logo

災害発生時に医師・職員に自動で安否確認メールを配信、安否をいち早く確認する「医療機関従業員総合情報管理システム」を提供開始

メディカルキューブ 株式会社 2012年12月06日 16時00分
From DreamNews

医師専門の転職・求人サイト「お医者さんはろおわあく」を運営するメディカルキューブ株式会社はシーツー株式会社と提携し、医療機関向けに災害時の医師、従業員の安否確認をスマートホン、携帯電話で行うことが出来る『医療機関従業員災害時安否確認システム』のサービスを12月1日より提供開始しました。
 
大震災、災害時に
「医師、従業員の安全が確認出来ない」
「診療再開の見通しが立たない」
「各スタッフの位置情報が把握できない」
などのリスクマネジメントとして、
災害発生時に各職員に自動で安否確認メールを配信、安否をいち早く確認するシステムです
 
また平時は、「院内情報通達システム」として、
・病院内会議、行事、アクシデント情報
・人事情報、休診、代診、情報
・出入り業者、監督官庁等からの通達
など日常の病院サイドより全従業員に対しての一斉通達システムとして通年利用出来ます。
病院情報の発信と同時に従業員への情報共有化に役立ちます。
 
【特徴】
■医療機関従業員災害時安否確認システム■
1.安否確認メール 震度5以上の地震が発生した場合、自動的に職員の携帯番号に安否確認メールを送信
2.安否確認の返信 メールを受信した各職員は、安否や出社可否などの状況を、クリックのみで簡単に返信
3.安否情報を集計 管理者は、職員の安否状況をリアルタイムに確認し、迅速に業務復旧への施策を立てることができます
4.家族メール通知 職員と家族間においては、メールと家族専用掲示板を使いお互いの安否を確認することが可能です
■院内情報通達システム■
1.院内情報通達  平時は病院サイドより全従業員に対しての一斉通達システムとして通年利用出来ます
2.1日何回でも発信可能
 
【対応機種】
各種スマートフォン、メール付き携帯電話
(一部機種ではご利用いただけない場合もあります)
 
【料金】
初期費用 88,000円 初回のみ
月額費用 16,800円
(従業員100名の場合。従業員数により変動)
 
【詳細情報URL】
リンク
■メディカルキューブ株式会社の主な事業
・医師のための求人・転職情報サイト『お医者さんはろおわあく』の運営
・医療関連産業などの企業向けに、「医師」「看護師」「薬剤師」「医療技師」などの医療人材ノウハウ・経験のOEM提供
・医療機関経営コンサルティング
 
■医師求人・転職情報サイト『お医者さんはろおわあく』とは
・全国24社の医師人材紹介会社とのネットワークを持ち、常時2,500件以上の医療機関・企業の医師募集、転職情報やアルバイト情報を実名で提供しています。
・雇われ医院長、寝当直、産業医、製薬企業などレアな求人が多数掲載されているのが特徴です。
・医療機関経営のための危機管理情報や、ドクター同士の結婚などのサポートコンテンツも掲載。
リンク
 
<サービス・コンテンツ概要>
・医師の求人・転職情報、非常勤アルバイト情報を多数掲載。各募集へ応募、問合せが可能。
・掲載している医療機関、企業名が全て実名で掲載(実名掲載数では日本最大規模)。
・各掲載医療機関の求人担当者が掲載情報を直接編集しているため、リアルタイムで正確な求人情報を掲載。
・一般的な求人科目だけでなく、非常勤アルバイト、産業医や生命保険医、製薬企業、美容外科・皮膚科などユニークな分野での募集情報を多数掲載。
・ドクターの悩みを解決する「ドクターSOS」
・病院、クリニック、医療機関の様々な労務の問題トラブルに社労士が答える「社労士が答える医療機関労務相談」
・増患対策アドバイスコーナー「携帯メールマーケ ティングによる患者の囲い込みのしかけ」
・お医者様同士の結婚をアレンジする「ドクター同士の結婚相談」
・ドクター同士のコミュニケーションの場「医療機関ちゃんねる22」
 
【会社概要】
会社名 :メディカルキューブ株式会社
代表者 :代表取締役 那部 良樹
設立 :2009年10月1日
所在地 :〒272-0826 千葉県市川市真間1丁目3-1
事業内容:医師転職サイト『お医者さんはろおわあく』の運営管理
URL:
リンク
リンク
 
【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
メディカルキューブ株式会社
お医者さんはろおわあく 事務局
担当 : 那部 良樹
TEL : 047-322-5948
FAX : 047-322-5948
E-mail: office@dr-hello.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事