logo

レイアウトを自動生成する新モードとWordPress連携で更新性アップ。ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 6」2013年1月31日(木)発売。

株式会社デジタルステージ 2012年12月05日 14時59分
From PR TIMES

より簡単に、よりこだわりを追求した第6世代



株式会社デジタルステージ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:平野友康)は、HTMLベースのウェブサイトが作成できるソフトウェア「BiND for WebLiFE* 6」(バインド・フォー・ウェブライフ6、以下BiND6)を、2013年1月31日(木)に発売いたします。

BiND は、HTMLやCSSなどのタグやスクリプトを記述することなくハイクオリティなウェブサイトを作れるソフトとして今や10万人を超えるユーザーに支持されています。技術やデザインのトレンドなど、業界標準がめまぐるしく変化するウェブの世界に随時ユーザーが対応していけるよう、最新技術が施されたテンプレートをベースにカスタマイズするだけでウェブサイトを構築できる環境を提供しています。その結果、専門知識を持たないウェブ制作ビギナーから、時間効率を図るプロのデザイナーに至るまでの幅広いターゲットを掴んできました。

BiND6では、BiNDの真骨頂でもあるHTMLを記述せずにページ作成できる独自の編集モードが、より使いやすさを追求して進化いたしました。
新しい編集モード「スマートモード」は、テキストや画像をフォームに入力していくだけでコンテンツが自動でページに配置される機能です。初心者にとっては難しく、また煩わしい作業でもあるレイアウトを、ソフト側でカバーすることで作業効率が格段に向上します。

さらに、更新の利便性を上げるため、CMS(コンテンツマネジメントシステム)であるWordPressへの連携を実現しました。BiNDの専用テンプレートを使って作成したウェブサイトをWordPressのテーマとして読み込むことによって、場所や環境を選ばずに更新することが可能となります。

このほか、細部へのデザインにもこだわれるCSS詳細設定機能や、スマートフォン専用ページの作成など、使う人のレベルに合わせながら、あらゆるニーズにフィットするウェブ制作ソフトに成長してまいります。


---

■BiND6の主な新機能

【'簡単'を実現してきたBiNDの真骨頂、エディタモードが進化】
レイアウトすらお任せの新モードで作業効率が格段にアップ


あらかじめ文字や画像などがレイアウトされたテンプレートの入力フォームにコンテンツを入れていくだけでページが生成される「スマートモード」を搭載。フォトアルバムや連載記事など、定型フォーマットで中身を追加・更新するだけのコンテンツなどに最適なモードです。初心者が苦手とするコンテンツの配置をサポートするだけでなく、作業スピードを格段に向上させます。
もちろん、ユーザー側で自由にレイアウトができる従来のエディタモードは健在。コンテンツによってふさわしい編集方法を選べる2つのモードの誕生です。
※ プロフェッショナル版ではスマートモードの入力フォームを自作することが可能。


【もう更新作業は場所も環境も選ばない】
WordPressと連携する「BiND for WordPress」でどこでも更新可能に!

WordPressと連携することで、ネット環境さえあればBiNDがインストールされていないパソコンやスマートフォン、タブレット端末からも更新することが可能になりました。ソフトを持っていない人でも更新ができるので、複数で管理しているサイト運営などに大活躍します。
BiND上でWordPress のテーマを自由に作成できるため、jQueryを使ったスライドショーを設置するなど、リッチなデザインの作成が簡単に行なえます。
※「BiND for WordPress」を使用するにはWebLiFEサーバーPremiumコースとの契約が必要
※ WordPressのテーマを作成するための専用のテンプレートはプロフェッショナル版のみ収録


【今や欠かせないスマートフォンに対応】
スマートフォンに特化したWebサイトを作成


スマートフォンならではの情報の伝え方、レイアウトを追求できるよう、スマートフォン専用のページ作成が可能になりました。スマートフォン専用のテンプレートを使って、PCサイトを作るのと同じ要領で小さな画面での効果的な画像の見せ方、テキストの出し方を簡単に作成、デザインすることができます。

