logo

「nasne(ナスネ)」対応・業界最速の内蔵型BDライター



~業界最速※1、BD-Rディスク(1層:25GB)への高精度な15倍速記録を実現し、
「nasne(ナスネ)TM」※2からのBDディスク記録にも対応~
“Windows 8TM”対応、内蔵型BD/DVD/CDライター「BDR-S08J」を新発売

【商品名】BD/DVD/CDライター
【型番/カラー】BDR-S08J-W(クリアホワイト)
        BDR-S08J-BK(ピアノブラック)
        BDR-S08J-KR(ラバーブラック)
【希望小売価格】オープン
【発売時期】11月中旬

* 製造元:パイオニア株式会社  販売元:株式会社エスティトレード

※1 2012年10月17日時点、パイオニア調べ。
※2 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されているネットワークレコーダー。

【企画意図】
 パイオニアは、BD-Rディスク(1層:25GB)への高精度な15倍速記録と、優れた防塵性、静音性を実現し、“Windows 8TM”にも対応したパソコン用内蔵型BD/DVD/CDライター「BDR-S08J」を発売します。
 本機は、業界最速※1となるBD-Rディスク(1層:25GB)への高精度な15倍速記録を実現するとともに、BDディスク(1層:25GB/2層:50GB)※3に加え、すべてのBDXL(TM)ディスク※4(BD-R XL:3層100GB/4層128GB、BD-RE XL:3層100GB)※3への記録と再生が可能です。また、防塵性と静音性を高めたほか、ネットワークレコーダー「nasneTM」で録画した番組をネットワーク経由でBDディスクに保存できるソフト「DiXiM BD Burner 2013 for pioneer」を同梱するなど、ネットワーク機能を強化しています。
さらに、CDの音楽データを忠実に読み取る独自技術「PureRead3+(原音再生)」※5など、PCで音楽を楽しむための機能も搭載しています。


【主な特長】
1) 業界最速※1、BD-Rディスク(1層:25GB)への高精度な15倍速記録を実現
 本機は、業界最速となるBD-Rディスク(1層:25GB)への高精度な15倍速記録を実現しています。また、BDディスクに加え、すべてのBDXL(TM)ディスク(BD-R XL:3層100GB/4層128GB、BD-RE XL:3層100GB)への記録と再生が可能です。

2) BD書き込みソフト「DiXiM BD Burner 2013 for pioneer」を同梱
 ホームネットワーク(LAN)に接続した録画機器(録画機能付TVやBDレコーダー、PC、NAS※6など)に録画したデジタル放送を、ネットワーク経由でBDディスクに保存※7するためのソフト「DiXiM BD Burner 2013 for pioneer」を同梱しています。ネットワークレコーダー「nasneTM」で録画した番組もBDディスクに保存することができます※8。

3) 目的に合わせて動作モードの切り替えが可能
 記録精度と静音性を優先する際には「標準(記録・精度優先)モード」、記録速度を優先する場合には「ハイスピードモード」と、目的に応じてモードの切り替えが可能です。また、高速回転に対応した新クランパーを採用しており、ディスクの回転を安定させることで、記録精度と静音性を高めています。

4) PCで音楽や映像を楽しむための機能を搭載
 ディスク表面の汚れや傷で音楽CDのデータが読み取れない時に、独自のアルゴリズムで再度読み取りを行う「PureRead3+(原音再生)」※5を搭載しています。音質変化の原因となるデータ補間の発生頻度を抑えることで、音楽CD本来の音質で再生することができます。また、映像ディスクを視聴する際には、前面のインジケーター(青色LED)を消灯させることが可能です。

5) 最新のOS “Windows 8TM”に対応
 本機および同梱のアプリケーションソフトは、最新のOS “Windows 8TM”にも対応しており、幅広いOS環境下で使用できます。

6) 省電力モードを搭載
 省電力モード(PEAK POWER REDUCER)を搭載しており、動作ピーク時の電力消費量を抑えることで、電力供給低下時にも安定動作を維持します。

