logo

カリグラフィー文字で書かれたスティーブ・ジョブズ氏の名言集を、「Note Anytime」上で無償提供開始

2012年10月4日
株式会社MetaMoJi

<お知らせ>

MetaMoJiが、カリグラフィー文字で書かれたスティーブ・ジョブズ氏の名言集を、「Note Anytime」上で無償提供開始

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、カリグラフィー(*)文字で書かれた故スティーブ・ジョブズ氏の名言集を、モバイル端末用デジタルノートアプリ「Note Anytime」上で、本日2012年10月4日より無償で提供開始します。

アップル社創業者であるスティーブ・ジョブズ氏は、大学時代に受講したカリグラフィー文字のクラスが、後のアップル社製品の卓越したデザインの基礎になったと、後年スタンフォード大学での講演で明らかにしています。

* カリグラフィー:美しく文字を書くことを西洋ではカリグラフィーと言う。

■Note Anytimeについて
「Note Anytime」は、タブレット、モバイルPC、スマートフォンのモバイル端末上で、文字も図形も自由自在に書ける、紙と鉛筆を進化させる新世代のデジタルノートアプリとして、2012年9月26日よりiPad 版をワールドワイドで提供しています。

世界中の人たちのために、モバイル端末上で美しい手書き文字編集環境を提供したいという考えから、Note Anytimeでは、先端のソフトウェア技術で実現した、充実したカリグラフィーペンの機能が提供されています。標準で提供される2種類のカリグラフィーペンに加えて、ペン先の角度や太さを自在に調節できるカスタマイズ・カリグラフィーペンを有償で用意しています。さらには、グラデーションインクで美しいデザインを簡単な操作で実現しています。

<ジャーナリスト/コンサルタント  林 信行 氏からの推薦文>
今日の新聞、雑誌、書籍はヨハネス・グーテンベルグが生み出した技術ではなく、1985年にアップル社が生み出したDTP(Desktop Publishing)という技術を使ってデザインされ印刷されている。
スティーブ・ジョブズ、この発明の背後にいた人物は、後にその成功を彼がリード大学で聴講したカリグラフィ(英習字)の講義のおかげだと振り返っている。この話はあまりに有名な2005年のスタンフォード大学卒業生向けのスピーチでも繰り返し詳細に語られた。
20世紀のテクノロジーはまだ未熟で、技術好きの人々に未来の夢を見せることはできたが、我々がデジタル時代の前に築いていたリッチなアナログ時代の表現を蘇らせることはできなかった。アナログ時代の豊かな表現や文化をデジタル機器上で再興させるのは21世紀初頭を生きる我々の使命の一つだろう。
アップル社はこれをiPod、iPhoneそしてiPadといった製品で実現してきた。そして今、パソコン日本語文字入力を生み出したMetaMoJi社が、まずは「7notes」で、つづいて「Note Anytime」を出して、ここに加わる。
この「Note Anytime」の強みの1つが、 ジョブズに四半世紀前にインスピレーションを与えた英習字的表現だというのは、なんとも面白い因縁だ。


※iPad、iPhone、iPodは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。