logo

ISID、インドネシアに拠点設立、タイの事業再開

ASEAN 地域の事業拡大に向け、シンガポールを中核に拠点網を拡充

Tokyo, Jan 11, 2013 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、資本金:81 億8,050 万円、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、ASEAN 地域においてさらなる事業拡大を図るため、インドネシアに営業拠点として現地法人(以下ISID インドネシア)を設立するとともに、タイ現地法人(以下ISID タイ)の事業を再開いたします。両現地法人は、ともにシンガポール現地法人(以下ISID シンガポール)の子会社となり、ISID シンガポールは自社を含め3 社の事業を統括する中核会社となります。ISIDインドネシアおよびISID タイの営業開始は、2013 年4 月を予定しています。

■設立の目的■

ISID は、1980 年代より欧州、米国、ASEAN、中国に海外拠点を設立し、主に日系の金融機関や製造業に対する基幹業務システムの開発ならびに導入ビジネス等を展開してまいりました。昨今、企業の海外進出はさらに増加の一途を辿っています。製造業では販売・生産拠点としてだけでなく設計・開発拠点の海外展開が進み、また流通・小売業など、これまで内需型と言われてきた企業も新たな消費市場を求めて中国・アジアへの進出を加速させています。これに伴い、現地におけるビジネス課題も複雑化しており、その解決のためのIT ソリューションへのニーズが拡大しています。

このような中、ISID は2013 年度を計画最終年度とする中期経営計画「ISID Open Innovation 2013」の重要戦略の一つにグローバルビジネスの強化・拡大を掲げ、特に中国・ASEAN 地域を重点地域として事業強化に取り組んでおります。このたびのASEAN 拠点網拡充により、同地域への進出が続く日系の自動車メーカー、部品メーカー、電機・精密メーカーや金型メーカーなどを対象とした製品設計・開発支援ソリューションの現地での販売・導入・サポート体制を強化してまいります。加えて、電通および電通グループの各国拠点とも連携し、主に流通・小売業界を対象にマーケティング・CRM 領域等での顧客開拓を図っていく予定です。さらに、日系金融機関のASEAN 展開を支えるソリューションや、会計・人事などの基幹業務系ソリューションの提供も計画しています。

ISID は、今後も日系企業の海外事業拡大を支援し、さらには現地企業のニーズにも応える、価値あるソリューションやサービスの創出に取り組み、お客様や社会の課題解決に貢献してまいります。

■ISID インドネシアの概要■

(1)名称: PT. ISID South East Asia (Indonesia) (予定)
(2)所在地: ジャカルタ市内
(3)営業開始: 2013 年4 月(予定)

■ISID タイの概要■

(1)名称: ISID South East Asia (Thailand) Co., Ltd
(2)所在地: バンコク市内
(3)営業開始: 2013 年4 月(予定)

<ご参考情報>

<電通国際情報サービス(ISID) 会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: リンク
設立: 1975 年
資本金: 81 億8,050 万円
連結従業員: 2,228 人(2012 年3 月31 日現在)
連結売上額: 638 億6,900 万円(2012 年3 月期)
事業内容: 1975 年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovator をビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営/連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

【リリースに関するお問い合わせ】
株式会社電通国際情報サービス
経営企画室 広報担当 李、清水
TEL: 03-6713-6100
e-mail: g-pr@isid.co.jp

概要:株式会社電通国際情報サービス

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。