logo

GXS、「グローバルB2Bソリューションセミナー」開催

【メディアアラート】2012年11月21日東京発 ‐世界最大手のB2B(企業間データ連携)統合サービスプロバイダであるGXSは本日、GXS主催「グローバルB2Bソリューションセミナー」を東京と名古屋で開催することをご案内します。昨今のグローバルビジネスの広がりに伴い、国や地域をまたがり、多くの企業との取引が世界中で行われており、企業間取引では、「財務情報」「受発注情報」「物流情報」といったさまざまな業務上のデータがビジネスパートナーとやりとりされている中で、業務データのやりとりを実行する企業間データ連携基盤では、国や地域、ビジネスパートナー毎に仕様が異なり、日本国内や各グローバル拠点での個別システムの増大、運用管理の複雑化、コスト増、さらに昨今の新興国へのビジネス展開、災害対策に伴うサプライチェーンのリスク分散、M&Aなど、グローバル規模でのビジネスパートナーの増加や変更に対するシステムニーズはますます拡大しております。

本セミナーでは「企業間データ連携基盤をGXSのグローバルクラウドサービスで実現する」をテーマに、世界で40万社以上の企業と接続実績のあるGXSが、このような課題やニーズに対して、グローバルでビジネスを展開する企業様向けに、世界中どこでもお客様とお客様のビジネスパートナーとの業務データをつなぎ、ビジネスサポートを支援するGXSのクラウドサービスを活用するメリットをご紹介いたします。

• セミナー名: GXS主催「グローバルB2Bソリューションセミナー」

• 日 時: 東京:2012年11月28日(水) / 名古屋:2012年12月6日(木)

午後3時00分~5時45分

• 会 場:       東京:ザ・リッツカールトン東京 / 名古屋:ヒルトン名古屋

• 定 員: 東京(50名)、名古屋(20名)

お申込み、セミナー詳細はこちらまでアクセスください。

GXSについて

GXSは、世界最大の統合クラウド「GXS Trading Grid」を運用するB2B(企業間データ連携)統合サービスのリーディングプロバイダーです。GXSのソフトウェアおよびサービスは、上位25サプライチェーンの22社を含む400,000社を越える企業で利用され、パートナーネットワークの拡張、受信プロセスの自動化、電子決済の管理およびサプライチェーン可視化の向上に役立っています。グローバルB2B統合サービス「GXS Managed Services」は、GXS独自のアプローチでB2B統合業務を改善し、GXS Trading Grid®をプロセス編成サービス、そしてグローバルチームと連携して、多企業間のB2Bプロセスを管理します。

GXSはメリーランド州ゲーザーズバーグに本社を置き、従業員数は2,400人以上、世界20カ国の拠点を軸にグローバルB2B統合サービスを提供しています。GXS株式会社は、米GXS Inc.の100%出資による日本法人です。

本文中のすべての製品およびサービスは各社の商標です。

用語解説

■本件に関する報道関係のお問合せ先
GXS株式会社
マーケティング 石黒 佐知子
TEL: 03-5574-7545 Eメール: gxs-pr@gxs.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。