logo

新たな映像世界を切り拓くニッコールレンズの魅力 vol.3 「初めてのFXフォーマットで、今までと違う写真を手に入れる。」

株式会社ニコンイメージングジャパン 2012年12月26日 15時23分
From Digital PR Platform


株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、同社のWebサイト上にてNIKKORレンズのスペシャルコンテンツ「新たな映像世界を切り拓くニッコールレンズの魅力 vol.3 初めてのFXフォーマットで、今までと違う写真を手に入れる。」を本日公開しました。また、NIKKORレンズの元となるガラス材料の製造過程の様子を「D800」で撮影したスペシャルムービー「NIKKOR Special Movie Optical Glass」も同サイトおよび動画共有サイトで公開しています。


新たな映像世界を切り拓くニッコールレンズの魅力 vol.3
初めてのFXフォーマットで、今までと違う写真を手に入れる。
URL: リンク


「NIKKOR Special Movie Optical Glass」
URL: リンク


同コンテンツは、NIKKORレンズの魅力を伝えることを目的に立ち上げたもので、レンズの性能やその作例、具体的な活用例を訴求することで、レンズを変えることによる様々な表現の楽しさを提案します。今回のテーマはFXフォーマットで、高画素デジタル一眼レフカメラ「D4」「D800/D800E」「D600」の性能を最大限引き出すNIKKORレンズを紹介しています。


●主なコンテンツ
・シーンで選ぶ、おすすめNIKKORレンズ
ポートレート、風景写真、高感度撮影、マクロ撮影、高速連続撮影といった撮影したいシーン別に最適なレンズと、その作例として京都で撮影した写真と、動画撮影機能「Dムービー」による動画を掲載

・FXフォーマットならではの豊かな表現力 フォトギャラリー
「D800」「D600」によるフォトギャラリー。各作品には使用したカメラ機材とNIKKORレンズ、撮影の設定など詳細情報を掲載

・特徴を理解して使いこなせば、表現の幅が広がります FXフォーマットとDXフォーマット
ニコンのFXフォーマットとDXフォーマットの違いと特長を解説

・FXフォーマットの実力を引き出す 撮影テクニック
プロフェッショナルや上級レベルのカメラマンの撮影現場をもとに、参考になる撮影テクニックを紹介

・映像制作の新たな可能性を開く Dムービーの特長
動画撮影機能「Dムービー」について、実際に撮影した作例6点を通じて、そのクオリティの高さや特長を解説

・NIKKORレンズをより深く知りたい
開発・設計から製品化に至るまで独自の高水準規格の管理、製造、検査を経て完成するNIKKORレンズを通じて、ニコンの緻密なモノづくりの姿勢を訴求することを目的に制作した「NIKKOR Special Movie Optical Glass」を追加(動画共有サイトでも閲覧可能)。2012年11月初旬に累計生産本数が7,500万本を達成したNIKKORレンズの歴史や功績、開発・製造スタッフのインタビュー、撮影用語解説も掲載

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事