logo

「イオングループのO2O戦略」「ネスレ日本のソーシャルメディア活用」「大丸松坂屋の顧客ロイヤリティ」などコンファレンス&展示会「ネットショップ担当者フォーラム2012」12月6日(木)・7日(金)開催

インプレスグループでエンタープライズIT関連メディア事業を手がける株式会社インプレスビジネスメディア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村照明)は、ネットショップ運営成功の「本質」的手法を知るための展示会&コンファレンスイベント「ネットショップ担当者フォーラム 2012」を2012年12月6日(木)・7日(金)の2日間にわたり、東京ファッションタウンビル TFTホール(東京 有明)にて開催いたします。

ネットショップ担当者フォーラム 2012は、「O2O」「ネットショップ集客術」「ソーシャルメディア活用」「顧客とのキズナ」をテーマとした4つの基調講演をはじめ、ネットショップ運営を成功に導くためのテクノロジーセッションや最新情報を凝縮した協賛講演など、30を超えるセッションと展示会場で構成するイベントです。
12月6日(木)の基調講演では、イオン株式会社 Eコマース事業最高経営責任者 小玉 毅 氏に、実店舗で圧倒的な強さをみせるイオングループが取り組むオンライン戦略(O2O)について、また、株式会社売れるネット広告社 代表取締役社長 加藤 公一 レオ氏にはECサイトの売上を上げるためのネット広告の仕組みを語っていただきます。

12月7日(金)の基調講演は、ネスレ日本株式会社 デジタルメディア開発ユニット ユニットマネージャー 揖斐 理佳子氏にECサイトが取り組むPinterestなどのソーシャルメディア活用の可能性を、大丸松坂屋オンラインショッピングの株式会社JFRオンライン 代表取締役社長 榎本 朋彦氏にはECサイト上での顧客とのキズナづくりをテーマにご登壇いただきます。
また各セッションでは、先進のECサイト戦略に取り組む企業の担当者やスペシャリストに多くご登壇いただくことも特徴です。「O2O入門」「ECサイトのマルチデバイス対応」「国内&海外最新事例」「最新アドテクノロジー」「アジアEC最新事情」など、今後の企業EC戦略を立てるうえで欠かせない実践的な情報や注目の最新情報をご提供します。

インプレスビジネスメディアでは「ネットショップ担当者フォーラム」の開催を通じて、ネットショップ担当者のITリテラシー向上の一助となる情報を配信することで、日本の多くの企業でのIT活用、およびオンラインビジネスの活用を促進し、eコマースやネットマーケティングの市場拡大・活性化に貢献してまいります。


▼「ネットショップ担当者フォーラム 2012」 開催概要
詳細と無料登録はこちら → リンク

イベント名:  ネットショップ担当者フォーラム 2012
日時:     2012年12月6日(木)・7日(金)/2日間
        10:00~18:30 (受付開始9:30) <展示会>11:00~18:00
事前登録フォーム:リンク
会場:     TFTホール(東京有明)
        〒135-8071 東京都江東区有明3-6-11
参加費:    無料(事前登録制)  申込締切 2012年12月5日(水)
主催:     株式会社インプレスビジネスメディア
企画:     「ネットショップ担当者フォーラム」プログラム委員会、Web担当者Forum編集部
想定来場数:  3,000名
問い合わせ先: TEL:03-3263-8689
        Email:net-shop-event@impressbm.co.jp
担当:     勝瑞(ショウズイ)/石井
特別協力:
一般社団法人E-Commerce Asia Association/EC研究会/一般社団法人ECネットワーク/一般社団法人ウェブ解析士協会/一般社団法人日本Webソリューションデザイン協会(JWSDA)/公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)/日本百貨店協会/一般財団法人ネットショップ能力認定機構



