logo

ウエディングドレスのサイズは?6人に1人は5号以下!?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2012年12月19日 13時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:鬼頭秀彰)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、『ゼクシィ結婚トレンド調査2012』から見えてきたウエディングドレスのサイズに関する状況や特徴に関する分析をお伝えいたします。


▼『ウエディングドレスのサイズに関するレポート』はこちら
リンク

▼『ゼクシィ結婚トレンド調査2012首都圏版』はこちら
リンク

▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
1.ウエディングドレスのサイズ「5号以下」新婦が14.4%。
――――――――――――――――――――

『ゼクシィ結婚トレンド調査2012』によると、2011年4月~2012年3月までに結婚式(挙式もしくは披露宴・披露パーティ)を実施した人のうち、ウエディングドレスを着た人にドレスのサイズを聞いたところ、首都圏エリアでは「5号以下」のドレスを着た新婦が、14.4%いたことがわかりました。

ちなみに、最も多かったウエディングドレスのサイズは、「7号」の38.4%で、「5号以下」と合わせると、過半数が「7号以下」を着ていることになります。

時系列を見てみると「5号以下」のウエディングドレスを着た人の割合は、2009年の10.5%から、おおむね増加傾向にあると言えます。


――――――――――――――――――――
2.「5号以下」ウエディングドレス着用1位は、首都圏エリア。
――――――――――――――――――――

また「5号以下」のウエディングドレスを着た人の割合を、エリア別に見たところ、最も多かったのが、14.4%の首都圏エリアで、その次が東海エリアの12.5%となっており、首都圏エリアの新婦が、調査15エリアの中で、最も「5号以下」のウエディングドレスを着たエリアと言えます。

一方、「13号以上」のサイズを着た人の割合を、エリア別に比較すると、最も多かったのは、福島エリアの9.4%で、続いて、青森・秋田・岩手エリアの7.7%でした。

ハレの日の新婦の美しいウエディングドレス姿に、サイズの差は関係ありませんが、実際に着用されているドレスのサイズには、エリア差があるようです。



▼『ウエディングドレスのサイズに関するレポート』はこちら
リンク

▼ゼクシィ結婚トレンド調査2012首都圏版』はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
◆『リクルート ブライダル総研』とは
――――――――――――――――――――
『リクルート ブライダル総研』は、株式会社リクルートマーケティングパートナーズのブライダル事業本部に設置されている調査・研究組織です。
恋愛・出会い、結婚や結婚式、夫婦関係に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。
出版・印刷物等へデータを転載する際には、“リクルート ブライダル総研調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。

▼『リクルート ブライダル総研』について
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本リリースに関するお問い合わせ】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。