logo

腎臓病に関するニュースまとめ。2012年に報道された283本は、iPS細胞など最新治療関連が上位を占める。

NPO法人 腎臓サポート協会 2013年01月11日 11時23分
From Digital PR Platform


 昨年2012年は腎臓病についてどのような話題があり、どのように報道されていたのでしょうか。NPO法人 腎臓サポート協会が運営する『腎臓病なんでもサイト』(リンク)では、編集部独自の集計により、ニュースの傾向を調べてみました。2012年の1年間で腎臓病関連のニュースは全283件。どんな情報が多かったのか、ランキング形式で発表いたします。

――――――――――――――――――――――――――――
2012年報道の腎臓病関連ニュース
――――――――――――――――――――――――――――
■第1位  腎臓病の最新治療 (34件)
毎年、新薬や新研究の話題で一定の報道がされる「最新治療」ですが、2012年はなんといっても、下半期の話題をさらったノーベル医学・生理学賞の京都大学山中教授とiPS細胞関連です。この話題の中で、再生医療で臓器が再生されることによって腎臓病や糖尿病といった、現在完治しないとされている病気を治す期待があることが報道され、2012年一番の盛り上がりをみせました。

■第2位  腎移植(33件)
2012年も腎移植は定期的に話題になっていました。その話題の中心は2つ。1つは、改正臓器移植法による本人意思不明・家族承諾の腎移植です。いまだ社会性が高い話題で、そうした移植例がでるたびに報道されやすい状況です。もう1つは病気腎です。必ずしも評価の定まっていない治療ゆえに、話題性も高いようです。
「病気腎移植」についてはこちら
リンク

■第3位  腎臓病の疾患啓発(29件)
腎臓・透析の専門医が世界腎臓デーや各地での市民公開講座に精力的に取り組んでいることもあり、一般の方に「腎臓病とは何か」を伝える報道は増えてきています。また、2012年は大手新聞のニュースサイトやポータルサイトの健康相談コーナーで腎臓病について、よくとりあげられたようです。

■第4位  患者さんについての記事(23件)
腎臓病報道で1ヶ月に1回以上程度あるのが、特定の腎臓病患者さんにフォーカスした記事です。芸能人や海外セレブの関係者は話題になりやすく、2012年はマライア・キャリーの旦那さんが腎臓に不調を抱え闘病されている記事がありました。一般の方でも、透析患者さんで大変なご苦労をされている方の体験談を紹介する報道も見られます。

■第5位 腎臓病と関連疾患
腎臓病そのものではなく、糖尿病・高血圧から通風・歯周病まで、腎臓と関連している病気の解説記事が色々な形で取り上げられました。

 2012年は、意外なことに震災と腎臓病を関連させたニュースが極端に減りました。今年はどのようなニュースがあるでしょうか。腎臓病患者さんにとって良いニュースが並ぶことを期待したいですね。

――――――――――――――――――――――――――――
「腎臓病ニュースピックアップ」2012年人気記事ランキング
――――――――――――――――――――――――――――
『腎臓病なんでもサイト』の人気コンテンツ「腎臓病ニュースピックアップ」の記事で2012年によく読まれていたものも、ベスト3を公表します。それぞれの記事へのアクセス数から、人気の記事ランキングを調べてみました。

第1位 「CKD診療ガイドが改訂されました」(2012年6月のニュース)
診療ガイドの改訂ということで、一際おおきな反響をよびました。この記事へのアクセスは、他を大きく引き離しています。
リンク

第2位 「透析患者の多い地方は?調べてみました」(2012年1月のニュース)
独自の集計に興味をもっていただき、反響をよんだようです。
リンク

第3位 「微量アルブミン検査」(2012年5月のニュース)
糖尿病を持つ方にとって、非常に重要な検査について解説した記事へ多くのアクセスがありました。
リンク

2013年も『腎臓病なんでもサイト』では腎臓病患者のみなさまのお役に立てるような情報をお伝えしていきます。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。