logo

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013 開催概要決定!

株式会社東京国際フォーラム 2012年12月18日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2012年12月14日

株式会社東京国際フォーラム

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013 開催概要決定!
テーマは「パリ、至福の時」  

 株式会社東京国際フォーラムは、2013年のGWに「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
『熱狂の日』音楽祭(LFJ)2013」を開催します。

 今回のテーマは「パリ、至福の時」。19世紀後半から現代まで、パリを彩ったフランス
スペインの作曲家たちの作品を、色彩あふれ、情熱みなぎる150年間にわたる音楽の
パノラマとして展開します。

 LFJは2005年に東京国際フォーラムのCSR事業としてスタートし、クラシック音楽界の
常識を覆した革命的な音楽祭として、幅広い層の皆さまに愛され続け、日本最大級
規模の音楽祭に成長し、社会的資産としての役割と責任を持つ事業に発展してまい
りました。

 毎年の重点方針である「育成」と「創造」をさらに推進し、音楽文化を支える演奏家、
聴衆、街や社会を育み、音楽から生み出される感動と熱狂の輪をさらに広め、
新時代の音楽文化を“創造”していきます。

【 開 催 概 要 】     
名  称        : ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013          
テーマ         :「 パリ、至福の時」            
日  程        : 2013年5月3日(金・祝)~5月5日(日・祝)                                 
            *オープニングセレモニー  5月2日(木)
会  場        : 東京国際フォーラム 、及び東京・丸の内エリア       
公演数            : 約330公演(うち有料公演 約130公演)
来場者見込      : 約48万人(うち東京国際フォーラム約40万人)
主   催       : 東京国際フォーラム            
企画制作         : CREA / KAJIMOTO

◆ラ・フォル・ジュルネ(LFJ)とは・・・
1995年にフランス ナントで誕生した世界最大級のクラシック音楽祭。
世界中から1300人以上のアーティストが集い、朝から晩までコンサートを繰り広げる
音楽のお祭り。1公演約45分で、一流の演奏が低料金で聴けるので、いくつものプロ
グラムをハシゴできます。また、誰でも楽しめる屋外ライブの他に、コンサートチケット
又は半券があれば入場できるサービスイベントやキッズプログラム等盛り沢山の内容で
ご家族全員で楽しめます。音楽祭期間中は丸の内周辺エリアでもミニコンサートや
イベントが行われ街中が音楽一色に包まれます。
        
■LFJ2013の主な特徴 

1.19世紀後半から現代まで、この150年間のフランスとスペインの音楽のパノラマ。
 
20世紀初頭のパリは世界の音楽シーンの首都として栄え、多くの才能豊かで先見性に
あふれたフランス人作曲家を輩出しただけでなく、 ヨーロッパ中の精鋭たちがパリを
拠点に活動していました。また、この時代のパリでは、スペインブームが巻き起こり、
スペイン出身の作曲家たちもパリで学び、フランス人作曲家たちのとの交流から
新たな潮流の作品が生まれた時代でもありました。
LFJ2013では、「これぞフランス!」といえる情熱的でファッショナブルな至福の
楽曲の数々をお届けします。

2.注目のプログラム

・19世紀後半のフランスの名曲 :ベルリオーズ「幻想交響曲」、サン=サーンス「交響曲第3番(オルガン付き)」、フォーレ「レクイエム」
・20世紀初頭の印象派の名曲:ドビュッシー「海」「牧神の午後への前奏曲」、ラヴェルのピアノ組曲「鏡」、サティ「ジムノペディ」 
・スペインブームの中から生まれたエキゾチズムあふれる楽曲:ビゼー「カルメン」「アルルの女」、ラヴェル「ボレロ」「スペイン狂詩曲」、
ラロ「スペイン交響曲」、サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」、ショーソン「詩曲」、シャブリエの交響詩「スペイン」、ロドリーゴ「アランフェス協奏曲」など。 
・1920年代「狂乱の時代」のコクトー周辺の作曲家たち:サティ、フランス6人組。
・新しいフランス音楽の潮流:メシアン、ブーレーズ、ミュライユ。
・子どもたちと一緒に楽しめる名曲:ドビュッシー「おもちゃ箱」、プーランク「象のババール」、デュカス「魔法使いの弟子」、サン=サーンス「動物の謝肉祭」 など。

3.出演アーティスト 
ラムルー管弦楽団:ラヴェルの「ボレロ」やドビュッシーの「海」を初演した名門管弦楽団
アンサンブル・アンテルコンタンポラン:ブーレーズが創始した現代音楽専門演奏家集団
ミシェル・コルボ指揮 ローザンヌ声楽アンサンブル:フォーレの宗教曲演奏で世界的に
知られ、3年ぶりの来日。
ピアニストはフランスを代表するアンヌ・ケフェレック、ペヌティエ、ヴァイオリンは巨匠デュメイ。
他ジャンルからはフラメンコギターのカニザレス。日本からは、ダンスの勅使川原三郎、
スペクタクル音楽集団の渋さ知らズ。重鎮、若手も含めて国内外一流アーティストが多数出演。

4.東京のラ・フォル・ジュルネならではのオリジナル企画と関連イベント
・毎回好評の 「0歳からのコンサート」  は今年も開催します。
・丸の内エリアも日程を3日間に短縮し、内容を凝縮してパワーアップ。
・パスポートチケットを導入するなど、LFJをより楽しんでいただくための仕掛けが盛りだくさん。

5.新しい形の文化支援、クラウド・ファンディングを実施
クラウド・ファンディングとは、プロジェクトの発想や想いに共感した支援者から比較的
少額を多数募り、アート、音楽、映画などのクリエイティブなプロジェクトや社会支援を
実現する仕組み。配当の代わりにプロジェクトの成果やサービスの一部を特典として
提供する新しい形の寄付といわれています。
今年は、LFJの目的である「クラシック音楽の民主化」をより具現化する一助にしたい
とモーションギャラリー(motion-gallery.net)にてクラウド・ファンディングの実施を
決定しました。多くの方のご支援を頂ければと考えています。

♪今後のスケジュール♪
2/12(木)     記者発表(有料公演プログラム、出演アーティスト発表等)
3/16(土)       チケット一般発売
5/2 (水)     オープニングセレモニー
5/3 (金・祝)~5/5(日・祝) 
     ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013開催

◆ラ・フォル・ジュルネ2013 公式サイト 12月26日 オープン(予定) 

リンク

※スケジュールは変更になる場合がございますので、ご了承ください。


関連リンクURL

リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。