logo

エンジニアのための技術教育「CAEユニバーシティ」 e-learning第二弾「CAEのための材料力学基礎講座」開始のお知らせ



~時間と場所を選ばず、効率よく学ぶ「材料力学基礎」のオンライン教室~

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、CAE(※1)のリーディングカンパニーとして、CAE有効活用のために理論を学ぶエンジニア向け教育事業「CAEユニバーシティ」を運営しております。この度、そのe-learning専門コースである「e-CAE University(イーシーエーイー ユニバーシティ)」の第二弾として「CAEのための材料力学基礎講座」を2012年11月29日より開講することをお知らせいたします。

======================================================================

機械設計CAE活用に必要な材料力学を学ぶ、セミナー形式のe-learningコース

======================================================================
「e-CAE University」は、多くの企業様向けにe-learningコンテンツを作成させていただいた経験やノウハウを集結した内容をWeb上から提供するサービスです。PCやスマートフォンからの受講が可能なため、場所や時間を選ばず学ぶことができます。
この度、機械設計において構造CAEを活用する際に必須となる材料力学を、セミナー形式で学べるe-learning専門コース「CAEのための材料力学基礎講座」を開講いたします。当コースはe-CAE University開講以来ご好評をいただいている「CAEの理解を深める106問」に続く第2弾となります。
材料力学を学んだことはあっても、いざ設計・開発となるとなかなかCAEを活用することができません。当コースは、CAEの活用を前提にしているエンジニアが、必ず抑えておくべき材料力学の基礎を学べるようになっております。
コースの内容は、CAEユニバーシティで構造CAEの設計応用講座を担当しているTMEC技術士事務所所長の遠田治正氏が作成いたしました。

■ CAEユニバーシティ講師 遠田治正氏の紹介


長年、三菱電機株式会社にて、設計、解析業務及びCAD、CAE人材育成に従事。現在はTMEC技術士事務所所長であり、CAEユニバーシティでは「構造CAEの設計応用講座」の担当講師であり、設計のためのCAE教育として人気を博している。


講師紹介ページ リンク


■ 講座内容
本コースは、前半4章と後半4章の体系となっております。構成は、前半及び後半の冒頭にレベルチェック、それぞれ4つの章のセミナー部分とその各章ごとに確認問題、最後に全体を通しての学習後レベルチェックとなっております。
学習者は、まず冒頭のレベルチェック部分で簡単な腕試しを行い、これから学習する材料力学分野の理解レベルを事前に確認できます。次のセミナー部分では、講師の解説を聞きながら学習を進めていきます。解説は音声とスライドが連動し「大切なことは何か」が、とてもわかりやすくなっております。さらに、章ごとに確認問題を解くことで理解度を確認できます。問題が解けなかった場合や、更に理解度を深めたい場合は、関連する学習要素を解説しているページにリンクをたどることで効率的な反復学習が可能となります。


■ コースの概要
コース名: CAEのための材料力学基礎講座

◆レベルチェックPart1(知識確認2択問題20問)
第1章 材料力学とは
第2章 応力とひずみ(変形)
第3章 応力とひずみの関係
第4章 せん断応力とせん断ひずみ
◆レベルチェックPart2(知識確認2択問題20問)
第5章 曲げ応力・曲げモーメントによって生じる応力
第6章 伸び・縮み・変位・回転
第7章 熱応力
第8章 座屈・重力・組み合わせ応力
◆学習後レベルチェック(2択問題40問)

・利用開始日時: 2012年11月29日(木)
・対象:構造CAEソフトウェアをお使いの方、あるいはこれから使おうとする方で、材料力学を学びたい方
・標準学習時間: 4時間程度(レベルチェック40問+8章分の講義+確認問題35題)
・受講料(税込み): 26,250円(60日間)
・詳細情報: リンク

■ e-learningの活用方法
当社のe-learningシステムは、PC及びスマートフォンからの学習が可能です。そのため、ネット環境があれば、お忙しい方でも、ちょっとした待ち時間や移動時間等を活用して学習することができます。また、ご利用期間中であれば、何度でも学習することができるので理解を高めることができます。
また、社内のCAE教育研修の学習教材としてご利用いただくことで、ベースラインを引き上げ、その後の学習効果を大幅に高めることも可能となります。基礎力向上及び共通言語の習得により、社内の技術的なコミュニケーションの促進にも繋がります。
さらに、教育ご担当者が教育計画を設定するにあたって、当コースのレベルチェックテスト並びに既に提供中の「CAEの理解を深める106問」を使って、学習対象者のCAEの実力測定やレベル分け、傾向分析等の定量化ツールとしてご利用いただけます。CAE人材の育成をご検討中の企業様は是非、CAEユニバーシティ事務局にご相談いただけましたら幸いです。なお、教育目的に応じたe-learning教材カスタマイズ提供も引き続き実施しておりますので、気軽にご相談ください。

■30日間無料お試しコース
「CAEのための材料力学基礎講座」のレベルチェックPart1、第1章、第2章を無料でお試しいただけます。さらに、現在販売中である腕試しクイズ形式のe-learningコースの「CAEの理解を深める106問」の10問分も同時にご利用可能です。
無料お試しコースのお申し込み方法は下記のe-CAE Universityホームページをご覧ください。

リンク


======================================================================

e-CAE Universityについて

======================================================================
セミナー形式でCAE教育を展開中のCAEユニバーシティが、多忙なエンジニアの方のために時間・場所の制約にとらわれないe-learning専門コースとして「e-CAE University」を立ち上げました。企業内教育コンテンツの作成や、海外拠点向け教育(英語、中国語対応可)などのご相談も承ります。


======================================================================

CAEユニバーシティについて

======================================================================
「ものづくりのための、ひとづくり」をキーワードに、CAEエンジニア育成のための教育プログラムを提供しています。CAEの有効活用には、CAEをブラックボックス化せずにシミュレーション結果の妥当性を評価する能力が必要です。この能力を身に付けるためには工学・物理・数学の理論知識が必須です。CAEに使われている物理や工学の理論を含めた技術向上に繋がる知識を身に付けて、シミュレーションソフトを有効活用できるエンジニア育成を目指しています。

講義は毎回同一の講師が担当しているため、講義内容は常に改定が行われます。また、講師ミーティングなどを開催し、講座間での連繋をはかるようにしています。そのため、大学における一貫教育のように各教科がつながりと意味を持ち、真に知識を体系的に学べるエンジニア教育プログラムを目指しています。

CAEユニバーシティの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

リンク


注釈
※1:CAE(Computer Aided Engineering):
製品が市場に投入されるまでには試作・検証の工程が欠かせない。これらをコンピュータ上でシミュレーションすることにより、開発期間の短縮とコスト削減が実現される。このシミュレーション技術がCAE。

----------------------------------------------------------------------
サイバネットについて
----------------------------------------------------------------------
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク
※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

----------------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社
----------------------------------------------------------------------
●内容について
CAEユニバーシティ/川口
TEL:03-5297-3692 E-MAIL:info@cae-univ.com

●報道の方は
広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。