logo

アシスト、「ENISHI実践ソリューション」に「IT運用自動化ソリューション」を新設



~あわせてIT運用の自動化を実現する「JP1 Version 10」を販売開始~

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、取締役社長:大塚辰男、略記:
アシスト)は、自社のITサービスマネジメント分野に関するノウハウと取扱
製品/支援サービスを体系化し提供しているITサービスマネジメント実践ソ
リューション「ENISHI」に「IT運用自動化ソリューション」を新設することを
本日発表します。また、その構成製品である統合システム運用管理
「JP1 Version 10」(開発元:株式会社 日立製作所)の販売を開始します。

 仮想化技術の浸透やクラウドの伸長など、ITシステムを構成する要素はより
複雑化し、それに伴う運用管理者の作業負荷が増加する一方、既存システムの
維持管理や運用に必要なオペレーション対応が削減されることはありません。
定形、非定形問わず、IT運用オペレーションの効率化や作業負荷に伴う運用コ
ストへの対策、手動オペレーションによるミスの誘発防止など、IT運用オペ
レーションの自動化への対応は今後益々重要となってきます。

 アシストではこれまで定常業務の自動化を実現するジョブ管理をはじめ、監
視業務やコンソール業務の自動化促進など個別の自動化ソリューション提供に
よる企業システムのプロセス改善を支援してきましたが、IT運用全体で繰り返
されるオペレーション業務を効率的かつ標準化された手順にて自動化すること
で、安定した品質での運用改善を実現することが重要と考え、今回「IT運用自
動化ソリューション」の提供を開始することになりました。

 「IT運用自動化ソリューション」では、10月15日にリリースされた統合シス
テム運用管理「JP1」の最新バージョン「V10」にて新たにラインナップされた
IT運用自動化基盤「JP1/Automatic Operation」をIT運用の自動化基盤として
利用し、JP1各種製品の導入/セットアップおよび変更作業の自動化や、ユー
ザ・サービス等で煩雑となりやすい申請業務などIT運用オペレーションの自動
化に効果的な各種テンプレートをアシストが独自に提供します。顧客企業は、
IT運用の自動化対象や要件に応じ、アシストが提供する様々なテンプレートを
利用して、IT運用の自動化を早期に、工数をかけることなく実現可能となりま
す。この各種テンプレートについては、今後もIT運用オペレーションの自動化
の範囲や対象を拡大し、随時提供していく予定です。

 また、IT運用の自動化を効率的に行うためには、ITプロセスが標準化されて
いることが重要です。アシストでは、「IT運用自動化ソリューション」の他、
イベント管理、インシデント管理、インフラ構成管理、モニタリング最適化に
特化した各種「ENISHI実践ソリューション」での支援、さらにはIT運用管理に
必要なプロセスや機能を体系化した「ENISHIフレームワーク」も利用した
ENISHI全体で、ITプロセスの運用改善を推進するための標準化や最適化に向け
た取り組みを支援します。

 11月2日に開催するアシスト主催セミナー「JP1 最新動向セミナー2012
~新バージョンJP1 Version 10 発表~」では、「「アシスト+JP1」による
JP1 Version 10を活用した新たな自動化オペレーション」と題して、本ソ
リューションの紹介を行います。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ●「JP1 最新動向セミナー 2012 ~新バージョンJP1 Version 10 発表~」
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  日時:2012年11月2日(金) 14:00〜 (13:30開場)
  会場:アルカディア市ヶ谷 5F 穂高
  プログラム:
    14:10~ 『日立製作所が語るJP1の軌跡と未来』
    14:30~ 『JP1最新アップデート ~「Version 10」の全貌~』
    15:25~ 『JP1最新ユースケース ~「新製品活用紹介」~』
    16:30~ 『「アシスト+JP1」によるJP1 Version 10を活用した
            新たな自動化オペレーション』
    17:30~ 『懇親会 JP1ユーザ交流会』
 ※申し込み/プログラム詳細:リンク
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 株式会社 日立製作所様より以下のエンドースメントを頂戴しています。

