logo

「環境」への様々な取り組みを最新のAR※技術をツールに探ってみよう! タブレットを操作して近未来のまちを体験する企画展



「環境」への様々な取り組みを最新のAR※技術をツールに探ってみよう!
タブレットを操作して近未来のまちを体験する企画展
企画展 「AR:Our Environment ~身近な環境への取り組みをAR技術で学ぼう~ 」 開催中

-------------------------------

 ソニー・エクスプローラサイエンス(東京都港区台場1-7-1メディアージュ5F)では、11月17日(土)~2013年2月24日(日)(予定)まで、新企画展「AR:Our Environment ~身近な環境への取り組みをAR技術で学ぼう~」を開催しています。
 「省エネ」や「エコ」というキーワードでおなじみとなった「環境への取り組み」ですが、動植物の保護・保全活動や環境負荷を少なくする製品の開発、さらには新しいエネルギー・ネットワークの構築など、その具体的な方法は多岐にわたります。

 今回の企画展では、日常生活の中で、すでにあらゆる活動や研究開発が進められているこの「環境への取り組み」を、最新のAR技術を活用したツールを使い、楽しく学ぶことができます。

※ “AR” とは “Augmented Reality” の略記で、日本語では “拡張現実(感)”を表します。目の前に存在する物体に画像や文字情 報などを付加することで、より深く正確に物体を知覚するための技術です。


~ 記 ~
<企画展 『AR:Our Environment ~身近な環境への取り組みをAR技術で学ぼう~』 実施概要>
【タイトル】
 『AR:Our Environment ~身近な環境への取り組みをAR技術で学ぼう~』
【実施期間】
 2012年11月17日(土)~ 2013年2月24日(日)(予定)
【会 場】
 ソニー・エクスプローラサイエンス 内 「スタジオSES」
【入場料】
 大人(16歳~)500円・小人(3~15歳)300円 ※常設展示エリア入場料含む


【展示内容 -抜粋-】
■AR・ゼロシティ
エネルギーを効率的に利用して、環境に負荷をかけない近未来のまちのようすを探ることができます。ソニーが開発した
統合型拡張現実感技術“SmartAR”※1を活用し、テーブル上の3D空間を認識しカメラの動きに合わせて建物などのCGを
表示します。12のポイントをすべて探し出すと、ゼロシティが完成します。
近未来のまちでは、“認証型コンセント” ※2などの新しい技術がもたらす電力利用の効率化などを知ることができます。
※1 統合型 拡張現実感技術“SmartAR(スマートAR)”:物体確認技術とソニー独自の「3D空間認識技術」を統合することで、高速かつダイナミックで大規模なARを実現する技術。
 参考URL リンク
※2 “認証型コンセント”:ユーザーが能動的に電力管理や電力制御ができるコンセント。
 参考 URL リンク
■モバイル・バイオパーク
ソニーグループでは、「アカウミガメ」や「ハーピーイーグル(オウギワシ)」など、世界のあらゆる地域で、絶滅危惧種に指定
されている動植物の保護・保全活動を長年行っています。このコーナーでは、仮想空間上に様々な絶滅危惧種を保護育
成している「モバイル・バイオパーク」をつくり、生息している環境ごとに展開されるオリジナルゲームに挑戦しながら、絶滅危惧種について楽しく学ぶことができます。
■E・WATCHER
わたしたちの日常生活で使用している電化製品も、過去と現在でその役割は同じでも消費電力を削減したり、筐体に再生プ
ラスチックを使用したり等、目には見えないところで、環境負荷を軽減するための技術が採用されています。壁面に描かれた電化製品に“Sony Tablet” ※3をかざすと、過去の製品と現在の製品でどのような工夫がなされているのかを比較することができます。
※3 “Sony Tablet”はソニー株式会社の登録商標です。


【ソニー・エクスプローラサイエンス施設概要】
◆営業時間
 11:00~19:00 (最終入場 18:30)
◆入場料金
 一般  大人(16歳~) 500円、小人(3~15歳)300円
 団体(15名以上) 大人400円、小人200円
◆住所
 〒135-8718東京都港区台場1-7-1メディアージュ5F
◆電話
 03-5531-2186 (受付時間 11:00~19:00)
◆公式URL
 リンク

ソニー株式会社が運営する「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、ソニーのエレクトロニクス製品やソニーグループのエンタテインメント・コンテンツ(映画、音楽、ゲームなど)に活用される最新技術を楽しく学べる体験型科学館です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事