logo

がん治療中のスキンケアとメイクのヒント集を作成

アストラゼネカ株式会社 2012年09月18日 14時00分
From Digital PR Platform


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:ポール・ハドソン)は、がん治療による皮膚の問題を抱える患者さんの悩み軽減を目的に、治療中のスキンケアとメイクのヒントをまとめた小冊子「がん治療中のスキンケアとメイクのヒント」を作成しました。
9月から医療機関に配布を開始すると同時にウェブサイト「がんになっても」にも掲載します。

小冊子「がん治療中のスキンケアとメイク」は、皮膚のトラブルを重症化させないために、治療開始時から気を付けること、治療によって想定される皮膚トラブルの種類、その対処法、そして、外見の変化は患者さんの心の負担にもなるため、「元気に見える」メイクアップのコツなどを紹介しています。

内容は、ウェブサイト「がんになっても」(リンク)からご覧いただくことができます。
冊子を希望される方は10月末までに、
はがきに氏名、住所、連絡先を記載の上、
アストラゼネカ株式会社「スキンケアとメイク冊子 係」 〒531-0076大阪市北区大淀中1-1-88まで送付ください。
お一人様1冊のお届けになります。

ページ数:5ページ
主な内容: ・がんサバイバーで美容ジャーナリストの山崎多賀子さんメッセージ
・元気に見えるメイクアップのコツ
・スキンケアを生活習慣に


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。