logo

ソフトブレーンの営業支援システム『 eセールスマネージャーRemix Cloud 』とリンクのクラウド型テレフォニーサービス『 BIZTEL 』が連係

スマートデバイス活用にも実績ある日本企業向けサービスの連携で、CTIソリューションの普及を促進

株式会社リンク( 本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田 元治 )のクラウド型テレフォニーサービス「 BIZTEL (ビズテル) 」と、ソフトブレーン株式会社( 本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田 浩文 )のクラウド型 SFA( 営業支援 )システム「 eセールスマネージャーRemix Cloud 」の機能連係が本日より可能になりました。

近年、内勤の営業スタッフが過去の見込み客に対して電話で再度の営業活動を行う『 インサイドセールス 』が注目されており、顧客データと対応履歴の紐付けや、アウトバウンドコール時の発信連係( Click-to-Call )など、電話と SFA の連係によって営業品質の向上や業務効率の改善が行える『 CTIソリューション 』は今後さらなるニーズの拡大が期待されています。しかし、従来の CTI は電話・SFA とも高額なオンプレミス( 据置 )型が主流でした。加えて、営業部門での CTI ソリューションは機能性や使い勝手などが要求されるため、導入しても定着しにくい点が課題とされていました。

ともにクラウド型で提供される BIZTEL とeセールスマネージャーRemix Cloudの連係により、企業はCTIソリューションの導入・運用コストを大幅に抑え、手軽に導入できるようになります。また、両サービスともに日本企業の業務的な特長を押さえた使いやすさと、導入後のきめ細かいサポートによる高い継続利用率が大きな特長です。BIZTEL は 500社以上、eセールスマネージャーRemix Cloudはオンプレミス型も含めたサービス全体で 1,700社以上という国内導入実績を誇る国産サービスのため、日本企業の営業現場における CTIソリューションの普及と定着に貢献できると考えています。

本ソリューションはスマートデバイスへの対応も行えます。BIZTEL はスマートフォンの内線化に対応しており、eセールスマネージャーRemix Cloud もさまざまなスマートデバイスが利用できるため、内勤のスタッフと外出中の営業が常に同じ情報を共有し、社内にいるのと変わらないフットワークで業務が行える、先進的なワークスタイルが実現します。加えて、顧客情報の着信ポップアップなどのインバウンドコール向け機能も充実しているため、製品のサポート部門まで活用の範囲を広げれば、営業・販売から顧客サポートまで一貫した CRM( 顧客関係管理 )ソリューションをワンストップで構築することも可能です。

両社は今回の連携を機に、より多くの企業がクラウド型 CTI ソリューションの導入・活用を進められるよう、新たなサービスの開発と普及・啓蒙に努めてまいります。

【BIZTEL(ビズテル)について】
BIZTEL は、クラウドテレフォニーサービス※のパイオニアとして、企業向け電話サービスを幅広く展開しています。最短5営業日でコールセンターが構築できる「 BIZTEL コールセンター 」や、iPhoneをはじめとしたスマートフォンの内線化が手軽に行える「 BIZTEL モバイル 」など、クラウドの強みを最大限に活かしたサービスラインナップが特長です。今後も先進性と柔軟性を兼ね備えたサービスを順次提供予定です。サービスの詳細は、リンク をご覧ください。

【株式会社リンクについて】
株式会社リンクは、業界最大級の稼動台数を持つ専用ホスティングを軸として、クラウド型ホスティング・コロケーション・携帯向け CMS・クラウドテレフォニーサービスなど、さまざまなインターネット関連サービスを提供しています。将来的な継続雇用に備え、2010年からは、山地(やまち)酪農場「中洞牧場」の運営と乳製品の製造・販売に取り組んでいます。事業内容の詳細は、リンク をご覧ください。


【eセールスマネージャーRemix Cloudについて】
ソフトブレーン株式会社のeセールスマネージャーRemix Cloudは、日本企業の営業の特長を押さえ、外資系ベンダーにはない馴染みやすさ、使いやすさ、汎用性を備え、様々な業種・業態・規模のお客様にご利用いただいている純国産のSFA/CRMです。各種スマートデバイスに対応し、外出先や空き時間も有効活用できるシステムです。詳細は、リンク をご覧下さい。


※:クラウド型で提供する企業向け電話システム。IPテレフォニー(IP電話サービス)にはオンプレミス(主装置)型とクラウド型の2種類があるため、オンプレミス型サービスと区別する目的で「クラウドテレフォニー」と記載しています。


【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社リンク (担当:倉持)
〒107-0052
東京都港区赤坂7丁目3番37号
カナダ大使館ビル1階
TEL:03-4590-6699 / FAX:03-6867-0216
Eメール:pr@biztel.jp

株式会社リアライズ(株式会社リンク広報担当/担当:若杉・中村)
〒105-0013
東京都港区浜松町1-27-12
秀和浜松町交差点ビル6階
TEL: 03-3434-3377 / FAX: 03-3434-3439
Eメール:nakamura@real-ize.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。