7) その他の特長
・ ローディング中にディスクの種類や状態を確認できる「ディスクステイタス」機能を搭載。
・ ドライブ内部の温度など、ドライブの状態を確認できる「ドライブステイタス」機能を搭載。
・ 映画ソフトや音楽CDの再生時に、ローディング動作や静音設定などを最適化する「ビデオ&オーディオモード」機能を搭載。
・ BDからのデータ読み出し時に発生する信号のノイズをクリアにする「リミットイコライザー」機能を搭載。
・ 「ディスク共振スタビライザー」の採用により、書き込み時の記録精度を向上。
・ 「防塵・防音パット」の採用により、防塵性を向上。
・ ディスクの回転による空気の流れを利用して放熱性を高め、静音性と長時間の安定駆動を実現。
・ 3D映像を楽しめるBlu-ray 3D(TM)再生対応アプリケーションソフト「PowerDVD10」※9を同梱。
・ キズ・指紋・汚れの付いたBD/DVDや、書き込み品質の低いBD/DVDでも再生できる「PowerRead(TM)」機能※10を搭載。
・ オリジナル高画質映像集「Visual Material」を同梱。
・ DVD-Videoの画質を、フルハイビジョン画質にする「アップスケーリング」機能※11を搭載。
・ CPRM、AVCRECTMディスクの再生に対応。
・ 環境に配慮した、分解されやすい性質の生分解性ポリ袋を梱包に採用。


※3 対応メディアの詳細については、パイオニアホームページに掲載予定のメディアリストを参照ください。
※4 ブルーレイディスクアソシエーションにより決定された、大容量ブルーレイディスクに関する規格。
※5 すべてのディスクの読み込みを保証するものではありません。またすべてのPC環境での読み込みを保証するものではありません。
※6 NAS(Network Attached Storage):ネットワークに接続して使用するファイルサーバー。
※7 「UPnP(TM)」「UPnP(TM) AV」「DLNA(TM)」のいずれかに対応している機器からBDへの保存が可能です。
※8 2012年10月17日時点、デジオン社調べ。
※9 3D映像の再生には、Windows 7(TM)、3D表示に対応した周辺機器が必要となります。
※10 BD-MV、BD-AV、DVD-VIDEO、DVD-VR形式で記録・録画されたBD/DVDに効果を発揮しますが、すべてのBD/DVDに対して再生を保証するものではありません。また、BD/DVDの状態によって、画像ではブロックノイズ、音声では音飛びが発生することがあります。PowerRead(TM)の機能は、対応したBD/DVDプレーヤーソフトが必要です。
※11 1,920×1,080p、60fpsへ変換。



【バンドルソフト一覧】 
・DiXiM BD Burner 2013 for pioneer (DigiOn社製)
ホームネットワーク(LAN)に接続した録画機器で録画した番組を、ネットワーク経由でBDに保存できます。

・PowerDVD10 (CyberLink社製)
映画、アニメ、音楽などBlu-ray、DVD-Videoをパソコン上で再生できます。CPRM、AVCRECTMにも対応。Blu-ray 3D(TM)の再生に加え、2D映像を3Dに変換して再生することもできます。

・PowerDirector 9 (CyberLink社製)
高解像度の映像を簡単に編集できます。また、デジタルカメラで撮った写真をフォトムービーで楽しめます。BDXL(TM)をサポートしているので、さまざまなコンテンツを1枚の対応ディスクに書き込めます。

・PowerProducer 5 (CyberLink社製)
BD-MV、AVCHDTMに対応。高解像度ビデオからのディスク作成やBDディスクにビデオを編集することができます。BDXL(TM)をサポートしているので、さまざまなコンテンツを1枚の対応ディスクに書き込めます。

・Power2Go 7 for PureRead (CyberLink社製)
CD、DVD、BD、BDXL(TM)など幅広いメディアに対応しています。BD、DVD、データCD、音楽CDの作成に加え、音楽CDの取り込みや、暗号保護など、さまざまなディスク書き込み用途に対応します。

・InstantBurn 5 (CyberLink社製)
パソコン上のファイルをドラッグ&ドロップ操作でディスクに書き込めます。ファイルごとに追加や削除ができるので、気軽にファイルの記録が行えます。

・PowerBackup 2 (CyberLink社製)
データのバックアップや修復を、見やすい画面で操作できます。

・Medi@Show6 (CyberLink社製)
パソコンに取り込んだ画像・映像を一覧表示で整理したり、特殊効果をつけて編集したりできます。BGMをつけたスライドショーを作れるほか、お手持ちのビデオを好みのファイル形式へ簡単にすばやく変換することもできます。

・LabelPrint 2 (CyberLink社製)
ディスクのラベルデザインを簡単に行えます。

・パイオニアBDドライブユーティリティ (パイオニア製)
ドライブのさまざまな設定を行えます。



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事