logo

MetaMoJiが、モバイル端末用手書きノートアプリ「Note Anytime」の iPhone 版を提供開始

株式会社MetaMoJiは、本日 2012年12月5日、モバイル端末用手書きノートアプリ「Note Anytime」のiOS版のアップデートバージョン(Ver.1.2.1)を提供開始しました。本バージョンは、現在提供中のiPad 版に加え、iPhone にも対応したユニバーサルアプリとなります。 



2012年12月5日

株式会社MetaMoJi


株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川和宣)は、本日 2012年12月5日、モバイル端末用手書きノートアプリ「Note Anytime」のiOS版のアップデートバージョン(Ver.1.2.1)を提供開始しました。本バージョンは、現在提供中のiPad 版に加え、iPhone にも対応したユニバーサルアプリとなります。 

「Note Anytime」は 『いつでも どこでも』ノートを書ける環境を目指しています。本年9月26日の iPad版、10月26日のWindows 8/RT版提供開始に続き、常に肌身離さず持ち歩いて使われている iPhone 版をそのラインアップに加えることで、Note Anytimeを利用できる機会が飛躍的に増えることになります。

iPhone版「Note Anytime」では、ユーザーインターフェイスを工夫することで、iPhoneの小さなサイズの中に、iPad と同等の全ての機能を搭載しています。iPad や、Windows 8/RT搭載のPCで作成した文書やアイテムをデジタル・キャビネットにバックアップしておけば、『いつでも、どこでも』 iPhoneでも、同じノート文書およびノート作成環境を共有することができ、とっさに思いついた文書の変更や、急なプレゼンテーションにも対応することができます。

今回のアップデートでは、iPhone 版の提供開始に加え、これまで高い評価をいただいていたストローク書き味のさらなる改善や、用紙やアイテムの拡充を通じて、以下のようなシーンでの活用を拡げます。

・ビジネスプレゼンテーション
・年末・年始シーズンのメッセージカードの作成
・カレンダーでのスケジューリング
・音楽活動 など

MetaMoJiでは、来春に予定しているAndroid版の提供で、「いつでも、どこも」ノートを書ける環境を広げていくとともに、今後もさらなる機能拡張を進めて、スマートフォン、タブレット端末でのコンピューティングの世界を拡げてまいります。
 
【Note Anytime Ver.1.2.1 の新機能と改善点】

●iPhoneへの対応 <新機能>
iPhone の小さなサイズに、iPad版、Windows 8/RT版と同等の機能を提供。デジタル・キャビネットにバックアップすることで、出先でのちょっとした編集、プレゼンを実現。

●ストロークの書き味を向上 <改善点>
ストロークの書き味全般の向上。指やペンの動きをできるだけそのまま反映させることで、より紙とペンに近い書き心地を実現。

●ジャンプ機能でスムーズなプレゼン <新機能>
Note Anytimeの広大な編集領域の中で、表示箇所の定義、プレゼンの表示順をあらかじめ設定しておくことで、スムーズにプレゼンテーションが可能。

●用紙に背景タイルを表示 <新機能>
用紙の背景にタイル(テクスチャー)を表示。羊皮紙をイメージしたタイルなど、質感のある紙風タイルを5種類用意。

●用紙サイズ、用紙スタイルの充実 <新機能>
用紙サイズで「A3」を追加。用紙スタイルには「はがき」や「画面用」を追加。

●ノートに貼り付ける画像の画質の向上 <改善点>
画像を貼り付け時、これまでの画質(標準)に加えて、[高画質]が選択可能。

●アイテムや用紙の充実 <2012年12月中に順次リリース>
- グリーティングに使えるアイテムや用紙 : 年末年始のイベントをモチーフにしたアイテムやはがきサイズの用紙を用意します。「手書き」の 特徴を活かしてオリジナリティ溢れる温かみのあるグリーティングカードや年賀状を作成できます。
・ アイテム「ハッピーホリデー」(有料)
・ アイテム「ハッピーホリデー」(無料)
・ アイテム「お正月」(無料)
・ 用紙・ノート 「ハッピーホリデー」(無料)
・ 用紙・ノート 「お正月」(無料)