≪基調講演概要(A会場 400名収容)≫

【基調講演1-1】  2012年12月6日(木) 10:00~10:40
9億人のお客さまといかに絆がるか
~リアル小売業のネットビジネスへの挑戦~

講師:イオン株式会社 Eコマース事業最高経営責任者 小玉 毅 氏
イオンは日本で最大の小売企業グループでありながら、ネットビジネスにおいては、最後発組であると厳しい認識をしております。
こうした環境下、イオンは4つのシフトを推進し、企業変革に取り組んでおります。「アジア」「都市」「シニア」そして「デジタル」シフト。イオンは全国に200箇所以上の大型のショッピングモールを運営しております。
このモールには年間9億人のお客さまが来店されます。この9億人のお客さまとネットでいかにつながるか、O2Oの新しいビジネスモデルのあり方について考えます。
内容レベル:脱初級


【基調講演1-2】 2012年12月6日(木) 16:55~17:35
“売れる”ネット広告
~ネット広告で“100%確実”に効果と売上を上げる仕組みとは?

講師:
株式会社売れるネット広告社 代表取締役社長 加藤 公一 レオ 氏
日本の大手メーカー通販の7割以上がコンサルティングを依頼している「売れるネット広告社」の極意とは何なのか? 通販王国と言われる九州で、一貫してダイレクトマーケティング型のネット広告に従事し、担当した“すべて”のクライアントを大成功させてきた“レスポンスの魔術師”こと加藤公一レオ氏が、ネット広告で費用対効果と売上を劇的に上げるノウハウ(仕組み)を徹底的に“大公開”する!
主な内容は次の通り。
・今すぐクリエイティブのレスポンス効率を上げる方法
・今後ずっとクリエイティブのレスポンス効率を100%確実に上げ続ける方法
・インターネットで引上率・リピート率を劇的に上げる方法


【基調講演2-1】2012年12月7日(金) 10:00~10:40
Pinterest はなぜECの売上を増やすのか?
~【右脳メディア】が拓くネットショップの未来 ~

講師:
ネスレ日本株式会社 デジタルメディア開発ユニット ユニットマネージャー 揖斐 理佳子 氏
今年5月、楽天の出資により日本でも一躍名が知られたPinterestは、月間UU数2300万、月間PV17億、トラフィック誘導数はGoogleやFacebookに次いで世界第3位(Directを除く)、しかも女性ユーザーが8割を占めるなど、注目度ナンバーワンのソーシャルメディアである。
この“Pinterest”とはどのようなものか?従来のメディアとの違いは何か?またEC誘導の実践方法や導入時の注意点、などをご紹介します。
内容レベル:脱初級~中級


【基調講演2-2】2012年12月7日(金) 17:45~18:25
オンラインショッピングサイトを支える 強い顧客ロイヤルティづくり(仮称)

講師:
株式会社JFRオンライン 代表取締役社長 榎本 朋彦 氏
大丸松坂屋百貨店は、300年の歴史を持つ「大丸」と400年の歴史を持つ「松坂屋」とが合併してできた、強い「顧客ロイヤルティ」に支えられた「長寿企業」です。
ネット、カタログを含む通販の時流が大きく変わり、小手先の戦術ではなく百貨店が持つ本来の強みである「顧客との接点」を今の時代に合わせて「リ・デザイン」することにより独自のマーケットポジションを築きたいと考えております。
数百年もの長い期間を通じて引き継がれてきた「社是・企業理念」を、今の時代に合わせて読み替えることにより、お客様に他のどこにもない最高のショッピング体験を届けようとJFRオンラインが考える戦略の概要をご紹介します。

【イベントに関するお問い合わせ先】
インプレスビジネスメディア イベント事務局
E-mail:event-webtan@impressbm.co.jp
TEL:03-5510-4079(受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

________________________________________

【株式会社インプレスビジネスメディア】 リンク
インプレスビジネスメディアは、企業内で情報コミュニケーション技術を活用する方々を対象に、様々なIT関連専門メディアの運営と、読者データベースを基に属性別に最適な情報をお届けするターゲットマーケティング事業を展開しています。また、これらに付随するコンファレンス、セミナーの企画運営や、各種出版物の制作など、様々なIT関連ソリューションを提供しています。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2012年4月1日に創設20周年を迎えました。

________________________________________

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社インプレスビジネスメディア マーケティング局 担当:村田
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地 TEL:03-5275-9040 FAX:03-5275-8089 電子メール:customer@impressbm.co.jp、URL:リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。