logo

学童保育のプロフェッショナルのために設立された日本初の認定資格制度 『認定キッズコーチ』の受験者募集を9月28日から開始

一般社団法人キッズコーチ協会 2012年09月21日 18時09分
From Digital PR Platform


一般社団法人キッズコーチ協会(以下、当協会)は、学童保育などで放課後の子どもの健全な育成に携わるプロフェッショナルを対象とした日本で唯一の認定資格制度「認定キッズコーチ」(経験者向け)の第1回試験を2012年11月23日(金)、24日(土)に実施します。これに先立ち、2012年9月28日(金)から11月2日(金)の期間、当協会のWebサイトにて、受験者の募集を受け付けます。

現在、共働きの家庭などが放課後に小学生を預ける学童保育施設は全国に2万箇所以上(※)あり、約84万人(※)の子どもが利用しています。就労女性の増加を背景に学童保育への需要は年々高まっていますが、全国に6万人以上(※)いるといわれる現場の指導員の能力を客観的に評価・認定する専門資格はありませんでした。また、学童保育の指導員は、一部の公務員を除いて待遇や研修体制の面で働き続けることが難しく、人材の質の維持が中長期的な課題となっています。  (※2012年 全国学童連絡協議会調べ)

「認定キッズコーチ」は、こうした背景を受けて設立された日本で唯一の認定資格制度です。11月23日(金)、24日(土)に行われる経験者向けの第1回試験では、保育園や幼稚園、学童保育施設などの現場で1年以上就労したことがある方を対象に、放課後の保育の現場で求められる基礎的知識と運営スキルを評価・認定します。具体的には、子どもたちを惹きつける人間性、遊びに関する豊かな提案力、子どもを諭し、ケンカを解決するコーチング能力や、保護者とのコミュニケーション力、施設運営のためのマネジメントスキルなどについて、座学と実技演習の講座を受講した後、筆記および実技テストを行い、習熟度を判定します。

当協会は、「認定キッズコーチ」の普及活動を通じて、子育てがしやすい環境の整備や、保育人材の確保及び質の向上、学童保育業界全体の発展に貢献して参りたいと考えています。


【「認定キッズコーチ」(経験者向け)試験概要】

募集時期:2012年9月28日(金)~11月2日(金)
試験日:2012年11月23日(金)、24日(土)
実施場所:一般社団法人キッズコーチ協会(東京都世田谷区桜新町)
申込方法:キッズコーチ協会Webサイト(URL: リンク)にて受付
合格発表:12月初旬、メールにて通知

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。