logo

Rails技術者認定試験対策認定E-ラーニングをマルチメディアスクールWAVEが実施

受講期間30日間、標準学習時間14時間) 受講料金24,800円で提供

Rails技術者認定試験運営委員会はRails技術者認定試験対策認定E-ラーニングをマルチメディアスクールWAVEが開始したことをお伝えします。

初の国産メジャー言語となったRubyは、2012年には国際標準化されました。このRubyの躍進の大きなきっかけとなったRubyの代表的フレームワークであるRuby on Railsは、今やWebアプリケーション開発の代表的な環境とさえ言えます。本講座では、これまでに他言語での開発経験のある開発者向けに、Rubyの基礎的な部分とRuby on Railsでの実践的な開発方法を解説しています。

本コースの詳細は以下をご覧ください。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。