また、モバイル専用の簡易シミュレーターの搭載により、編集しながら完成をイメージすることができます。


【脱テンプレート!デザインのディティール表現までを可能に】
待望のCSS詳細設定機能を搭載


これまでBiNDのテンプレート任せだった、余白や行間などのデザインのディティールにまでこだわれる「CSS詳細設定機能」を搭載しました。コンテンツのエリアごとに、マージンやパディング、ボーダーなどのCSSの設定が可能になります。コンテンツの配置について細かなニュアンスまで表現できるため、強調したいデザインや個性的なデザインなど、オリジナリティ溢れるデザインを実現します。


---
■動作環境
【Windows版】※日本語版での動作のみ対応
Windows 8(32bit/64bit対応。ただし64bit版では32bitモードで動作)/ 
Windows 7 SP1(32bit/64bit対応。ただし64bit版では32bitモードで動作)/ 
Windows Vista SP2(64bit版とサーバー版を除く)/ 
Windows XP SP3(64bit版、サーバー版、Media Center Edition、Tablet PC Editionを除く)/ 
【Macintosh版】※日本語版での動作のみ対応 ※Mac OS Xの動作が保証されているApple純正Macのみ対応
OS X 10.8.2(サーバー版を除く)/ OS X 10.7.5(サーバー版を除く)/ Mac OS X 10.6.8(サーバー版を除く)
【共通】
DVD-ROMドライブ(インストール時)必須
その他の詳細については、製品ページに記載しています。

■閲覧環境
【Windows】IE8、IE9、IE10、Firefox17以降、Google Chrome 23以降
【Mac】Safari 5.1.7、Safari 6、Firefox17以降、Google Chrome23以降
【iOS】iOS6(推奨環境) ※内蔵された「Safari」で閲覧
【Android】2.3、4.0(推奨環境)※「Android標準ブラウザ」、「Chrome」での閲覧に対応
【一般的な携帯電話】
「WebLiFE*サーバー」の利用で、一般的な携帯電話向けサイトとして自動的に最適化。
ドコモ、au、ソフトバンクの主な携帯電話(2010年以降発売機種)とiPhoneに対応。※全ての機種の閲覧を保証するものではありません。
※モバイル端末共有:一部コンテンツは非表示になります。


---

■WebLiFE*サーバーについて
◇Basic コース 月額利用料980 円
※BiND6スタンダード版には6ヶ月、プロフェッショナル版には24ヶ月の無料利用権を付属
 ◎サーバー容量無制限利用(1ファイルあたり100MB 以内)
 ◎Facebookページ連携機能 ※以下の制限あり
(ページ数 最大1ページ、タブ 最大2個まで作成可能/SYNCサービスおよびリンク設定不可)
 ◎モバイルサイト表示自動変換(おまかせモード)

◇Premium コース 月額利用料2,980 円 または 年間一括 29,760円/年 (月額換算 2,480円/月)
※BiND6スタンダード版には1ヶ月、プロフェッショナル版には3ヶ月の無料利用権を付属
 ◎サーバー容量無制限利用(1 ファイルあたり1GB 以内)
 ◎WordPress機能 (最大3つまでWordPressのインストールが可能)【NEW】
◎Facebookページ連携機能(作成ページ数 最大10ページ・タブの数に制限なし)
 ◎ショッピングカート挿入機能(商品管理/受注管理可)
※クレジットカードを含むオンライン決済サービス使用可。ただしカード決済代行会社との契約が別途必要
 ◎モバイルサイト表示自動変換(おまかせモード)
 ◎モバイルサイト作成機能(じぶんでモード)
 ◎モバイルキャンペーン機能
 ◎QR コード生成
 ◎独自ドメイン対応
 ◎簡易パスワード設定
 ◎メールアカウント作成(無制限)
 ◎ウェブメール利用
 ◎素材ダウンロードサービス(毎月20素材までダウンロード可能)


---

■お客様のお問い合わせ窓口/Email: contact@digitalstage.jp
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※ 本プレスリリースに記載されている製品・サービス名は、デジタルステージおよび各社の登録商標です。
※ 記載の情報は予告なく変更になる場合があります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。