logo

Mathworks が MATLAB と Simulink のリリース2012bを発表

新しいSimulink エディターと MATLAB デスクトップ機能が追加

MathWorks は、MATLAB と Simulink に主要なアップデートを加え、使い勝手とナビゲーションを大幅に向上させたリリース2012b(以下、R2012b)を発表しました。
新しい Simulink エディターには、タブ付きウィンドウ、スマートな信号経路指定、ならびにシミュレーションの巻き戻し機能が加わりました。一方 MATLAB デスクトップには、頻繁に使用する機能にすばやくアクセスできるツールストリップと、MATLAB アプリケーション ギャラリーが新しく追加されています。また、R2012b ではヘルプ システムが新しくなり、コンテンツの閲覧、検索、フィルター、整理機能が向上しました。
R2012b の詳細については、製品の特長を紹介するハイライトビデオをご覧ください。

<新しくなったSimulinkのデザインと使い勝手>
Simulink の新しいユーザー インターフェイスと新機能は、モデルベース デザインに新たな次元の使いやすさをもたらし、より速く費用対効果の高いダイナミックな組込みシステムの開発を可能にします。Simulink エディターでは、次のような機能によってモデル化を簡素化することができます。

- ウィンドウの管理を向上するタブ付きのモデル ウィンドウ
- モデル階層を操作するためのエクスプローラー バー
- 最適な信号線のパスを決定するスマートな信号経路指定
- シミュレーションの巻き戻しと、信号への条件付きブレークポイントの設定を可能にするデバッグ機能

また R2012b では、プロジェクト ファイルの管理とソース管理ソフトウェアへの接続のための Simulink プロジェクトが導入されたほか、Arduino、LEGO MINDSTORMS NXT、BeagleBoard、PandaBoard などのターゲット ハードウェア上でのモデルの実行がサポートされるようになりました。

Stateflow にもモデル化を簡素化するための新機能が追加されています。Stateflow エディターが Simulink エディターと統一され、スマート ガイドと遷移のインジケーター ラインが追加されました。この他にも、階層的なステート マシンを構造的な表形式でモデル化するための状態遷移表や、ステートや遷移のアクション言語としての MATLAB のサポートなどの機能が盛り込まれています。

<MATLAB デスクトップの新機能>
初心者でも経験豊富なユーザーでも拡張され続けるMATLABの機能を簡単に操作できるように、MATLAB デスクトップでは次の 2 つの主要なアップデートが行われました。

- MATLAB ツールストリップが導入され、データに対する最適なプロット タイプの選択など、頻繁に使用する MATLAB機能のアイコンを表示することができます。
- アプリケーション ギャラリーでは MATLAB プロダクト ファミリのアプリケーションの表示ができるようになり、コードを書かなくても一般的なタスクを実行できます。

その他、MATLAB アプリケーションをギャラリーに追加するためのパッケージ化、インポート ツールを使用した固定幅テキスト ファイル、区切り記号付きのテキスト ファイルからのデータのインポート、コマンド ウィンドウでの関数や変数のタイプミスを修正する、などといった新機能が追加されています。

<発売時期>
MATLAB と Simulink の新バージョンはR2012b に含まれており、すぐに入手可能です。詳細については、 リンク をご覧ください。

<MATLAB EXPO 2012について>
また、MathWorks Japanでは、10月30日(火)にMATLAB EXPO 2012を開催します。
今年のMATLAB EXPOは、基調講演をはじめ、専門分野別の4テーマ29セッションで、ユーザー事例やMathWorksによるソリューションなど幅広くご紹介をいたします。
詳細や事前登録については リンク をご覧ください。

― MATLAB EXPO 2012概要 ―
日 時: 2012年10月30日(火)10:00-18:00(受付開始9:30~)
場 所:ホテルグランパシフィックLE DAIBA
地図: リンク
参加費:無料(上記URLより事前登録制)

<リンク>
- MATLABについて:リンク
- Simulinkについて:リンク
- R2012bの特長を紹介するビデオ:リンク
- モデルベース デザインについて:リンク
- Simulinkプロジェクトについて:リンク
- Stateflowについて:リンク

MathWorks について
MathWorks(マスワークス)は、数学的計算で業界をリードする世界的なソフトウェア 開発会社です。MATLAB は、Language of Technical Computing(技術計算のための言語)として、アルゴリズム開発、データ解析、視覚化、数値計算のためのプログラミング環境を提供します。Simulink は、マルチドメイン シミュレーションやダイナミック システム、および組込みシステムのモデルベース デザインのためのグラフィカル環境です。世界中のエンジニアや科学者が、自動車、航空宇宙、エレクトロニクス、金融機関、生命工学、製薬などの産業分野において、発見、革新、開発を加速させるためのツールとしてこれらのプロダクト ファミリを活用しています。また、MathWorksの製品は、教育および研究に欠かせないツールとして、世界各国の大学や教育機関において活用されています。MathWorksは 1984 年に創業、現在は、マサチューセッツ州ネイティックを本拠地とし、世界15か国で2400名以上の従業員が活躍しています。詳細については www.mathworks.co.jp をご覧ください。

MATLABとSimulinkは、MathWorksの登録商標です。その他の商標のリストについては、
www.mathworks.com/trademarks をご覧ください。 その他のブランドあるいは製品名などの商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先
MathWorks Japan
Email: public-relations@mathworks.co.jp
TEL: 03-6367-6700

テキスト・ワンハンドレッド・ジャパン株式会社
MathWorks Japan広報担当 平出、奥村
Email: MathWorksPressOffice@text100.co.jp
TEL: 03-5210-1995/1992

このプレスリリースの付帯情報

新しいSimulinkエディターには、シミュレーションの巻き戻し、タブ付きウィンドウとエクスプローラーバーが追加されました

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。