように支援した」と述べた。

今年の授賞式はバヤト基金(リンク)との共催で行われることになった。向学心のあるアフガニスタンの若い女子生徒・学生がより高い教育を受けられる夢を実現できるように奨学金や教育資材、アフガニスタン全土で教育機関に資金援助を行うのが目的である。

「アフガニスタンの将来が、若い人々の手と心に宿っていることは疑いない。それはこの若い世代だ。一番熱心な音楽ファンであり、今夜のセレブレーションに参加するアーティストの最も情熱的なサポーターであり、わが国を明るい未来と反映する経済、ダイナミックな音楽環境へと導く人々だ。だから私たちが今夜の機会を利用してより多くの若きアフガニスタンの女性が学校に通えるようにする一助としたい」

▽Ariana Radio and Television Networkについて
2005年、イーサン・バヤト氏によって設立されたAriana TelevisionとRadio Ariana FM93.5(ATN)はアフガニスタンで最大の民間メディアチャンネルである。全国34州のうち33州をカバー、視聴可能地域の人口は2000万人以上。ATNはダリ語とパシュトゥー語で欧州、英国、スカンジナビア、中央アジア、中東、南アジア、オーストラリア、北米地域にも衛星放送でグローバルに可視聴範囲を拡大しており、アフガニスタン人、非アフガニスタン人合わせて7000万人が視聴している。情報、コンテンツ、エンターテインメントに焦点を置きながら、ATNの番組は、特に教育、保健、子ども向けや女性、世界問題に重点を置いている。ATNチームは正確で偏見のないニュースを視聴者に提供していることを誇りにしている。

ATNの創業以来の目標は教育の向上で「よりよい明日への窓」となることである。ラジオとテレビの視聴者に世界各国の最高級の国際的な芸術、文化を提供しながら、われわれは地元の作家や製作者、俳優、ディレクターのアフガンコミュニティーへの機会も拡大している。番組はATNのウェブサイトリンクあるいはHotBirdとGlobeCastの衛星放送でアクセスできる。


▽Bayat Foundationについて
米国に本拠を置く501c(3)適用慈善団体であるBayat Foundationは、2005年からアフガニスタンの人々の福利厚生を促進してきた。設立・運営に当たっているのはイーサン・バヤト氏とファテマ・バヤト氏で、アフガニスタンの若者、女性、貧困層、高齢者の生活向上のため、これまで200件以上のプロジェクトに貢献してきた。プロジェクトは貧しい地域における新しい施設の建設や持続可能な社会資本整備、健康促進、教育、経済、文化プログラムが含まれる。慈善事業のほか、イーサン・バヤト氏は2002年にTelephone Systems International, Inc.(TSI)および通信省との合弁でAfghan Wireless(AWCC)を設立。同社はアフガニスタンで最初のGSMワイヤレス通信業者、インターネットサービス・プロバイダーである。その後Ariana Radio and Television Network(ATN)を設立。同社はAriana Radio(FM 93.5)を傘下に置いている。

より詳しい情報は以下のメールアドレスで。
info@bayatfoundation.org

▽問い合わせ先
Montgomery Simus,
m.simus@tsiglobe.com,
+ 1 201 302 0400

ソース:Bayat Foundation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。