logo

技術論文誌「パナソニック技報」最新号(10月号)発行 特集:スマートアプライアンス/シミュレーション

パナソニック 2012年10月18日 17時54分
From PR TIMES



2012年10月15日、パナソニック株式会社は「パナソニック技報」10月号を発行しました。

「パナソニック技報」はパナソニックが発行する技術論文誌です。
10月号では、(1)家電をネットにつなげることで、お客様に新しい価値やサービスをご提供する「スマートアプライアンス」、(2)商品、デバイスの開発から、材料、分子・原子レベルの状態解析まで、幅広い分野の「シミュレーション」技術の手法と活用事例について特集しています。

▼全文は「パナソニック技報」Webサイトでご覧いただけます。
リンク

収録内容は以下のとおりです。

■【特集1】スマートアプライアンス

・スマートアプライアンス特集によせて
(前:パナソニック(株)本社R&D部門 デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当 理事、パナソニック(株) AVCネットワークス社 常務 岡 秀幸)

<招待論文>
・製造業のサービス化:「サービス・ドミナント・ロジック」による考察
(一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 准教授 藤川 佳則)

<技術論文・解説>
・[解説]スマートアプライアンス概要
(坂田 毅,野仲 真佐男)
・[論文]スマートアプライアンスシステムにおけるシステムアーキテクチャ
(土居 晋三,山岡 勝,松本 通弘,海上 勇二,大西 聡明,松井 典弘)
・[解説]NFC応用スマートアプライアンスサービス(生活家電)
(栗本 和典)
・[解説]健康機器向けNFC応用アプリケーション
(遠山 望)
・[解説]スマートアプライアンス向けNFC技術応用タグ
(間野 良隆,上西 恒雄)
・[論文]無線対応スマートアプライアンスサービス
(増田 健司)

■【特集2】シミュレーション

・シミュレーション特集によせて
(パナソニック(株) モノづくり本部 生産技術開発センター 生産技術研究所 所長 西田 一人)

<招待論文>
・量子分子動力学法に基づくマルチフィジックスシミュレータの開発とエレクトロニクスシステムの電子・原子レベル設計
(東北大学大学院工学研究科・工学部 教授 久保 百司)

<技術論文>
・第一原理シミュレーションによる熱電変換素子のゼーベック係数予測
(山本 昌裕)
・リチウムイオン二次電池の厚み変化に関する連成シミュレーション手法の構築
(久保 太,秋元 雄大,八木 晴久,芦田 高之,中西 正知)
・ロータリ型圧縮機の弾性流体潤滑解析技術
(中原 泰彦,松井 大)
・熱流体解析技術を活用したシステムLSI向け放熱設計手法の構築
(松元 昂,小森 晃,鈴木 宏明,大谷 克実)
・タンパク質折り畳みの熱力学特性と熱力学的折り畳みシミュレーション
(鬼塚 健太郎)

▼最新号全文は「パナソニック技報」Webサイトでご覧いただけます。
リンク

また、「パナソニック技報」Webサイトでは、2007年10月号以降の掲載論文を全文掲載しています。
是非一度ご覧ください。
▽パナソニック技報 バックナンバー
リンク

関連URL:リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。