logo

ネットマイル社、ゲーミフィケーション認知度&利用実態調査実施言葉の認知度は4.1%よく利用されているのは「ビンゴやすごろく」、女性が好むのは「時間限定セール」

株式会社 ネットマイル 2012年10月02日 12時10分
From PR TIMES

インターネット上の共通ポイントプログラムと大規模ネット調査「ネットマイルリサーチ」を運営する株式会社ネットマイル(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:畑野仁一。以下、ネットマイル社)は、「ゲーミフィケーション」の認知度と利用実態に関する調査を実施しました。
「ゲーミフィケーション」とは、最近、注目されているマーケティング手法の一つです。様々なサービスに、ポイント獲得などの“ゲーム的な要素”を組み込むことで、集客やユーザーの活性化、あるいはロイヤリティの向上を図ります。
今回の調査では、「ゲーミフィケーション」という言葉の認知度は4.1%でした。年代別では、10~20代は4.8%、30~40代も4.8%で差はありませんが、50代以上では1.5%と認知度は低いという結果となりました。
実際に利用したことがある「ゲーミフィケーション」は、「ネットマイルBINGO」*のようなビンゴやすごろくが最多で50%を占め、以下「航空会社のマイレージプログラムのようなポイントや会員制度」が27.6%、「グル―ポン、ポンパレのような時間限定のセール」が17.1%と続きました。*ネットマイルBINGO:ネットマイル社が提供する会員向け無料ビンゴゲーム URL:リンク
また、「グルーポン、ポンパレのような時間限定のセール」の利用経験者のうち、これがあると「利用したくなる」と回答した男性は74.4%、女性は86.0%と男女で差が明確でした。本調査の結果から「時間限定セール」は女性に好まれる傾向があると推測できます。
【調査概要】
○テーマ :ゲーミフィケーションに関する調査
○調査対象: 株式会社ネットマイル社パネル
○調査地域: 全国
○調査期間: 2012年9月24日~2012年9月25日
○調査手法:インターネット調査
○有効回答数: 1,000サンプル
○性別年代 :男女 10代~50代以上 各100サンプル

【株式会社ネットマイルについて】(リンク
インターネット市場における共通ポイントプログラム「ネットマイル」と、ネットマイル会員を活用した大規模ネットリサーチ「ネットマイルリサーチ」を運営。2001年4月サービス開始。ネットマイルの累計加盟サイト数は1,200サイト、累計登録会員数は約448万人(2012年9月末現在)。共通ポイントサービスとしては日本最大級。2012年6月からはゲーミフィケーション導入ツール「Playground」のサービスも開始。詳細は:リンク
また、日経BPサルティングが日本の主要Webサイト500について調査した「Webブランド調査2012-春夏―」(2012年6月27日発売)では第28位。詳しくは、
リンク


社名 株式会社ネットマイル
代表取締役CEO 畑野 仁一
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町2-4 麹町鶴屋八幡ビル8F
創業年月日 2000年11月7日
事業内容 1:インターネット市場におけるユニバーサルポイントプログラム「ネットマイル」のサービスを運営
2:ネットマイル会員を活用した、大規模ネットリサーチの運営
サービスサイト リンク
 


【当リリースに関する報道関係者お問合せ先】
株式会社ネットマイル 広報担当:林
TEL:090-1842-4674 Email:press@netmile.co.jp
あるいはネットマイル広報代理
エンカツ社 担当:宇於崎(うおざき)、渡部(わたなべ)
TEL:03-5776-2566  Email:press@enkatsu.jp


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事