logo

◎業界初、電力・環境管理用Wi-Fiソリューションを発表

ラリタン・ジャパン株式会社 2012年12月20日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎業界初、電力・環境管理用Wi-Fiソリューションを発表

AsiaNet 51697

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。


報道発表資料

2012年12月20日
ラリタン・ジャパン株式会社


設置・導入が簡単、コストも削減
業界初、電力・環境管理用Wi-Fiソリューションを発表

-eBay社も採用!Wi-Fi経由のモニタリングにより設置のスピードアップ、柔軟性の向上、
コスト削減を実現。ラスベガスGartner Data Center Conference 2012にて発表 ―

米国ラスベガス発(2012年12月20日) データセンタインフラ管理(Data Center Infrastructure Management:以下DCIM)ソリューションのリーディングプロバイダ、Raritan(以下、ラリタン)は、IEEE802.11規格をベースにした初のWi-Fiソリューションを発表しました。これによりインテリジェントラックPDU (以下iPDU)や環境モニタリングやアセット管理に必要なセンサー類を簡単に設置し、導入コストの削減が可能になります。この新製品は、今月ラスベガスで開催されたGartner Data Center Conference 2012で発表されました。日本では2013年に発売予定です。

ラリタンのWi-Fiソリューション(Wi-FiキットDPX2-WIFI-KIT)は、ラックの設置スピードをアップしてDCIMソリューションの導入を容易にし、各ラックにLANケーブルを敷設する時間とコストを削減します。 新しいデータセンタに電源監視ソリューションや環境センサーを設置したい場合や、既存のデータセンタで十分なLANポートの空きがなく、現在使っているPDUに加えてiPDUや環境・アセットセンサーを使ったエネルギー監視を導入したい場合に適しています。

世界最大のインターネットオークションサイトを運営するeBay(イーベイ)では、データセンタのエネルギーと温度を、ラリタンのiPDUとセンサーで監視しており、Wi-Fiソリューションを利用することで、各キャビネットからイーサネットのドロップを2配線除去し、ネットワーク費用とケーブルの取り付けや保守にかかる費用を削減しています。

無線メッシュ型とは異なり、ラリタンのWi-Fiソリューションは広く採用されている802.11規格をサポートし、802.11のa/b/g/n基準で認可されたものです。ラリタンのWi-Fi USBスティックをマグネチックUSBドックに接続するだけで、ラリタンPX2 iPDU もしくはEMX スマートラックコントローラのUSBポートへの接続と同様になります。いったんWi-Fiソリューションをインストールすると、ラリタンiPDUからリアルタイムでの電源管理データや環境センサー、アセットセンサーからの情報の取り込みを直ちに開始し、暗号化されたデータをサードパーティの無線アクセスポイントに送ります。この無線アクセスポイントは、有線ネットワークへの接続も提供可能であり、センサー6,400個とコンセント2,000個までサポートします。

データセンタ管理の更なる全体像を提供するために、電流(amps)や電圧、電力(kVA, kW)、エネルギー消費(kWh)、温度、湿度や気流といった測定データを、ラリタンDCIMソフトウェアソリューションであるアセット管理、変更管理、キャパシティ管理のdcTrack(R)(日本発売予定)と、エネルギー管理はPower IQ(R)と共有することで、分析とレポーティングが可能です。

導入の簡単さと柔軟性というメリットに加え、ラリタンWi-Fiソリューションは、イーサネットポートの数を減らすことで顧客のDCIM導入のTCOを削減し、ハードウェアや配線、IPアドレスを切り替えることにより発生する関連コストも削減できます。ラリタンの Wi-Fi ソリューションは、従来の有線イーサネットソリューションよりも、10倍コストを削減することができるとの結果が出ています。
Gartnerの調査によると、2015年までに、DCIMツールやプロセスは60%以上のデータセンタで配置されるだろうとの事です。

ラリタンについて(Raritan.com)
ラリタンは、あらゆる規模のデータセンタに適した電源管理、KVM、シリアルソリューションで豊富な実績を誇るITインフラ管理のリーディングプロバイダ。ラリタンの製品は世界5万ヶ所以上の施設で使われており、電源効率の改善、データセンタ生産性の向上、遠隔拠点業務の強化に必要な制御機能を提供しています。米ニュージャージー州サマセットに本社を置くラリタンは、世界各地にオフィスを置き76ヶ国に製品を供給しています。詳しくはウェブサイト (Raritan.co.jp) もしくはRaritan blog.を参照してください。 ラリタンは、グリーン・グリッド(Green Grid)、クライメ-ト・セイバーズ・コンピューティング・イニシャティブ(Climate Savers Computing Initiative)、エネルギーと環境設計におけるリーダーシップ(LEED)の活動的なメンバーです。また アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)のデータセンタ提案による貢献で、表彰されています。  

またラリタンはGartner2012の“Cool Vendor”に選定されました。「DCIM分野における主要プレイヤー」と、IDCのDCIM市場調査レポートに書かれています。 ラリタンのインテリジェントアセット管理ソリューションで、調査会社Frost & Sullivan'sの "北アメリカ部門 New Product Innovation Award"を受賞しました。
※商標類はすべて各所有者に帰属します。

<報道関係者様問い合わせ先>
ラリタン・ジャパン株式会社 担当:吉田
URL: リンク: 03-5795-3170(代)
E-mail: marketing.japan@raritan.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事