logo

2013東京国際スマートフォン アプリアワード 開催のお知らせ

一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム 2012年11月29日 16時50分
From PR TIMES



一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は、11月29日(木)3大キャリア(株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社)・日本マイクロソフトの特別協賛、MCF理事会社8社からの協賛のもと、2013東京国際スマートフォン アプリアワード(2013TSPAA)を開催することを発表いたしました。  

本アワードは、スマートフォンアプリの更なる進化の一助となることを目的に、日本全国のクリエーター・エンジニアから6つのテーマに沿ったスマートフォン(スマートフォンまたはタブレット端末)の機能を活用した他では実現できない奇想天外な楽しい、面白いアプリを募集し、優秀作品は授賞式にて表彰いたします。

第二回目となる今回は、前回よりも応募の窓口を広げエンジニアやクリエーターの方だけではなく、学生の皆さんにもご応募いただけるものとなっており、「2013TSPAAオフィシャルアンバサダー」であるアプリ好きの女子大生3人が本アワードを盛り上げていきます。

期間中、Twitterキャンペーン「あったらいいなぁ~こんなアプリ」(2012年12月13日から2013年1月31日までリンク) も開催し、開発者のサポートとなるアイディアの募集も致します。

【応募について】
■応募テーマ
    主催者部門応募テーマ
      1:オリジナルLifeTimeアプリの制作
      2:「昔懐かしいレトロゲーム」のアプリの開発
      3:2013TSPAAキャラクター「ジ アプリエイプ(THE APP APE)」を使ったゲームアプリ
    企業部門応募テーマ
      4:旅をテーマにお子様や親子で遊べて楽しめるアプリ(ANA)
      5:WWFが推奨するエコラベルのついた商品を知らせるアプリ(WWF)
      6:おかしを楽しく食べるアプリ(明治)


■応募方法
スマートフォン(スマートフォンまたはタブレット端末)の機能を活用した他では実現できない奇想天外な楽しい、面白いアプリを募集します。
6つのテーマから課題を選択し、一般部門(アプリケーション)、学生部門(企画書)ともに所定の応募フォームに必要事項を入力の上2013TASPAAホームページから応募します。
  
1:一般部門
Web(HTML5)またはAndroid、Windows 8でアプリを作成ください。なおテーマ出展企業からは使用できる商品データ等が開示されます。
1.Webアプリケーションの応募は、応募作品を事前にWeb上で認証した後に閲覧できる状態にしてください。応募の際にWebアプリケーションのURLおよび審査用のユーザーID、パスワードを入力してください。
2.Androidアプリケーションの応募は、アプリケーションをapkファイルにアーカイブした上でアップロードしてください。
3.Windows 8アプリケーションの応募は、アプリケーションを開発ツール(Visual Studio 2012)で、開発したアプリをパッケージ化し、そのパッケージされたフォルダ(AppPackagesフォルダ)を圧縮して提出していただく必要があります。パッケージ方法につきましては、下記を参照ください。リンク

動作環境は以下の通りです。
1.HTML5
Android2.3以上が搭載されているスマートフォン、タブレット端末の標準Browser上で実行できるWebアプリケーション。
2.Android
Android2.3以上が搭載されているスマートフォンまたはタブレット端末で実行できるネイティブアプリケーション。
3.Windows 8 OS
Windows 8が搭載されているタブレット端末で実行できるWindows ストアアプリケーション。(注:従来のデスクトップアプリケーションではなく、新しいユーザーインタフェースのアプリケーションのことです)。リンク


2:学生部門
応募フォームの各項目に従い記入して応募ください。


3:応募作品はすべて「2013東京国際スマートフォン アプリアワード応募者規約」、「2013東京国際スマートフォン アプリアワード出展企業規約」に準じます。


■応募者資格
1:一般部門
  どなたでも応募可能です。
2:学生部門
  応募時点で小学生から大学院生まで。(学校教育法上の「学校」の生徒のうち、小学生以上の方になります)。
3:但し1、2とも18歳未満の応募者は親権者の許可が必要です。

■応募受付期間:2013年2月1日00:00(金)~2013年2月28日23:59(木)

■表彰式:2013年4月17日(水)を予定しています。
最終選考者(Finalist)は4月10日(金)にホームページ上で発表(予定)。当事者には実行委員会より電子メールまたは電話にて通知します。学生部門は 表彰式に先立ち、最終選考者によるプレゼンテーションがあります。


【2013TSPAAオフィシャルアンバサダーについて】

宮司 愛海(みやじ まなみ)
<プロフィール>
福岡県出身。早稲田大学文化構想学部3年生。
2010年ミスサークルコンテストグランプリ、2011年waseda collection出場。
<抱負>
デジタル・ネイティブ大国、日本の学生の力を世界に見せつけるべく、イベントを盛り上げていきます。「アプリ」の力で変わる世界を、一緒に創っていきましょう!よろしくお願いします。


和田 早矢(わだ さや)
<プロフィール>
高知県出身。専修大学 文学部 3年生
ミス専修コンテスト2011グランプリ。アナウンサーを目指す。
<抱負>
学生部門も設けられている「第2回東京スマートフォンアプリアワード」は、私たち学生も楽しいアプリを提案できるチャンス!皆様の想いや夢が加えられた、様々な新しいアプリに出会えることを、私も楽しみにしています。


本田 玲奈(ほんだ れいな)
<プロフィール>
早稲田大学政経学部2年生
2011早稲田コレクションメンバー。国会議員のインターンをしながら読者モデルでも活躍。
<抱負>
「アイデア=∞=アプリ」自分が考えたアプリで、いつもと同じ毎日をもっと面白く、便利なものにしてみませんか?そんな夢のようなアプリをみんなで考えて、このイベントを盛り上げていきましょう!


<2013東京国際スマートフォン アプリアワード スケジュール>

2012年11月29日(木)記者発表会

           2013東京国際スマートフォン アプリアワード ホームページオープン(応募サイト)
            

12月13日(木)19:00 学生部門オリエンテーション
           Twitterキャンペーン「あったらいいなぁ~こんなアプリ」募集開始


2013年 1月31日(木) Twitterキャンペーン「あったらいいなぁ~こんなアプリ」応募締切り


2月 1日(金)00:00  応募作品受付開始

2月中旬        Twitterキャンペーン「あったらいいなぁ~こんなアプリ」プレゼント当選者発表
   
2月28日(火) 23:59  応募作品締め切り


3月 1日(水) 応募作品審査開始
   
4月10日(水) 受賞ノミネート作品の発表予定
   
4月17 日(月) 受賞作品の発表と表彰

※スケジュールは変更になる場合があります。

※リリースはこちら リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。