logo

『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート 1日20万件ひとり言が投稿される「きいてよ!ミルチョ」

株式会社リクルートキャリア 2013年01月11日 10時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』(リンク)は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
リンク

――――――――――――――――――――
■FacebookでもTwitterでもない、新しいSNSコミュニティの可能性
1日20万件ひとり言が投稿される「きいてよ!ミルチョ」
――――――――――――――――――――
サイバーエージェントAmebaからまた新しいサービスが生まれました。不思議なキャラを相手に“どうでもいいひとりごと”をつぶやく「きいてよ!ミルチョ」。会員40万人を超えるヒットを支える福岡在住のエンジニアたちに 『Tech総研』編集部は直撃インタビューしました。

サイバーエージェントがスマートフォンプラットフォーム「Ameba」においてリリースした「きいてよ!ミルチョ」は従来のSNSでは言えなかったどうでもいいひとりごとを、ゆるキャラの「ミルチョ」に対して気軽につぶやくことのできる新感覚のコミュニティサービスです。日々の仕事の息抜きに書き込む人が多く、「ああ、今日の仕事がやっと終わった」とつぶやけば、ミルチョが「お疲れさま」と対応してくれます。他ユーザーから「きいたよ!」という挨拶も寄せられると、一人でつぶやいているのに、なぜか癒され、明日への活力が湧いてきます。

サービスを企画したのは、「アメーバピグ」の立ち上げにもかかわった山崎ひとみさん。「『お腹減った』とか『寒い』とかFacebookで投稿することははばかられる、でもTwitterに投稿して誰からも見られずに流れてしまうのも悲しい、くだらないけど誰かに聞いてほしいひとことを投稿できる唯一のサービスです」と、そのコンセプトを語ります。

また、本サービスはキャラクターの存在感を出し、表情豊かに演出するために、動きは基本的にHTML5、CSS3、JavaScriptで実装されています。しかし、このリッチなインターフェイスを実装した開発の舞台裏ではさまざまな苦労がありました。例えば、この開発を担当した奈良一樹氏は、HTML5、CSS3、JavaScriptでWebアプリを書いた経験はほぼ初めてだったといいます。「プロジェクトの開発スタートが2012年5月のこと。それから急いでJavaScriptの専門書に挑戦し、社内の詳しい人に聞き、社内のリポジトリに蓄えられている他のプロジェクトのソースを読み、大急ぎで知識を積み上げていきました。デザイナーの要求をどうやって実装するか。最も困ったのは、同じHTML5/CSS3といっても、クライアント側のiPhoneとAndroidでは挙動が微妙に違うこと。あるライブラリを使うと、Androidでは動作が速くなるけれども、iPhoneでは逆に遅くなるということもあって悩みましたが、いろいろな場面で社内メンバーの温かいサポートもあり、無事リリースにこぎつけました」


本レポートでは、「RESTful Webサービス」を活用したWebサービス設計や、実装を支援するフレームワークとして「Google Guice」と「Jersey」などのオープンソースを使用した経緯などについても詳しくレポートしています。


▼詳細は下記URLにてご覧ください。
リンク

▼関連記事はこちら
サイバーエージェントがスマホサービス開発OSSを公開
リンク

Amebaの新スマホブログ「Simplog」開発秘話
リンク

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
リンク

▼『Tech総研』Twitterアカウント
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――
エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。