logo

◎サー・イヴァンがTrevor Projectに10万ドル寄付

ピースマン財団 2012年12月04日 10時50分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎サー・イヴァンがTrevor Projectに10万ドル寄付

AsiaNet 51530
共同JBN1455(2012.12.4)

【ニューヨーク2012年12月4日PRN=共同JBN】ダンスポップ・レコーディング・アーティストのサー・イヴァンは4日、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)の若者のためにクライシス・インターベンションと自殺防止を用意している優れた組織のTrevor Projectに10万ドルの寄付を約束したと発表した。この寄付はサー・イヴァンとピースマン財団によって行われる。ピースマン財団は2005年にヘイトクライム、暴力、心的外傷後ストレス障害(PTSD)防止のためサー・イヴァンが設立した非営利組織。

マルチメディアの報道発表を見るには以下のサイトをクリック。
リンク

(Photo: リンク

サー・イヴァンは次のように語っている。「ホロコーストを生き抜いた人の息子として、わたしは若い頃から、いじめられている人、告発されている人など自ら立ち上がれない人のために立ち上がる必要があるのを知っていた。自分の音楽と持っているかもしれない何らかの影響力によって、受容することや理解することの重要性を示したいと思っている。とりわけ、わたしはLGBTQコミュニティーの求めているものに集中しており、中でも他の若者より4倍も自殺を試みるとされるLGBTQの若者が求めているものに焦点をあてている。(彼らに対する)ハラスメントやいじめは言い訳できないし、わたしは断固として許さない」

Trevor Projectの執行責任者で最高経営責任者(CEO)のアビー・ランド氏は「Trevor Projectは、サー・イヴァンとピースマン財団によるレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィアに対する寛大なサポートに感謝している。どの贈り物も、Trevor Projectが常にサービスを提供し、危機にある若者が今日から始まる未来への計画を立てられるよう手助けする」と述べた。

サー・イヴァンは彼の音楽におけるキャリアを通じて、LGBTQコミュニティーのチャンピオンになった。彼のダンス音楽、ビデオそしてその理解と尊重のメッセージは、彼のコミットメントを表している。2012年6月にリリースされた最新のシングル「La La Land」(リンク)は多様性の称賛を勧めており、UK Music WeekのUpfront Club Chartの10位になり、DJ Times National Crossover Pool Chartのトップ20位に入り、米国のBillboard Dance Club Chartでトップ30位入りしている。シングル音楽ビデオは、モノクロで始まりコミュニティーへのサポートを示す虹色の旗が打ち振られる。

Trevor Projectは24歳以下のレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィアにクライシス・インターベンションと自殺防止を用意している主要な全国組織である。Trevor Projectは、無料で内密のライフラインとインスタント・メッセージング・サービス、学校でのワークショップ、教材、オンラインリソース、賛同者を通じて毎日、若者の命を救っている。ホワイトハウスから「Champion of Change」の栄誉を贈られたTrevor Projectは、自殺防止のリーダーでありイノベーターである。詳細はTheTrevorProject.orgを参照。

サー・イヴァンの詳細はSirIvan.com.を参照。

ソース:Peaceman Productions

▽問い合わせ先
Rob Goldstone or David Wilson
Oui 2 Public Relations
+1-212-541-5698

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。