logo

日本初!“マウスでなぞるだけ”でスキャンができる新しいタイプのスキャナ 「マウス型スキャナ」発売 ~通常時はマウスとして使用でき、必要な時に手軽にスキャンが可能~



 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、新聞や雑誌、資料などの対象物をなぞった通りにスキャンして、画像データとして取り込むことができるスキャナ「マウス型スキャナ」を2012年11月2日(金)より発売いたします。初年度販売目標数量は2万台です。

 「マウス型スキャナ」は、手軽に資料をデータ化することができるマウスと一体型のスキャナです。対象物をマウスでなぞるだけでスキャンすることができるため、新聞やカタログ等の必要な部分を切り取るクリッピングや、一般的なスキャナにセットできない大きな原稿の一部を取り込みたい際にも便利です。
 また、通常時はマウスとして使用できるため、外出や出張時に持ち運んでスキャナとして活用するなど、幅広いビジネスシーンでの利用が可能です。

 使い方は、専用ソフトを立ち上げ、次にマウス横のスキャンボタンを押して、スキャンしたい対象物の上をマウスでなぞります。なぞった部分はパソコンの画面に表示され、スキャンが終わったら再度ボタンを押して確定させます。スキャンしたデータは、トリミングやコントラストなどの機能で編集したり、消しゴム機能で必要のない箇所を削除したりすることが可能です。
 また、画像データとしてだけではなく、OCR機能が付いているため、文字を読み取りテキストで保存することができます。保存形式は、PDFやJPEGなど7種類から選べます。スキャンサイズはA4サイズ(210×297mm)まで対応しています※。

 キングジムでは、「マウス型スキャナ」の発売により、アナログの情報のデジタル活用をこれまで以上に促進し、より一層の市場拡大を図ってまいります。

 ※お使いのパソコンの環境により異なります。

■ 製品概要
製品名・品番:マウス型スキャナ MSC10
メーカー希望小売価格:¥11,550 (税込)<本体価格¥11,000>
本体色:ブラック
発売日:2012年11月2日(金)

■ 製品特長
1.マウスでなぞった部分がそのまま画像で表示されるので、スキャンした範囲がわかりやすい
2.読み取り後、トリミング、色相、彩度、輝度、コントラスト、角度、消しゴム機能での編集が可能
3.画像の保存形式がPDF/JPEG/TIFF/BMP/PNG/XLS/DOCから選択できる
4.アプリケーションソフトやメールに画像を直接貼り付けることができる

■ 操作手順
[準備]あらかじめ、付属のCD-ROMから専用ソフトをインストールする
1. 専用ソフトを立ち上げて、「マウス型スキャナ」をスキャンしたい対象物の上に置き、マウス横のスキャンボタンを押してスキャンする
2. スキャンが終了したら、再度ボタンを押して確定させ、必要な範囲を選択・編集する
3. スキャンしたデータの再編集や保存などを行う

■ 製品仕様
品名:マウス型スキャナ
品番:MSC10
本体色:ブラック
税込価格<本体価格>:¥11,550 (税込)<本体¥11,000>
センサー:レーザーセンサー 1200dpi
ボタン:2ボタン/1ホイールボタン/1スキャンボタン
スキャンサイズ:A4サイズ(210×297mm)まで対応
        ※お使いのパソコンの環境により異なります。
解像度:最大400dpi
保存形式:PDF/JPG/TIFF/ BMP/PNG/XLS/DOC
オペレーティングシステム:日本語Windows7(32ビット版、64ビット版)
             ※PC/AT互換機
             ※旧OSからバージョンアップしたOSは保証対象外です。
CPU:Intel Core 2Duo 1.2 GHz以上
メモリ:2GB以上
ビデオメモリーおよびグラフィックカード:128MB NVIDIA GeForce 8400 GS、128MB ATI RadeonX1300、384MB Intel GMA X3000以上
ハードディスク:インストールに1GB以上の空き容量が必要
ドライブ:CD-ROMドライブ
外形寸法:マウス:約60(W)×115(D)×37(H)mm
     ケーブル:約1.5m
本体重量:約110g
電源供給:USB2.0
消費電力:約0.6W
同梱品:CD-ROM、布製ポーチ、取扱説明書、保証書


商品のお問い合わせは、下記までお願いします。
株式会社キングジム お客様相談室
フリーダイヤル(全国共通)
0120-79-8107(ナットクのパートナー)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事