logo

第229回新宿セミナー@Kinokuniya

株式会社紀伊國屋書店 2012年12月25日 16時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2012年12月25日

株式会社 紀伊國屋書店

第229回新宿セミナー@Kinokuniya 『我、涙してうずくまり』刊行記念 丸山健二 講演会「文学の新しい鉱脈」

23歳でのデビュー以来、他を圧倒する文章力と無際限の想像力を駆使して文学の新しい地平を切り開きつづける、最も刺戟に富む小説家、丸山健二氏。趣味で始めた作庭は美をめぐるエッセイや写真に結実し、その文学にいっそうの広がりと輝きを加え、さらに3.11後のルポなどを通じての発言は今日の日本の状況に鋭く切りこんでいます。今回は、最新刊の純文学特別書き下ろし作品『我、涙してうずくまり』(岩波書店創業百年記念文芸)の刊行を記念して、丸山文学の軌跡と核心、また文学の未知なる可能性について、存分に語り下ろしていただきます。
講演後にはサイン会を開催します。

■出演者プロフィール
丸山健二 (まるやま けんじ)
1943年生まれ。1966年に「夏の流れ」で文學界新人賞、芥川賞を受賞する。 68年に郷里の長野県に移住後、文壇とは一線を画した独自の創作活動を続ける。近年の主な著作に、『百と八つの流れ星』(上下、岩波書店、 2009年)、 『深海魚雨太郎の呼び声』(上下、文藝春秋、 2012年)、『眠れ、悪しき子よ』(上下、文藝春秋、2011年)、 『ブナの実はそれでも虹を夢見る』(求龍堂、2012年)、 『さもなければ夕焼けがこんなに美しいはずはない』(求龍堂、2011年)、 『あなたの若さを殺す敵』(朝日新聞出版、2010)、 『草情花伝』(駿河台出版社、2011年)などがある。

日  時|2013年1月29日(火)19:00開演(18:30開場)
会  場|新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4階)
料  金|1,500円(全席指定・税込)
前売取扱|キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5階10:00~18:30)
電話予約|紀伊國屋ホール 03-3354-0141(受付時間10:00~18:30)
               ※10歳未満のお子様はご入場いただけません。
主  催|紀伊國屋書店
共  催|岩波書店



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事