logo

東北大学と学術無線LANローミングeduroam認証の産学連携提供開始

株式会社データホテル 2012年10月04日 14時27分
From PR TIMES



データホテルと東北大学、学術無線LANローミングeduroam JPにおいて
クラウド型大規模eduroam認証サービスの産学連携提供を開始。
-キャンパス無線LANを始めとする、
教育機関向けITインフラソリューション展開を強化-


データセンター・インターネット関連事業会社の株式会社データホテル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:嶋田健作、以下データホテル)と、国立大学法人東北大学・サイバーサイエンスセンター(宮城県仙台市)は、世界中の大学等教育研究機関でキャンパス無線LANの相互利用を実現するローミング基盤 eduroam (エデュローム)の日本国内におけるサービス「eduroam JP」にて利用可能な代理認証システムを、データホテルが展開するクラウドサービス「エクスクラウド(EX-CLOUD)」上に構築し、共同運用を開始します。

eduroamの標準的なシステム構成では、個々の参加機関における認証基盤の構築・運用のコストが参加障壁の一つとなっていました。これを解決する一手段として、東北大学サイバーサイエンスセンターでは「代理認証システム」を開発し、2008年からサービス提供しています。本システムはeduroamの認証基盤をウェブサービスとして代行・提供するもので、各機関はeduroam用の認証基盤を持たなくても、サインアップのみでeduroamの利用者IDを取得できます。

2011年3月の東日本大震災において、eduroamは他キャンパス・他機関を訪問中の国内外の人々に利用され、緊急通信手段としての有効性が明らかになりました。現在、国内の大学等で情報インフラの耐災害性・耐障害性を向上させる動きが盛んになっています。このような状況を踏まえ、このたび、代理認証システムをオン・クラウドで分散構築する事でシステムを冗長化し、耐災害性・耐障害性に優れた認証プラットフォームとして共同運用することで、より多くの教育機関に対して安定した認証システムを提供することが可能となりました。

今後、データホテルでは、教育機関向けクラウド認証システムの提供も計画しており、eduroam を活用したNW インフラ構築、各クラウドサービスなどと組み合わせていくことで、旧ライブドア時代から推進しているキャンパスICT における「アカデミック・ソリューション」の展開を強化していきます。

-クラウド型eduroam代理認証サービスイメージ-
別途図表を参照下さい。



■eduroamおよびeduroam JPについて :リンク
欧州のTERENA(Trans-European Research and Education Networking Association)で開発された学術研究機関用の無線LANローミング基盤で、参加機関における世界規模の無線LANローミングを実現しています。現在、欧州では約40ヶ国、アジア太平洋地域では、日本の他にオーストラリア、ニュージーランド、中国、香港、台湾、カナダ、米国などが参加しており、世界のデファクトスタンダードとなっています。 日本ではeduroam JPの名称で国立情報学研究所(NII)と東北大学によって運用されています。

国内加盟機関(2012年9月現在 順不同)
国立情報学研究所、北海道大学、北海道医療大学、東北大学、宮城教育大学、尚絅学院大学、山形大学、茨城大学、高エネルギー加速器研究機構、東京大学、日本医科大学、東京農工大学、電気通信大学、東京有明医療大学、芝浦工業大学、成城大学、東京電機大学、国立国語研究所、東京工科大学、実践女子大学、実践女子短期大学、理化学研究所、横浜商科大学、山梨大学、金沢大学、名古屋大学、名古屋工業大学、京都大学、京都教育大学、同志社大学、奈良教育大学、大阪大学、国立民族学博物館、神戸大学、広島大学、広島工業大学、広島国際学院大学、九州大学、九州工業大学 以上:39機関(団体)

■データホテル「アカデミック・ソリューション」について
データホテルが旧ライブドア時代から推進してきた、学術無線LANローミング基盤「eduroam」に対応したキャンパス無線LANの設計・構築・運用サービスと、各種パブリック・プライベートクラウドを組み合わせたHYBRIDクラウドサービスなど、キャンパスICTインフラにおけるソリューションサービスです。
今後、クラウド型のアクセスポイント集中管理サービスや、学術認証フェデレーション「学認(GakuNin)」(リンク)に対応した認証サービスなどの提供も順次開始します。

■データホテル「エクスクラウド」について:リンク
個人から企業/団体利用まで幅広いニーズに応えるシンプルなクラウドサービスを展開しています。スケールアップ、スケールアウトが自由にできる「エクスケール(EX-SCALE)」や、エクスケールとLAN接続可能なハイスペック専用サーバ「エクスディービー(EX-DB)」、無停止スケールアップが可能な月額1,050円の低価格プラン「エクスライト(EX-LITE)」を提供しています。

■株式会社データホテルについて リンク
2012 年1月1日に「株式会社ライブドア」から社名変更した「株式会社データホテル」は、データセンター・ネットワーク関連事業に特化し、事業展開しています。提供するサービスは、データセンター事業、ホスティング事業、ASP 事業、インターネット接続サービス事業など多岐にわたり、約5,000社を超えるお客様にご利用いただいています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事