logo

地震発生確率や予測震度を即時解析  地震危険度評価ツール「ココゆれ」本格運用開始



 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2012年11月3日より、戸建住宅の購入を検討されているお客さまに対し、建設予定地での地震発生確率や予測震度などのリスク情報を即時に提供する地震危険度評価ツール「ココゆれ」(※)の本格運用を開始します。

 「ココゆれ」は、任意の地点を選択入力することで、5年先から50年先まで5年単位の、震度(5弱以上~6強以上)の地震の発生確率と当該地点付近の断層情報(予測震度・距離・深さ・マグニチュード・発生確率)を解析し、約30秒で結果を表示できるツールです。
 今後、当社は「ココゆれ」の運用で、お客さまに地震に関する情報を分かりやすく提供し、自然災害への備えの意識を高めていただけるよう取り組みます。また、戸建住宅「xevo(ジーヴォ)」で標準装備している「耐震技術」に加え、「制震技術」や「免震技術」の提案も積極的に行うことで、お客さまに安全で安心な住まいを提供します。

 URL: リンク

 ※「ココゆれ」は、防災科学技術研究所の「地震ハザードステーション(J-SHIS:ジェイ・シス)2010年版」で公開されている、全国の地震活動・震源モデル等のデータを用いています。最新のデータが公開され次第、「ココゆれ」も随時更新します。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。