logo

CNNがドキュメンタリー映画部門CNN FILMSを新設  初作品「Girl Rising」は2013年前期にCNNで放送予定

CNN 2012年10月12日 12時54分
From PR TIMES



24時間世界の最新ニュースと情報を配信しているCNN は、このほどドキュメンタリー映画部門CNN Films(CNNフィルムズ)の設立を発表しました。数々の受賞歴を誇るニュース番組を持つCNNが新部門の設立によりノンフィクション分野でも独自コンテンツを手掛け、CNNおよびCNNインターナショナルで放送するほか、劇場への配給もおこないます。

CNN Films最初のドキュメンタリー「Girl Rising」は、少女達に教育の機会を与えるためのグローバルキャンペーン「10x10」とのパートナーシップによる作品で、2013年前期に放送を予定しています。夢を実現するために困難に立ち向かう各国の少女達を追うこの長編作品の監督は、アカデミー賞にノミネートされたリチャード・ロビンズ(Operation Homecoming: Writing the Wartime Experience)で、ナレーションはアカデミー賞女優メリル・ストリープのほか、アン・ハサウェイ、ケリー・ワシントン、セレーナ・ゴメスが担当しています。

CNN Filmsは、アカデミー賞受賞のアレックス・ギブニー監督(「闇へ」「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」など)や、アンドリュー・ロッシ監督とも契約を結び、両監督の手掛けるドキュメンタリーをCNNで放送していきます。

CNN Filmsの手掛けるドキュメンタリーでは政治、社会、経済など様々なテーマを掘り下げます。各ドキュメンタリーのリリース前後には、CNNの主要番組でも同じテーマに沿った内容で特別編成し、関係者へのインタビュー、専門家のコメント、ディスカッション、舞台裏の記録なども織り交ぜながらCNNテレビとオンラインサービスから配信していきます。

ブランドの戦略は、CNN ワールドワイドのタレント・コンテンツ開発担当上席副社長エイミー・エンテリスと、開発・調達担当上席副社長のヴィニー・マルホトラが責任者となります。 戦略的なパートナーシップを通して、映画祭や劇場でもドキュメンタリー作品を上映していく予定です。

CNN ワールドワイド編集長のマーク・ウィテカーは次のようにコメントします:「CNN Filmsは示唆に富む優れたドキュメンタリー作品を、テレビ・ウェブ・モバイルプラットフォームを通して世界中のCNN視聴者に届けていきます。CNNのドキュメンタリー作品から発信される物語を、他の番組やウェブサイトを巻き込んで届け、新たな議論が生まれるきっかけになればと考えています。」

関連リンク:
「Girl Rising」公式サイト: リンク

CNNについて:
CNNは世界のニュースをリードする、24時間ニュースと情報の専門ネットワークであり、最も尊敬され信頼されているニュースソースのひとつです。CNNのブランドは、CNNワールドワイドによって運営されている18のテレビ、インターネット、携帯電話サービスを通じて、世界中の20億人以上に利用されています。CNNワールドワイドは、ターナー・ブロードキャスティング・システムの一部門で、タイム・ワーナー・グループに属します。CNNインターナショナルはその国際部門で、コンテンツは14のサービスを通じて、7つの言語で提供されています。CNNインターナショナルのテレビは、全世界200以上の国と地域、約2.8億世帯で視聴することができます。日本におけるブランド名であるCNNjは、CNNの長年にわたるパートナーである株式会社日本ケーブルテレビジョン(JCTV)により、全国のケーブルテレビやスカパー等を通じて、670万以上の世帯、ホテルに配信されています。



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事