logo

QLogic、Windows Server 2012 で高信頼、高性能なクラウドを実現するソリューションを提供

QLOGIC LIMITED JAPAN BRANCH 2012年09月18日 09時12分
From PR TIMES



ファイバーチャネル、10Gb Ethernet、コンバージド・ネットワーク・アダプター用のInboxドライバーにより、Microsoft クラウド OS 及びエンタープライズ・データセンターでもパワフルな I/O 環境が実現します


ALISO VIEJO, Calif., September 13, 2012-米国 QLogic 社 (Nasdaq:QLGC、本社:米国カリフォルニア州、日本事務所:東京都新宿区) は、QLogic 社のドライバーが新しい Windows Server 2012 プラットフォームに In-box ドライバーとして標準で組み込まれる事を発表しました。同社のファイバーチャネルや10Gb Ethernet (10GbE)、コンバージド・ネットワークのアダプター製品群は、そのパワフルな QLogic(R) In-box ドライバーにより、新 OS 上でも業界をリードするパフォーマンス、信頼性、スケーラビリティ、簡単な実装を同 OS 上で実現します 。

Windows Server 2012 はクラウド OS の土台となるものです。プライベートクラウドやパブリッククラウド経由で共有サービスを活用する組織にとって、きめ細かく設定できるサービス品質 (QoS) 能力を提供できる I/O 技術を選択することは重要です。QLogic の Windows Server 2012 用のファイバーチャネルとネットワーク QoS テクノロジーは、柔軟性と厳格なサービス品質保証契約 (SLA) の要求に応えるとともに、Windows Server 2012 ベースのクラウド内の複雑さを解消しながら、企業のパフォーマンスとネットワーク利用の拡大を可能にします。

「QLogic は、仮想化されたクラウドコンピューティング環境の様々な要望に応えるネットワークアダプターを提供することで、Microsoft のクラウド OS 戦略の推進を緊密にサポートしてきました」と、QLogic のホストソリューショングループ・マーケティング担当副社長の Amit Vashi は述べています。「In-box ドライバーがインストールされた弊社のファイバーチャネル、10GbE、コンバージドネットワーク用アダプターは、データセンターやクラウドで使用されるWindows Server 2012 へのお客様の投資が最大限活用できるように設計されています。多くの採用実績があり、幅広いプラットフォームで使用されている弊社のソフトウェアスタックにより、お客様は何一つ心配する事なく Windows Server 2012 上で QLogic ネットワークアダプターを簡単にお使いいただくことが出来るのです 」。

「Windows Server 2012 は Microsoft の大規模なクラウドデータセンターにおける長期にわたる経験を基に開発されています」と、Microsoft の Windows ネットワーキング部門ゼネラルマネージャー、Sandeep Singhal 氏は述べています。「仮想化されたデータセンターとクラウド環境のメリットを余すことなく利用できるネットワークアダプター・ソリューションの大きなインストールベースを持つ QLogic は、Windows Server 2012 の革新的な能力を限界まで引き出せるネットワークアダプター・ソリューションを提供してくれます」。

QLogic のファイバーチャネル・アダプターは Windows Server 2012 に、実証済みの安定性と信頼性を提供
15 年にわたり業界をリードしてきたファイバーチャネルの経験を活かして、QLogic は Windows Server 2012 環境において、安定した、信頼性の高い、効率的なファイバーチャネル接続を提供します。QLogic のファイバーチャネル・アダプターは、Windows Server 2012 のお客様に以下のような多くのメリットを提供します:
・ Windows Server 2012 Virtual Fibre Channel (VFC) テクノロジーと統合され、スイッチに依存しない QoS ソリューションを提供できる業界唯一のアダプターで、データセンター管理者がエンタープライズ アプリケーションの負荷に合うように SAN の I/O リソースの量をコントロールすることが可能
・ Windows Server 2012 Hyper-V 上でパブリッククラウドやプライベートクラウドにおいて欠くことのできない QoS の設定を可能にする、業界標準のN-Port ID Virtualization (NPIV) 機能を使った、VFC ポート毎の帯域割当、優先度設定機能

QLogic 10GbE とコンバージド・ネットワーク・アダプターは、Windows Server 2012 環境における比類なきパフォーマンスと信頼性を提供します
QLogic 3200 シリーズ 10GbE インテリジェント Ethernet アダプターと 8200 シリーズ・コンバージド・ネットワーク・アダプターは、Windows Server 2012 のユーザーに次のような多くの機能を提供します:
・ スイッチに依存せず、QoS制御も出来るネットワーク分割機能である VMflex(TM)
・ 業界で唯一、1つの物理ポートで3つの主要なデータセンター・ネットワークプロトコルである NIC、FCoE、iSCSI のハードウェアでのオフロードを行う QLogic 8200 シリーズ:お客様に Windows Server 2012 自社のエンタープライズ・データセンターで最適な I/O ネットワークを混在して使用する環境を提供
・ Dynamic VMQ と Receive Segment Coalescing (RSC) 機能をサポートし、パフォーマンスが最適化された、集約度の高い VM の実装を実現
・ 高信頼性とハイパフォーマンスを実現するWindows Server 2012 NICチーミングのサポート
・ Generic Routing Encapsulation (NVGRE) を使った Windows Server 2012 のネットワーク仮想化への積極的な参画

【米国 QLogic 社について】
米国 QLogic 社 (Nasdaq: QLGC) は、アダプターやスイッチ、ASIC など高性能ネットワークのグローバル・リーダーで、同社のデータ、ストレージ、サーバー・ネットワーク・ソリューション製品は世界の大手 OEM /チャネル・パートナーから大きな信頼を得ています。QLogic は、NASDAQ Global Select に選ばれ、S&P 500 にも名を連ねています。詳細はウェブ(www.qlogic.com)をご覧ください。

 QLogic Limited 日本支社
 〒163-0532 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル 32階
 Tel: 03-5322-1358  Fax: 03-5322-1364

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。