logo

ホテル椿山荘東京 年越しカウントダウン&開業セレモニーを開催

藤田観光株式会社 2012年12月21日 18時49分
From Digital PR Platform


藤田観光株式会社(本社:東京、代表取締役社長:末澤 和政)は、2013 年1 月1 日(火)に誕生するホテル椿山荘東京にて、 12 月31 日(月)に「開業&年越しカウントダウン」を、1 月1 日(火)に「ホテル椿山荘東京誕生セレモニー」を開催いたします。
椿山荘とフォーシーズンズホテル椿山荘 東京は、2013 年1 月1 日(火)に、「ホテル椿山荘東京」へと生まれ変わります。「除夜の鐘」や「ジャズ演奏」、「カウントダウン」など様々なイベントを開催し、新年とともに新たな歴史の1ページを開くホテルの門出を、近隣の皆様やご宿泊お客様と一緒にお迎えいたします。
「除夜の鐘」は、椿山荘開業の翌年、1953 年に富山県豊岡市の鐘作り名人、老子次右衛門(のちに無形文化財により戦後はじめて鋳造されたといわれる梵鐘を用います。
戦後、平和への願いを込めて釣り下げられた鐘は、緑の森の中に殷々と響くその音色が「Oh!Wonderful Tokyo!」という題名で当時の英字新聞に紹介されるなど、多くの皆様にご愛顧いただいてまいりました。
しかし、平成2 年にフォーシーズンズホテル椿山荘 東京の建設に伴い鐘楼を解体して以降は使用しておらず、今回はホテル椿山荘東京誕生を祝うために、約22 年の歳月を経て一夜限りの復活をいたします。除夜の鐘は、お集まりいただいた地域住民の皆様とホテルをご利用のお客様に107 回撞いていただき、新旧総支配人3 名が新ホテルの成功を祈り108 回目を撞きます。
日付が変わる瞬間は皆様とご一緒にカウントダウンと盛大な乾杯で迎え、玄関看板の除幕、新ユニホームの披露、新総支配人からのご挨拶と新ホテルのご紹介など、「ホテル椿山荘東京誕生セレモニー」を実施いたします。
今後も「世界をもてなす、日本がある。」をコンセプトに、都心では希少な、さながら“森”のような約二万坪の庭園と、世界に誇る日本の文化・芸術・歴史とおもてなしの心を活かし、訪れる皆様に“上質な時間”をご提供してまいります。

◆ホテル椿山荘東京 「開業&年越しカウントダウン」・「ホテル椿山荘東京誕生セレモニー」
【2012 年12 月31 日】
22:00~除夜の鐘撞き
23:59~カウントダウン (10 秒前から唱和)
【2013 年1 日1 日】
0:00~ホテル椿山荘東京誕生セレモニー
~1:00 庭園内「白玉稲荷」、「円通閣(三重塔) 聖観世音菩薩」自由参拝

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事