logo

◎ブラジルの遺伝子組み換え作物の作付け14%増加  Celeres社調査

Celeres 2012年12月19日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ブラジルの遺伝子組み換え作物の作付け14%増加  Celeres社調査

AsiaNet 51682
共同JBN1611(2012.12.19)

【サンパウロ2012年12月19日PRN=共同JBN】ブラジルにおける遺伝子組み換え技術を使った大豆、トウモロコシ、綿花の種子の作付面積は2012/13収穫年には3710万ヘクタールにおよぶと予想され、これは前年の遺伝子組み換え種子からの収穫面積に比べて460万ヘクタール、14%の増加になることが分かった。このデータはコンサルティング会社Celeresが発表した「ブラジル農業におけるバイオテクノロジーの採用に関する第2回調査(2nd Survey of the adoption of agricultural biotechnology in Brazil'] issued by the consulting firm Celeres)」による。

大豆が昨年同様首位を占め、合計2440万ヘクタール(全体面積の65.7%)になり、続いて夏・冬トウモロコシが1220万ヘクタール(32.9%)、綿花が55万ヘクタール(1.5%)になった。

中でも冬トウモロコシの採用率は87.8%と全体で690万ヘクタールにおよび、2012/13収穫年には遺伝子合体種とともに作付けされることになっており、これは2011/12収穫年に比べると120万ヘクタールの増加になる。夏トウモロコシの予想される採用率は64.8%で全体として530万ヘクタールに達し、これは2011/12収穫年に比べて30万5000ヘクタールの増加になる。2種類を合計するとのトウモロコシを作付けした面積全体の76.1%(1220万ヘクタール)にバイオテクノロジーが使われている。5年前には採用は全体でわずか120万ヘクタールだったことを考えると、農業におけるバイオテクノロジーが引き続き伸びていることを示している。

エンジニア、農学者でCeleresのマネージング・ディレクター、アンデルソン・ガルバウン氏は「ブラジルの生産者は生産性向上を促進する技術にどんどん投資している。トウモロコシ栽培に関して言えば、ブラジルの生産性指数を押し上げる重要なツールがもたらされたことになる。それに加えて、この技術は管理を容易にし、農作業に関する心配を軽減してくれるなど、間接的なメリットもあり、ブラジルの農業生産者が遺伝子組み換えの技術を採用するのに必須になっている」と述べた。

大豆に関しては、Celeresは収穫の88.8%がバイオテクノロジー技術を利用することになると予想している。これは前年の収穫に比べると300万ヘクタールの増加になる。一方、綿花においては、バイオテクノロジーの採用は対象面積の50.1%、合計54万6700ヘクタールと予想されている。今後、遺伝子組み換え綿花が作付けされる面積は9万3600ヘクタール増加すると予想されているが、これは主に除草剤耐性技術による。Celeresリポートのデータによれば、最も多く使われた技術は除草剤耐性技術であり、合計2570万ヘクタールで、2011/12収穫期の採用に比べると360万ヘクタールの増加になる。次に多く使われたのは虫害抵抗性技術で、580万ヘクタールと前年に比べて45万ヘクタールの増加。3番目の技術はこれら2技術の組み合わせで、合計550万ヘクタールになり、前年に比べて52万7000ヘクタールの増加と予想されている。しかし、大豆遺伝子の組み合わせ技術に対する中国の承認が遅れており、ブラジルの成長を阻害する恐れがある。

地域別の分析では、ブラジル農業におけるバイオテクノロジー技術の普及は主な穀物生産地間で顕著な特徴を見せている。普及率が最も高いのはマトグロソで、遺伝子組み換え作物の作付けは990万ヘクタールにのぼり、ついで680万ヘクタールのパラナ、540万ヘクタールのリオグランデドスルになっている。

リポート全文はウェブサイト(リンク )を参照。

▽Celeresについて
Celeresは2002年に設立され、ミナスジェイラス州ウベルランディアに本社を置き、ブラジルのアグリビジネスに特化したコンサルティング会社として高い定評を持つ。同社の活動分野は市場情報、投資コンサルティング、戦略コンサルティング、地方計画におよび、同社所属のコンサルタントは地方における傾向が全国市場にどのような影響をもたらすかについて分析を求める企業、団体、メディアなどの情報源になっている。詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。

▽問い合わせ先
Rafaela Prieto
Barcelona Solucoes Corporativas
+55-(11)-3019-3092
rafaela@barcelonasolucoes.com.br

ソース:Celeres

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。