logo

男性をメインターゲットとする“花を置かない花屋” 花を通じて顧客の「思いを結ぶ」独自のサービス

株式会社ポジティブドリームパーソンズ 2012年12月25日 14時29分
From Digital PR Platform


ポジティブドリームパーソンズのフラワー事業「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター」は、「男性がメインターゲット」や「店内には生花を置かない」など、一般的な生花店とは大きく異なるスタイルで国内7店舗・海外1店舗を展開しています。2012年11月には、生花業界では珍しい仕入れ価格の固定化にも成功し、より安定的で高品質なサービス提供体制を整えました。感動創出企業レター第6号目となる今回は、当社フラワー事業について、ゼネラルマネージャーの土屋愛実が紹介します。


◆業界唯一、男性がメインターゲットの“花屋”
サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター(以下、SJF)にいわゆる「お花屋さん」をイメージして来店すると、少し違和感があるかもしれません。

その理由は、男性をメインターゲットとしたサービス作りにあります。まず、店舗は徹底して男性が利用しやすい工夫をしています。内装は黒をベースカラーとして、デザインには丸みよりも「線」を多用し、一見するとバーやカフェのようなシックな雰囲気にしています。店内に生花を置かない受注生産制であるため、「花がいっぱいのお店に入るのは恥ずかしい」という男性でも、臆することなく入店できます。

次に、商品は花束ではなく「ボックス型」としています。花束を持ち歩くことに抵抗のある男性でも気軽に持ち運ぶことができるための配慮です。男性をターゲットとしているのは、日本ではまだまだ「花を贈る文化」が根付いていないと感じているため。当然、難しいチャレンジとなりますが、それだけやりがいを感じています。
SJFは、ホテル・レストラン・ウェディング・バンケット・フラワー・コンサルティングの6事業を手掛けるポジティブドリームパーソンズの1事業です。小売以外にもウェディング装花も手掛けていて結婚記念日にはSJFのフラワーを贈ってもらうなど、事業間シナジーも生まれています。


◆ 「仕入れ価格固定化」による安定的かつ高品質なサービス
SJFの価値は「お花を売る」ことではなく、お花を通じて「お客様の思いを結ぶ」サービスにあると考えています。しっかりと「思い」を理解しサービスを提供するため、フラワーボックスは3日以上前に予約をしてもらい、完全受注生産で制作しています。注文を受ける際のヒアリングでは、単に「好きな花」や「色」を聞くのではなく、「なぜ花をあげようと思ったのか」「どのような気持ちを伝えたいのか」「相手とはどのような関係なのか」など、感動提供に必要な情報を聞き出します。

その上で、SJFのフラワーデコレーターが花の色やデザインを造花で提案し、納得した場合に限り購入となります。現在は国内7店舗(恵比寿本店、品川店、神戸店、広島店、福岡大名店、福岡ファクトリー店、長崎店)の展開ですが、WEBサイトからの販売も行っています。

2012年11月からは、生花業界では珍しい「仕入れ価格の固定化」を実現しました。生花は、季節や気候による価格変動が少なくありませんが、SJFの実績により仲卸企業とのパートナー契約を締結しました。固定化にはリスクも伴いますが、ユーザーに対しては安定的かつ高品質な花材提供が可能となります。


◆「ポーターサービス」と感動の技術化
「商品は『お花』ではなく『感動』」つまり、その理念を表す最も象徴的なサービスが、「ポーターサービス」です。

ポーターサービスとは、レストラン、ホテル、自宅などの希望の場所に、スーツ姿のフラワーデコレーターがフラワーボックスを届けるサービスです。通常の宅配とは異なり、専門スタッフであるフラワーデコレーターが直接届ける点が特徴です。

ポーターサービスは、当社独自のサービスメソッド「感動の技術化※1」により設計されています。感動の技術化は、「偶然」の要素が強い感動をいかに「必然的」に引き起こすかを追求したメソッドで、花を贈る人も贈られる人も、「いつ」「どのように」贈られるとより深い感動を覚えるのかについて分析し、ルール化しています。例えば、フラワーデコレーターが花を渡す際の「声かけ」や「姿勢」、さらには渡した後の報告メールの内容などのルールを作り、細かな「技術」を駆使したサービスを提供しています。

※1 感動の技術化とは
ポジティブドリームパーソンズの培った経験やノウハウに、感動に関する学術理論を組み合わせ独自に体系化したサービスメソッド。2012年9月からは金沢工業大学 感動デザイン工学研究所との産学連携研究による感動サービスの開発に取り組んでいる。


◆花を贈ることで「日常を特別に」
2012年10月には、新展開として企業向けサービス「カスタムメイドサービス」を開始しました。このサービスは、企業が他社の出店や周年などの記念を祝って送る“お祝い花”を、より効率的かつ意義のあるものに変える目的で販売しています。

通常、お祝い花はいくつかの定番の型から選ばれるものですが、SJFではお祝い花も企業アイデンティティを表現する手段と捉え、企業の概要やブランドカラー、目指す方向性等のヒアリングを経て、オリジナルデザインのお祝い花を作成します。また、一度作成したデザインはカルテとして保存するので、次からは簡単なカスタマイズだけで、効率的にお祝い花を届けることが可能です。 

SJFは、ポジティブドリームパーソンズ事業の中でも先駆けて海外展開を進めていて、2011年9月より韓国・ソウルに出店しています。今後、全事業の海外進出を目指す中で、当社の持つ感動提供ノウハウがどこまで通じ、何をローカライズする必要があるのか、全社の先陣となって挑戦を行っています。

ポジティブドリームパーソンズのサービス提供理念は、「すべての人に感動を」。各事業の中で、SJFはより日常的な感動を提供する役割だと考えています。日本では、誕生日や記念日など「特別な日」に花を贈ることが多いですが、花は贈ることで「日常を特別に」できる素敵なギフト。普段あまりお花を贈る習慣のない男性にも、ぜひ一度試してほしいです。



【株式会社ポジティブドリームパーソンズ 会社概要】
1997年7月、有限会社ポジティブとして創業。2001年10月、株式会社ポジティブドリームパーソンズへ商号変更。代表取締役社長 杉元崇将。「感動で満ちあふれる日本を創ってゆく。」を企業ビジョンとし、ホテル・レストラン・ウェディング・バンケット・フラワー・コンサルティングの6つの事業を展開。本社を東京恵比寿に置き、東京都、神奈川県、兵庫県、広島県、福岡県、長崎県に施設を持つ。2011年には海外進出第一号として、韓国にフラワーショップを出店。2012年11月現在、従業員数は450名。


<お問い合わせ先> 
株式会社ポジティブドリームパーソンズ 担当:金井
TEL/ 03-5720-7880 FAX/ 03-5704-8674

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。