- 手書きスケジュール管理に便利なアイテムや用紙の追加
・ アイテム「ハッピーホリデー」(有料)
・ アイテム「ハッピーホリデー」(無料)
・ アイテム「お正月」(無料)
・ 用紙・ノート 「ハッピーホリデー」(無料)
・ 用紙・ノート 「お正月」(無料)
・ アイテム「2013年カレンダー・プランナー」(有料)
・ アイテム「マーク - プランナー」(無料)
・ 用紙「2013年プランナー」(有料)

- 効果的なプレゼンテーション、資料作成に適した用紙の追加
・ 用紙「コマノート」(無料)

- その他の実用、趣味用の用紙の追加
・ 用紙「ドット・クロス方眼」(無料)
・ 用紙「楽譜」(無料)


【Note Anytime概要】
<Note Anytimeのコンセプト>  
あなたの”想い”を自由自在に

<Note Anytimeの特徴>
1. わかりやすい直感的なメニューでだれにでも簡単に利用可能
フルスクリーンモードではボタンが一つだけ表示され、そのボタンを押すと様々な編集操作を行うことができます。分かり易さと高機能性を両立した コマンドメニュー体系により、短い習得時間で利用できるようになります。

2. 文書作成における多様な表現力
Note Anytimeには、自由に手書きで書くこと以外に、ワープロのようなテキスト編集を可能とする「テキストボックス」、端末内のアルバムやその場で撮影した写真の取り込み、Web画面の取り込み機能があり、拡大/縮小、回転させて思い通りの配置が可能です。また、写真の背景設定、ノートブックのような種々の表紙や中の用紙の設定することが可能です。PDFを取り込み、手書き文字を書き込むアノテーション(*1)も可能で、多くのビジネスシーンや編集プロセスにおいてご利用いただけます。さらに登録されている手書きイラストを呼び出したり、自分の手書き文書を登録できる「アイテム・ライブラリ」により、高品質の手書き文書作成を効率よく行うことができます。

3. タブレット・スマートフォン画面上にびっしり書くことができる広大な編集領域
画面上で自由なレイアウトで文字や図形編集が可能です。ピンチイン・アウト(*2)やディテールウィンドウ(*3)により、緻密な文書の作成が可能です。iPad上で、最大縦4.0m 横5.3m、約12畳の広さに相当する大画面に相当するに広大な編集領域の利用が可能です。

4. カリグラフィーペン(*4)による美しい手書き文字
カリグラフィーペンで手書きでも文字が美しく見えます。美しい文字を使っての文書作成・編集が可能で、見栄えの良い手書き文字を作成できます。タイトル文字だけでなく、文章全体をカリグラフィー文字で作成、編集することが可能です。カリグラフィー文字は、ベクターグラフィック(*5)で描かれ、拡大・縮小しても美しさを保ちます。また、有償のカスタマイズカリグラフィーペンを使うと、ペンの角度等の詳細なパラメータ設定が可能となり、オリジナルのカリグラフィー文字を作成することができます。

また「Note Anytime」は、ネットワークに接続している時に、MetaMoJiが運営するクラウド上のオンライン・ストレージ「デジタル・キャビネット」と自動的に同期し、データの保管を行います。「デジタル・キャビネット」は、2GBまで無料でお使いいただけます。ネットワークが使えない環境でも使える「オフラインモード」での利用が可能です。

*1 アノテーション:文書の上に注釈を書いていくこと。
*2 ピンチイン・アウト:画面に二本指をスライドさせて、画面を拡大したり縮小したりする機能。
*3 ディテールウィンドウ:Note Anytime の機能。描画画面の一部分を拡大して編集できるようにしたもの。
*4 カリグラフィーペン:西洋で美しく文字を書くことをカリグラフィーと言う。そのカリグラフィーをエミュレートしたペン。
*5 ベクターグラフィック:コンピュータグラフィックスの画像データ形式の一種。拡大、縮小、その他の変形を施しても図形イメージが基本的に劣化しないのが特徴。

※さらに詳しい情報は、製品サイト リンク をご覧ください。


■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(見える化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指しています。キーボードを前提としたこれまでのPCに比べ、タッチスクリーンと、より洗練されたインターフェースを持つタブレット端末では、人間とコンピュータの間の距離をもっと縮めることができると考えています。MetaMoJiは、こうした端末の進化を最大限に享受できる新しいデジタルノートアプリを開発しています。
リンク

iPad, iPhoneはApple Inc.の商標です。
Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事