logo

【飛天ジャパン】外部記録媒体等の利用制御ソフトウェア販売開始のお知らせ

飛天ジャパン株式会社(東京都中央区、代表取締役:李 戦海(リー センカイ))は、エヌ・シー・エル・コミュニケーション株式会社(東京都港区、代表取締役社長:関根 尚)と共同で、企業内の外部記録媒体や各種デバイスの利用を制御するセキュリティソフトウェア製品「SecureCore RSS(リムーバブル ストレージ セキュリティ)」(以下、本製品)を2012年9月18日(火)より販売開始※いたします。
※一部のお客様におきまして、先行販売させていただいております。

近年、企業内部のUSBメモリ等の記録媒体の持出しや紛失による機密情報の漏洩が社会的に大きな問題となっています。

本製品は、USBメモリや外付けハードディスク等の外部記録媒体や各種デバイスの利用を柔軟に管理し、企業の情報漏洩を未然に防ぐためのセキュリティソフトウェア製品です。
本製品を導入することで、外部媒体の利用禁止など社内ルールによる制約で業務効率を下げることなく、容易な管理で情報漏洩のリスクを低減することが可能となります。

■本製品の特長■
・日常管理で頻繁に利用する「イージーモード」と、詳細な設定が可能な「プロフェッショナルモード」
 をサポート
・USBメモリ等の申請と利用許可はウィザード形式で実行
・スタンドアロンPCでもUSBメモリのポリシー制御が可能
・USBメモリの自動暗号化と自己復号化をサポート
・部門管理者権限委譲機能により情報システム部門の負荷を軽減
・Active Directoryに依存せず、柔軟な組織階層の設定が可能

●飛天ジャパン株式会社について
飛天ジャパン株式会社は、中国北京に本社をおくUSBトークン、ドングルの世界的プロバイダである中国北京飛天誠信科技有限公司(Feitian Technologies Co., Ltd.)の日本総代理店です。
USBトークンや、ワンタイムパスワードトークンを使用した認証セキュリティソリューションを提供しています。
今後とも優れたコストパフォーマンス・迅速な技術サポートで数多くのお客様のニーズにお応えし、世界トップクラスのセキュリティメーカーを目指しております。
詳細は リンク をご参照ください。

●エヌ・シー・エル・コミュニケーション株式会社について
エヌ・シー・エル・コミュニケーション株式会社は、海外IT製品の輸入・販売・保守ならびにプロダクトインテグレーションを行うITの専門家集団です。
1986年に設立し、ネットワーク、セキュリティ、ストレージ、CRMを中心として、先進的かつユニークな製品・ソリューションを拡充しており、 時代の潮流を見据えて、積極的に事業領域を拡大しています。
詳細は リンク をご参照ください。

■ 本リリースに関するお問合せ先■

  飛天ジャパン株式会社
  営業部
  〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町9-3 CANAL TOWER 4F
  TEL:03-3668-6668(代) FAX:03-3668-6667
  E-Mail:sales@ftsafe.co.jp

  エヌ・シー・エル・コミュニケーション株式会社
  セキュリティ事業部
  〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館 10F
  TEL:03-6229-8711(代) FAX:03-3582-7720
  E-Mail:security@nclc.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

USBメモリ等による情報漏洩を防止!

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。