logo

◎Entry、Juniperクライアント向けにWindows 8互換性を追加  NCP engineering

NCP engineering GmbH 2013年01月16日 10時20分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Entry、Juniperクライアント向けにWindows 8互換性を追加  NCP engineering

AsiaNet 51808
共同JBN 0028 (2013.1.16)

【ニュルンベルク(ドイツ)2013年1月16日PRN=共同JBN】NCP engineeringは16日、同社のIPsec VPNクライアント・ソフトウエアであるEntry(リンク)およびJuniper(リンク)の両エディションの最新バージョンが入手できると発表した。NCP Secure ClientはWindows 8(32ビット/64ビット)を完全サポートし、エンドユーザーが自社ネットワークに接続する際にデバイスとオペレーティング・システム(OS)選択の柔軟性が大幅に増すことになる。NCPの使い勝手が良い強力なVPNソフトウエアを採用することによって、企業はWindows XP/Vista/7からマイクロソフトの最新オペレーティング・システムにアップグレードする際に自社のリモートアクセスへの投下資本を最大限に生かすことができる。

さらに、バージョン9.31には新たなアクセスポイントネーム(APN)の管理機能が含まれており、エンドユーザーはインターネット・アクセスするためにモバイル・アクセスポイントを設定する必要がない。これまでは、ユーザーがデバイス上のさまざまなモバイル・ネットワーク・オペレーターのSIMカードを切り替えるには、これらのAPN設定をマニュアルで変更する必要があった。今後は、NCPのIPsec VPNソフトウエアがドライバーに検索を自動的に指示し、SIMカードのNetIDを通じてAPNを設定する。

▽主な機能
 *IPsec VPNクライアント・ソフトウエアは、エンドユーザーが簡単に理解しコントロールできる直感的なグラフィック・ユーザーインターフェースを備えている。NCPのソリューションはまた、ファイアウオール設定、デバイスの互換性、接続のためのネゴシエーション、ポリシー要件などを気にすることなく、シングルクリックで企業ネットワークに安全かつセキュアに接続することを可能にする。

 *NCP Secure Clientは、すべてのネットワーク接続におけるダイナミック・パーソナル・ファイアウオール、インタネット・ダイヤラー/コネクター、シームレスなローミングに加え、公開鍵基盤(PKI)を通じたモバイル・コネクトカード、ワンタイム・パスワード・トークン、認証サポートのサポートがバンドルされている。

報道関係の問い合わせは以下まで。
NCP engineering GmbH
Juergen Hoenig
+49-911-9968151
juergen.hoenig@ncp-e.com
リンク

ソース:NCP engineering GmbH

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。