logo

「ポイントカード・マーケティング市場要覧」の販売を開始

世界の巨大ポイントを徹底網羅した一冊が登場!ビッグデータを活用したカスタマーロイヤルティプログラムも紹介

株式会社TIプランニング(本社:東京都新宿区、代表取締役:池谷貴)は、世界のマルチポイントプログラムを徹底網羅し、ビッグデータを活用したカスタマーロイヤルティプログラムを紹介した書籍「ポイントカード・マーケティング市場要覧」の発売を開始しました。

日本では、Tポイント・ジャパンの「Tポイント」、ロイヤリティマーケティングが運営する「Ponta」が注目を集めています。Tポイントは全国91社約4万9,000店舗で利用でき、約4,200万人のアクティブユーザーを有しています。一方、Pontaは、56社71ブランドで利用でき、11月30日時点で5,000万人を達成しています。
マルチポイントを活用することにより、消費者が普段の生活の中で数多く利用できるため、カードが財布の中に埋もれることは少なくなります。また、巨大な会員組織から得られるビッグデータを活用したデータ分析が可能になります。今後は、国内のインターネット企業もマルチポイントを積極的に展開すると思われます。
海外でも、「AVIOS」や「AIMIA」、「PAYBACK」、「Fly Buys」、「OKキャシュバック」などのマルチポイントプログラムが存在します。
また、「Aeroplan」(エアーカナダ)や「Club Premier」(エアロメキシコ)、「AAdvantage」(アメリカン航空)、「Asia Miles」(キャセイパシフィック航空)などマルチポイント化を進めている大手航空会社のFFP(フリークエントフライヤーズプログラム)の動きも活発です。
そこで、TIプランニングでは、マルチポイントのカスタマーロイヤルティプログラムを中心に世界のポイントプログラムの動向を取り上げた書籍を発行します。

■出版概要
●著者:ペイメントナビ編集部
●編集・発行:TIプランニング
●発売:2013年1月17日(木)
○ページ数は224ページ
●価格:本体価格90,000円(税込94,500円)→送料は無料となります。

■目次
1章 ポイントカードサービスの最新動向と普及予測
1.共通ポイントの動向と市場規模
2.すそのを広げるマイレージサービス
3.地域に密着した展開やICカードのポイントにも注目
4.進むポイントサービスのクラウド活用
5.スマートフォンの活用によるO2Oが加速
6.決済とポイントの連動も
7.ギフト・プリペイドシステムと連動したポイントも登場
8.クレジットカード会社もポイントを活用
9.ポイントカードサービスの市場規模は?
10.ポイントのマーケティング活用が重要に

2章 国内のポイントプログラムの現状
1.国内でもさまざまなマルチポイントが存在
2.Tポイント
3.Ponta
4.サイモンズ
5.クラブネッツ
6.エクポ
7.ネットマイル
8.Gポイント
9.WAON
10.スマポ
11.ANAマイレージクラブ
12.JALマイレージバンク

3章 Avios
1.マルチポイントプログラムとは
(世界のマルチポイントプログラム)
2.AIR Miles(エアーマイルズ)
3.IAG
4.Avios
5.Aviosのパートナーポイント
6.Aviosのアフィニティクレジットカード
7.Aviosの特典航空券

4章 AIMIA
1.AIMIA
2.Aeroplan(カナダ)
3. Club Premier(メキシコ)
4. NECTAR UK(イギリス)
5. NECTAR ITALIA(イタリア)
6. NECTAR CHILE(チリ)
7. Air Miles(中東)
8. AIMIAの戦略ビジョン

5章 Pay Back
1.PAYBACK
2.PAYBACKカード
3.PAYBACKのポイント特典
4.PAYBACKの“CRM”
5.PAYBACKのモバイルクーポン
6.PAYBACKポーランド
7.PAYBACK インド

6章 Fly Buys
1.Fly Buysオーストラリア
2.Fly Buys NZ(ニュージランド)
3.ニュージランド航空のOne Smartマスターカード

7章 アメリカン航空のAAdvantage
1.アメリカン航空
2.“AAdvantage”
3.“AAdvantage”のエリートプログラム
4.Business ExtrAA
5.アメリカン航空のアフィニティクレジットカード
6.AAギフトカード
7.Admirals Club(アドミラルズクラブ)
8.SWITCHFLY

8章 Asia Miles
1.キャセイパシフィック航空
2.Asia Miles
3.キャセイパシフィック航空のエリートプログラム“ザ・マルコポーロクラブ”
4.Asia Milesのアフィニティクレジットカード
5.香港のマルチポイントプログラム“Money Back”

9章 OKキャッシュバック
1.OKキャッシュバックとSKグループ
2.OKキャッシュバックのポイントプログラム
3.OKキャッシュバックの特典ポイント
4.OKキャッシュバックのポイント特典
5.SKテレコムの“MONETA”とOKキャッシュバック
6.OKキャッシュバックのアフィニティクレジットカード

10章 カスタマーロイヤルティプログラム・オブ・ザ・イヤー
1.The Flyer Talk Awards 2012
2.The Loyalty Awards 2012
3.The 2012 Freddie Awards
4.The 2012 COLLOQUY Loyalty Awards

<おわりに>
・マルチポイントプログラムは25年前に登場
・NectarやAeroplanなど2番手のプログラムが一番手を凌駕
・マルチポイントは決済カードとの相性が良い
・航空会社のFFPは巨大なマルチポイントプログラムへ
・パートナーのカスタマーロイヤルティが重要に

このプレスリリースの付帯情報

「ポイントカード・マーケティング市場要覧」表紙イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。