logo

米メジャーリーグ野球チームのピッツバーグ・パイレーツ、SAS(R) Analyticsの導入により大歓声を起こす


米国ノースカロライナ州キャリー発
往年のヒット曲「Take me out to the ballgame (私を野球に連れてって)」の歌詞にもある通り、スタジアムで生の打席を観る興奮は、TV画面では決して味わえないものです。スタンドのファンが増えれば、チケットの販売量は増大し、球場の売上高も増加します。そして、観客動員を拡大するためには、チームとしてもリーグ全体としても、個々のファンの体験を向上させる必要があります。ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下: SAS)は、米メジャーリーグ野球チームのピッツバーグ・パイレーツが、スポーツ業界向け分析ソリューション「SAS(R) for Sports」の強力な分析機能を活用し、顧客に関する洞察と日常の統計情報を組み合わせることで、ファンの望むサービスを展開して顧客ロイヤリティを獲得していると発表しました。

SASが提供する予測モデリング、セグメンテーション、予測の機能を用いてパイレーツが保有するビッグデータを活用することで、観客動員数と収益性の増大につながっています。これによりパイレーツは、シーズンチケットを更新しない可能性が最も高い顧客グループを特定することができました。こうした情報を利用することで、販売担当者は離反の恐れのある顧客に焦点を合わせることができ、結果としてチケットの更新率は前年度シーズンとの比較で6%向上しました。シーズンチケットの存在は、キャンペーンの成功の基礎となるものであり、更新率の向上は大幅な増益につながります。パイレーツにとって、これは頼りにできる1勝といえます。

チケット販売数が増加
パイレーツのビジネス・アナリティクス担当シニア・ディレクターのJim Alexander氏は、「私たちは現在、売上を拡大すると同時に、ファンの皆様の体験も向上し続けています。SASを活用し、複数ソースのデータに着目することで、14歳以下のファンを対象とした日曜日の景品や、金曜日・土曜日にすべてのファンに提供される景品が、必ずしも売上に直結しているわけではないと判断しました。そして、すべてのファン向けのプレゼントの一部を日曜日に一本化することで、全体的な増収が見られました」と述べています。

球場でのファンの体験に関する分析に加えて、パイレーツのマーケティング担当者は、SAS for Sportsを使用してシーズン全体を通じて収集されるファンのアンケート数千件を分析しました。アンケートは、満足度の割合(%)と実際の体験の比較を中心としたものです。カテゴリーは、「売店」、「試合中のエンターテインメント」、「プロモーション」、「施設」、「ブランド属性」で分類されました。アンケートの目的は、全体的な体験の評価と相関性が最も高いカテゴリーの体験・満足度を特定することにありました。そして、SASによって、「売店(全体)」、「家族への配慮」、「座席の雰囲気」、「チケット購入体験」の各要素が、ファンの体験と最も相関性があることが判明しました。その結果、これらの分野が最も注目されることになりました。

パイレーツのビジネス・アナリティクス担当マネージャー、Jason Witzberger氏は、「私たちは、SASのデータ分析機能を意思決定の基礎として活用しています。ファンの分析に特化したサブスクリプション・モデルとは異なり、私たちの選択したSASのソリューションは、いかなるタイミングで発生する疑問や、出現する機会に対しても、分析機能を柔軟に活用できます。SASの結果には満足しています。球場で得られるデータとモデル構築のプロセスについては理解しており、その分析機能には信頼を寄せています」と述べています。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の60,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万2千名、日本法人約210名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

*2012年11月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事