logo

『バレンタイン事情 2013』 調査発表

江崎グリコ株式会社 2013年01月17日 07時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年1月

江崎グリコ株式会社

全国の女性600人に聞く 「バレンタイン事情2013」調査

友達・家族と楽しむ「チョコレートパーティー」が人気
~アレンジチョコでつながる“チョコミュニケーション”が活発に~

全国の女子中・高・大学生・20代OL400人と30・40代の母親200人に聞く
「バレンタイン事情2013」調査

◆バレンタインは告白の日から「チョコを媒介にしたコミュニケーションの日」へと進化。

・バレンタインでチョコをあげる人 1位「女友達」(68.5%) 2位「父親」(44.3%) 3位「彼氏」(38.0%)。
・バレンタインは、「恋人を作る日」(10.5%)から「感謝の気持ちを伝える日」(41.3%)へ。
・バレンタインに男女を問わずチョコを媒介に交流する“チョコミュニケーション”に7割が賛同。



◆「おうちでチョコレートパーティー」が新しいバレンタインスタイルになる?!

・4人に1人(23.0%)はバレンタインをきっかけに、自宅でチョコレートパーティを開催。
・女子大生は3人に1人(36.0%)がチョコレートパーティー経験者で、2人に1人(58.0%)は今後やってみたいと積極的



◆友チョコはすっかり定着。バレンタインはチョコ・フェス!!

・「友チョコ」は、あげる・もらうだけでなく、贈り合うもの。11.1人に友チョコをあげて、9.8人からもらう予定。
・友チョコは小学生の頃に始まり、中学生で本格化。
・中学生はお小遣いが赤字(おこづかい2,268.5円<バレンタイン出費2,724.8円)になっても、バレンタインはきちんと実施。
・実は、「お正月」(13.0%)より「バレンタイン」(32.0%)の方が大事な中学生。



◆家族で楽しむバレンタイン。ファミチョコのススメ。

・家族間でチョコを贈り合う「ファミチョコ」(実施意向率87.0%)が人気。ママたちの95.0%が夫にチョコを贈る。



◆贈るチョコは、今年もやっぱり「デコチョコ」が主流。

・ファミチョコも友チョコも、市販のチョコをアレンジしたデコチョコが人気。中学生(72.0%)も高校生(71.0%)も、デコチョコ。


リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。