logo

英国IT調査会社、クラウドベースの統合はサプライチェーン管理の改善に効果的と報告

急速に変化するクラウド環境における選択肢としてB2Bを調査

2012年9月6日英国サンベリー発 -世界最大手のB2B(企業間電子商取引)統合サービスプロバイダであるGXSは本日、IT調査会社Quocirca社によってまとめられた新しいレポートをリリースしたことを発表しました。このレポートでは、今日のグローバルバリューチェーンが直面する課題を評価し、効果的な統合B2Bソリューションを実現するための助言を企業に提供しています。

このレポートでQuocirca社は、企業が取り得るさまざまなアプローチ、各アプローチの長所と短所、業界の拡大・変化するトレンドに適応できるようにプラットフォームを構築する方法について詳しく調査しています。世界中のサプライヤや顧客とのやりとりにおいて、多国籍企業が直面する複雑さを取り上げ、柔軟でエンドツーエンドのプロセス可視化を実現するためにB2B統合の必要性が増していることを明らかにしています。

Quocirca社の創業者であるクライブ・ロングボトム氏(Clive Longbottom)は次のように述べています。「B2Bサプライチェーンは急速に変化し、複雑さを増しています。調達、物流、財務など、今日のビジネス機能では、サプライチェーンをエンドツーエンドで可視化する必要があります。そのためのソリューションの一部としてクラウドベースのソリューションが考えられます。当社では、企業に、B2B統合をグローバルに管理するための必要なスキルを持ち、企業の制約を理解したパートナーを探すように助言しています。」

GXSのマーケティング担当バイスプレジデントであるスティーブ・カイファー(Steve Keifer)は次のように述べています。「Quocirca社のレポートは、クラウドコンピューティング導入の伸びと、システムの適切な統合・監査・管理へのニーズの増加に相関関係があることを示しています。今日の企業は、すべての主要ビジネスプロセスを統合して、世界中で効率のよい取引を可能にするB2B統合プロバイダを求めています。GXSは、将来を見越し、変化する市場に合わせて自社のテクノロジーを適応させており、極めて複雑なサプライチェーンでも統合して世界中のビジネスパートナーとのシームレスな協業を実現できるように態勢を整えています。」

■GXSについて
GXSは、世界最大の統合クラウド「GXS Trading Grid」を運用するB2B(企業間電子商取引)統合サービスのリーディングプロバイダーです。GXSのソフトウェアおよびサービスは、米フォーチュン誌「フォーチュ500」社の72パーセントに当たる企業や、上位25サプライチェーンの23社を含む400,000社を越える企業で利用され、パートナーネットワークの拡張、受信プロセスの自動化、電子決済の管理およびサプライチェーン可視化の向上に役立っています。グローバルB2B統合サービス「GXS Managed Services」は、GXS独自のアプローチでB2B統合業務を改善し、GXS Trading Grid®をプロセス編成サービス、そしてグローバルチームと連携して、多企業間のB2Bプロセスを管理します。

GXSはメリーランド州ゲーザーズバーグに本社を置き、従業員数は2,400人以上、世界20カ国の拠点を軸にグローバルB2B統合サービスを提供しています。GXS株式会社は、米GXS Inc.の100%出資による日本法人です。

■将来予想に関する記述
このプレスリリースには「将来予想に関する記述」が含まれています。本プレスリリースにおける記述のうち、過去の事実に関するもの以外の、当社が将来に発生すると予想する活動、事象、開発に関するすべての記述は、かかる将来予想に関する記述に該当します。これらの将来予想に関する記述は、リスク、不確実性、仮定(米国証券委員会に提出された当社の年次報告書、四半期報告書等に規定)による影響を受けるおそれがあります。したがって、将来予想に関する記述に明示的または黙示的に示される当社の業績または成果に関して、実際の結果が大幅に異なる場合があります。これらの記述に全面的に依拠しないでください。当社は発生した事象または状況を反映して将来予想に関する記述を更新または改訂する義務を負いません。

本文中のすべての製品およびサービスは各社の商標です。

用語解説

■本件に関する報道関係のお問合せ先
GXS株式会社
マーケティング 石黒 佐知子
TEL: 03-5574-7545
Eメール: gxs-pr@gxs.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。