logo

◎DryWired社がCESで特許保護ナノコーティング技術公開

DryWired 2013年01月11日 12時05分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎DryWired社がCESで特許保護ナノコーティング技術公開

AsiaNet 51807
共同JBN 0027 (2013.1.11)

【ロサンゼルス2013年1月10日PRN=共同JBN】ロサンゼルスにある技術会社で欧州の革新的な保護塗装技術の有力ライセンシーであるDryWired社は今週、米ネバダ州ラスベガスで開かれている2013年国際家電ショー(CES)で特許保護ナノコーティング技術を発表した。同社の革新的なナノコーティングは非毒性、不可視、手触りもなく、事実上あらゆる塗装面に耐水性、防食性、バクテリアの成長抑制を施すことができる。

(Photo: リンク

DryWiredのナノコーティング技術は、欧州のライセンサーに20年間にわたって発行される9種の国際特許で支えられている。受賞歴のあるこの保護ナノコーティングは、あらゆる種類の組み立て機器と電子部品の上で16年間かけて開発、精査され、テストに成功した。水とオイルをはじくコーティングは、人間の毛髪より約1600倍も薄い層を溶着する環境に優しい真空プラズマ処理を通じて適用される。同社の一連の個別処理装置はさまざまなサイズで提供され、小規模の携帯電話小売業者から大手電子機器メーカーまですべてに利用できるよう設計されている。DryWiredの保護ナノコーティングは、家庭用電子機器の製造過程のどの時点でも提供でき、回路基板の機能を妨害しない。

DryWiredのフェリペ・ピミエント最高執行責任者(COO)は「DryWiredは一つの単純なアイデアを念頭に創設された。それは、極めて重要なものになっている電子機器を保護することによって、人々の生活を向上させることである」と語った。同COOはさらに「われわれはCESでDryWiredを発表することにわくわくしており、DryWired Coating Centerを通じて、国際市場にこの素晴らしい実証試験済みの技術を普及させたいと思っている。当センターが携帯用電子機器流通業者、メーカー、小売業者に対して在庫の一部にナノコーティングする機会を与えることになれば、彼らは顧客にとってより頼りになる製品を提供することができる」と語った。

DryWiredの保護ナノコーティング技術は、中南米、中東、アフリカ、インド、ロシアを含めて、世界の50カ国余りにライセンス供与されている。DryWiredはライセンス供与している域内の携帯用電子機器小売業、流通業、技術メーカーとの戦略的提携関係を進めることに注力している。

詳しい情報は以下を参照。
リンク
電子メール:info@drywired.com

CES 2013の訪問者は、ラスベガスコンベンションセンター(LVCC)でSouth Hall 2にあるDryWired展示ブース#25733を訪れてほしい。

▽報道関係者問い合わせ先
DryWired
Alexis Wallsh
alexis@drywired.com
310-684-3891

ソース:DryWired

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事