 =================================================================
  日立製作所は、株式会社アシストの「IT運用自動化ソリューション」
 の販売開始を歓迎します。

  アシストのITサービスマネジメント実践ソリューション「ENISHI」で
 はこれまでにも日立のJP1製品が活用されていますが、今回、新製品で
 あるIT運用自動化基盤「JP1/Automatic Operation」を活用した「IT運
 用自動化ソリューション」が新たに加わることで、アシストの経験、
 ノウハウを加味したIT運用自動化が早期に実現でき、お客様のIT運用プ
 ロセスの効率化に貢献できるものと確信しております。

  日立は今後もアシストとのパートナーシップを通じて、お客様の
 ニーズに合った製品を開発してまいります。

             株式会社 日立製作所 情報・通信システム社
                    ITプラットフォーム事業本部
                    開発統括本部 統合PF開発本部
                       担当本部長 青島 達人
 =================================================================


----------------------------------------------------------------------
■「ENISHI IT運用自動化ソリューション」について
----------------------------------------------------------------------
IT運用業務に関わる様々なオペレーションを「標準化」、「自動化」し、IT運
用業務の効率化と品質向上を支援するソリューションです。日常的に行われる
定常作業を始め、サーバのセットアップやソフトウェアの導入など、手順の標
準化できるオペレーション業務を自動化し、IT運用業務の効率化及び品質向上
のための運用改善を支援します。

----------------------------------------------------------------------
■ITサービスマネジメント実践ソリューション「ENISHI」について
----------------------------------------------------------------------
アシストは、各種運用管理ツールの取り扱いと年間5,300社以上の顧客企業へ
の技術支援で培った経験、ノウハウ、事例をもとに、最小の設計と実装負荷
で、高品質なITサービスを提供できる仕組みをITサービスマネジメント実践
ソリューション「ENISHI」として体系化しました。「ENISHI」では、障害監視
やバッチ・ジョブ運用の自動化などの「運用管理の基盤整備」から、定期報
告/分析やインシデント管理などの「品質向上」、さらに事業継続計画策定や
SLM(サービス・レベル・マネジメント)などの「最適化」に至るまで、IT運
用管理に必要なプロセスや機能をすべてフレームワークとして体系化している
ため、自社の取り組み状況と照らし合わせ、次に取り組むべくステップを明確
にすることができます。また、取り組むべき課題に対して、IT運用管理の改善
に必要なプロダクトと支援サービス、そしてノウハウを組み込んだ「イベント
管理強化ソリューション」、「インシデント管理強化ソリューション」、「イ
ンフラ構成管理ソリューション」、「モニタリング最適化ソリューション」、
そして今回「IT運用自動化ソリューション」を新たに加え、アシスト独自の
「ENISHI実践ソリューション」として提供しています。

----------------------------------------------------------------------
■株式会社アシストについて
----------------------------------------------------------------------
代表取締役会長:ビル・トッテン
取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
社員数:830名(2012年4月1日現在)
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL: リンク

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏ら
ない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。複数のソフト
ウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システ
ムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。今年
創業40周年を迎えたアシストは、ツールやサービスのアシスト独自の組み合わ
せにより「メーカー」を超える価値の提供を目指して活動しています。

----------------------------------------------------------------------
■ニュースリリースに関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
 株式会社アシスト 広報部 担当:田口
  TEL:03-5276-5850 FAX:03-5276-5895
  E-Mail:press@ashisuto.co.jp

----------------------------------------------------------------------
■「ENISHI」および「IT運用自動化ソリューション」に関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
 株式会社アシスト 
 システムソフトウェア事業部 技術1部 担当:蝦名/岡村/漆戸
 TEL:03-5276-5565 FAX:03-5276-5879
 E-Mail:ssj_info@ashisuto.co.jp
 詳細URL:リンク

----------------------------------------------------------------------
※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い
 合わせなどは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることが
 あります。あらかじめご了承ください。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。