logo

◎サンパワー、東芝を通して変換効率20.1%のソーラーパネルを日本市場へ提供

SunPower Corp. 2012年12月05日 11時55分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎サンパワー、東芝を通して変換効率20.1%のソーラーパネルを日本市場へ提供

AsiaNet51547

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。


東芝、変換効率20.1%の新モジュールを販売し、日本の住宅市場で優位を継続

【サンノゼ(米国カリフォルニア州)2012年12月5日PRN=共同JBN】SunPower Corporation(ナスダック: SPWR)は本日、世界最高の変換効率を実現した同社の新しいソーラーパネルを、2012年12月から東芝へ供給すると発表した。今回の提携により、東芝は今後も日本の住宅市場において最高効率の太陽光発電製品を継続的に販売することになる。20.1パーセントの変換効率と、72のセル構成で公称最大出力250ワットのサンパワー社の新しいE20/250NEソーラーパネルは、日本の住宅市場において東芝が独占的に販売を行う。モジュールにはサンパワー社による裏面電極設計のMaxeon(TM)太陽電池が搭載されており、世界最高の変換効率を実現する。

2010年の提携以来、サンパワー社が東芝に供給した高効率ソーラーパネルは、150メガワット相当以上に上る。東芝執行役常務の横田岳志氏は、次のように述べている。「日本の住宅用市場では、当社高効率太陽光発電システムに対する顧客の需要が高まっている。今回合意に至ったサンパワーとの新しい供給契約により、東芝は今後もこうした需要に応えていく。今回、サンパワとの強固な提携関係と、最大出力250ワット、変換効率20.1パーセントを誇る同社の新しいソーラーパネルを独占的に販売する権利を得たことで、当社は今後も高効率で日本の住宅用太陽光発電市場をリードしていく。」

サンパワー社の社長兼最高経営責任者(CEO)トム・ワーナー氏は、次のように述べている。「2010年以来、当社は東芝と強固な提携関係を継続しており、東芝は急成長を遂げる日本の太陽光発電市場をリードしている。高効率高信頼性を誇るソーラーパネルや発電システムを日本で供給するにあたり、革新と品質の代名詞とも言える東芝ブランドと当社ブランドは、正に理想の組み合わせといえる。当社の新しいE20/250NE高効率ソーラーパネルが、この市場をさらに大きく成長させ、両社に成功をもたらすことを確信している。」

▽SunPower Corporationについて
SunPower Corporation(ナスダック: SPWR)は、今日利用できる最高の効率と信頼性を誇るソーラーパネルを設計、製造、供給しており、四半世紀にわたる実績と、ソーラー発電システムの製品寿命を通じて投資収益率を最大化する保証付きのパフォーマンスによって、個人住宅、企業、政府、公共施設の顧客から支持を得ている。SunPowerは米カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、北米、欧州、オーストラリア、アフリカ、アジアにオフィスを構えている。詳しい情報は、リンクを参照。

SunPower Corporationによる「将来予想に関する記述」についての注意条項
本プレスリリース中には、1995年私募証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)にいうところの「将来予想に関する記述」が含まれる。「将来予想に関する記述」とは、過去の事実について述べない記述のことであり、予測に基づいている可能性がある。(a)東芝に変換効率が20.1パーセントのソーラーパネルを供給することや、(b)SunPowerが日本市場で成長すること、といった本プレスリリース中の「将来予想に関する記述」は、「供給する」「~する」、などの単語や表現で示されている。こうした将来予想に関する記述は、いずれも本プレスリリース発表時点で同社が入手していた情報に基づいており、SunPowerが統制できる範囲を超えた、不特定数のリスクや不確定要素をはらんでいる。実際の結果が将来予想に関する記述で予測される結果と大きく異なる可能性のある、これらのリスクや不確定要素には、以下が含まれる。(i) 十分な原材料を調達し、確保するSunPowerの能力、 (ii) ビジネスや経済の全般的な状況と、日本市場におけるSunPower製品の成長度合い、 (iii) 太陽光発電の使用を後押しする政府によるインセンティブや、その他関連する経済的なインセンティブの継続状況、 (iv) 製造上の困難、(v) 東芝とSunPowerとの関係の継続状況、(vi)同社の、様式10-Kによる2012年1月1日締めの年度決算報告や、様式10-Qによる2012年4月1日、同7月1日、同9月30日締めの四半期に関する四半期決算報告を含め、同社が証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)に提出した書類内に詳述される、その他リスク。これらの将来予想に関する記述は、今後のいかなる日付における同社の見解を示すものではない。同社は、新たな情報や、将来の出来事、その他の結果を踏まえて将来予想に関する記述を更新または変更するいかなる義務についても、ここで明白に放棄する。

SUNPOWER はSunPower Corporationの登録商標で、米国及びその他の国々で登録済みです。その他すべての商標は、各所有者の資産です。


ソース: SunPower Corporation

▽問い合わせ先
Helen Kendrick,
SunPower Corp.,
+1-408-240-5585,
hkendrick@sunpowercorp.com

Sachiko Masuda, Burson-Marsteller Tokyo,
+81-3-3264-6687,
Sachiko.masuda@bm.com
SunPowerJP.PR@bm.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。