logo

オフィスPCの消費電力の約35.6%削減する節電・節約支援ソフト「Ultra EcoPC」の新バージョンを提供開始

コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:高橋啓介)はこのほど、オフィスPCの総合的な節電や節約を支援するソフトウェア「商品名 : Ultra EcoPC (ウルトラ エコピーシー)」 に新機能を追加した最新バージョン(Ver.1.0.1.0)を2012年9月27日(木)より提供開始しました。


新バージョンでは、新たにディスプレイの輝度を調整することで節電を図る機能を搭載しました。「Ultra EcoPC」のパソコンの省電力化機能では、モニターの電源やHDDの電源を自動的にOFFにするタイミング、あるいはスリープ状態や休止状態へ移行するタイミングをスケジュール機能で管理することができます。
今回のディスプレイの輝度を変更するタイミングについても同様にスケジュール化できますので、ピークシフトを実現する上で、より柔軟な電源管理が可能となりました。


ちなみに節電効果の一例として、弊社の測定環境では、本商品の使用前と比べて約35.6%のPC節電を実現※1 しました。


※1 事務職の従業員が1日(合計10時間)PCを使用するにあたり、常時通電で使用した場合と本商品の “パソコンの省電力化機能(標準の省電力設定)” を使用した場合の消費電力量をそれぞれ本商品上で測定した。この結果、本商品未使用(常時通電)時が0.85kWhであったのに対して本商品使用時が0.55kWhであった。本商品の使用により約35.6%の節電を実現した。なお本測定結果は一例であり、PCの環境や利用状況によって効果は異なる (2012年8月 弊社調べ)。
リンク


---------------------------------------------------------------------------


■関連URL
□お知らせページ
リンク
□商品画像データ
リンク



■「Ultra EcoPC」 について
オフィスPCの「節電」対策を支援するソフトウェアです。節電設定をスケジュールに沿って運用することでピークシフトを実現するPCの節電機能を搭載しています。さらにPCを構成するパーツの中で最も故障しやすいとされているHDDの故障を監視する機能、PC上の不要ファイルを一斉にクリーニングすることでPCの操作を軽快にする機能、高い印字品質のままプリンターのインク使用量を削減する機能などPCのメンテナンス機能や節約機能も備えています。
※商品Webサイト リンク


---------------------------------------------------------------------------


■株式会社インターコムの会社概要
□設立: 1982年6月8日
□代表取締役社長: 高橋啓介
□資本金: 8,400万円
□本社所在地: 〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5 反町ビル
□TEL: 03-3839-6231 (代表)
□URL: リンク
□事業内容: 1982年の創業以来、パソコン向け通信ソフトウェア専門の研究開発型カンパニーとして、「まいと~く」 「FALCON」 「Biware」など数々の商品を生み出し、今日ではパソコン業界を通して “通信のインターコム” との評価をいただくほどになりました。近年では、企業、学校、コンシューマー向けに、通信(レガシー/インターネット)、セキュリティ、ユーティリティ関連のソフトウェア・ハードウェアソリューションの研究開発・販売、ECショップ運営などを行っております。


★株式会社インターコムは、2012年6月8日(金)をもって設立30周年を迎えました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より御礼申し上げます。“商品とサービスを通して、お客様に夢と感動を提供する” の企業理念をあらためて胸に刻み、今後とも全社員一丸となって取り組む所存でございます。引き続き、倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。



■本商品に関する問い合わせ先
株式会社インターコム
営業本部 東日本営業部 流通営業グループ
TEL: 03-3839-6341
お問い合わせフォーム:
リンク



■本お知らせに関する問い合わせ先
株式会社インターコム
営業本部 マーケティング部 広報宣伝グループ 山中 弘重、澤田 季治
TEL: 03-3839-6775 



※interCOM は、株式会社インターコムの登録商標です。
※その他、記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。