logo

サイト内検索サービス「MARS FINDER」、NECのグローバルサイトに導入開始

アジア・パシフィック、中華圏のサイトへ検索サービスを提供



国内の主要企業にサイト内検索サービスを提供する株式会社マーズフラッグ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:武井 信也 以下マーズフラッグ)は、この度、サイト内検索サービスMARS FINDER(マーズファインダー 以下MARS FINDER)が、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:遠藤信博 以下 NEC)のグローバルサイト(リンク)のアジア・パシフィック、中華圏の各国専用サイトに適用拡大されたことを発表いたします。


NECでは、2010年より、国内ユーザ向けのWebサイトにおいてMARS FINDERを導入・活用しています。この度のNECグローバルサイトのアジア・パシフィック、中華圏の各サイトにおける適用拡大は、グローバルサイトでの導入実績や検索結果にリンク先のイメージが表示される画面キャプチャ機能やサイト運用における導入・運用サポートの手厚さが高く評価されたことによるものです。
NECのグローバルサイトでは、各国の言語表記で地域独自の商品やサポートサービスの情報が提供されています。この度のMARS FINDERのアジア・パシフィック、中華圏への展開により、各国の消費者は、英語のみならず、それぞれの言語でNECサイトにアクセスし、必要な情報を検索することが可能になります。今回の取り組みは、アジア・パシフィック、中華圏の各国の消費者が商品に接する機会を高めると同時に、オウンドメディアである企業サイトを活用した海外マーケティングのガバナンス強化につながることが期待されています。

国内Webサイトのユーザビリティが飛躍的な発展を遂げる中、海外市場でのマーケティング活動に積極的な企業においても、海外サイトのユーザビリティ対応は未だ発展途上の段階にあります。
当社のMARS FINDERは、Webサイトに使用されている言語の種類に依存することなく、検索サービス及び付随する検索補助機能を、容易かつ、短期間で多言語展開できる特長があります。今後もこうした技術上の特性を活かし、より一層の機能拡充を進めていくと同時に、企業の海外展開並びに世界あらゆる地域の消費者と企業をつなぐWebコミュニケーションの発展を支えるべく、積極的なサービス展開を推進してまいります。

以上


【検索結果画面の表示イメージ】
◆中国サイト


◆インドサイト


■ニュースリリース記載の全ての情報は公開日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
また、このニュースリリースは リンク からご確認頂けます。


■本件に関するお問い合わせ
株式会社マーズフラッグ マーケティング本部 西田 光良
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-6新宿イーストスクエアビル3F
Tel:03-5362-5200 Fax:03-5362-5400 E-mail: info@marsflag.com

【参考:サイト内検索サービスMARS FINDER概要】
マーズフラッグ社が独自技術で開発したサイト内検索サービスです。「見える!検索結果」を実現するサービスとして、検索結果の画面イメージ表示機能や検索キーワード選択支援機能など、サイト訪問者が感覚的操作で必要な情報にたどり着ける斬新な検索補助機能を提供します。
サイト内検索導入実績No.1のノウハウと万全の導入・運用サポート体制により、現在までに製造業や金融サービス業を中心に、国内リーディングカンパニー100社以上で採用されています。

MARS FINDERが選ばれる理由
・ 求められる情報に直感的操作で誘導する豊富な検索補助機能の提供
・ ユーザの欲しいと企業の見せたいをマッチさせるサイト内おすすめ機能の提供
・ 要望にきめ細やかに対応できる充実した導入・メンテナンスサポート

主な機能
1. 検索結果の画面キャプチャ表示機能(見える検索&飛び出す検索機能)
検索結果にリンク先のサイトイメージを表示、マウスオンでの拡大表示。
サイト訪問者は欲しい情報を直感的に探し当てることができます。
2. FLASHページへのアクセス支援機能
FLASHアニメーションの中で効果のある部分を自動キャプチャ、検索結果の上位に表示。FLASHページの訴求効果を最大化します。
3. 企業サイト内でのレコメンデーション機能(ずばケン)
サイト訪問者が入力した検索キーワードに合わせ、アピールしたいページをレコメンド。
企業サイト内での広告効果により、伝達したい情報への誘導効果を高めます。
4. 豊富なオプション機能
サイト内検索MARS FINDERにはサジェスト機能の「インテリ・アドバイザー」、欲しい情報を絞り込む「ドリルダウン」、間違っていると思われる言葉を検索したときに、正しい表記を表示する「もしかすると」をはじめ、お客様のサイトにあわせたオプション機能を多数ご用意しております。

製品の詳細は、下記のサイトをご参照ください。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。