logo

「ITおよび公正競争に関する新しいルール -動向と影響」を公表

新日本有限責任監査法人 2012年12月19日 11時11分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2012年12月19日

新日本有限責任監査法人

「ITおよび公正競争に関する新しいルール -動向と影響」を公表

 新日本有限責任監査法人がメンバーファームであるアーンスト・アンド・ヤングは、「ITおよび公正競争に関する新しいルール―動向と影響」についての報告書を公表しました。

 IT(情報技術)が今日の経済にとって不可欠になるにつれ、不正コピーなどのIT使用における違法行為はますます問題となっています。消費者や企業は、長年、コスト削減や知識不足など、さまざまな理由から、「違法IT」を使用し、コンピューティングニーズを満たしてきました。一方、ソフトウエアの知的財産権の保護は浸透し、企業における「違法IT」使用は徐々に減ってきました。しかしながら、ビジネスオペレーション上の「違法IT」は依然として存在し、不当な競争上の利益を生み出しています。

 本報告書では、「違法IT」の使用が公正な競争にもたらす影響や、米国のいくつかの州で施行された「違法IT」に基づく反競争的行為を取り締まる新しいルールを紹介するとともに、各種の法令がもたらす影響と対応策について検討しています。

 詳細は、報告書本文(日本語版および英語版)のPDFをご覧ください。なお、付録として、弁護士による解説「日本における関連分野の法令の状況」(西村あさひ法律事務所)のPDFを添付いたします。

以上

リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事