logo

アウトドア用ARアプリ『山カメラ。』がコンパス精度調整サポート版をリリース ~地点表示ズレの原因となるコンパス精度低下の問題に対策を実施~

有限会社ティーウェイブ 2012年09月11日 15時12分
From RELEASE PRESS



有限会社ティーウェイブ(本社:横浜市、取締役社長:廣瀬孝親)は、スマートフォン向けアプリ『山カメラ。』の機能を拡充し、最新版をリリースいたしました。
(URL:リンク

『山カメラ。』では、電子コンパスの精度低下に伴う地点表示位置ズレが発生する場合がありましたが、本対策としてver2.50.1880(最新版)では電子コンパス精度調整支援機能などを追加いたしました。
具体的な変更内容は以下の通りとなります。

◆電子コンパス精度調整支援機能の追加:
・端末のメニューキーを押下することで、「コンパス情報」(注)の表示/非表示を変更可能。
・「コンパス情報」表示中、電子コンパスの精度低下を検知した際には「コンパス調整ダイアログ」表示ボタンが現れる。
・ボタンを押下したユーザーは、「コンパス調整ダイアログ」を見ながらコンパスの調整を行える。
 ※調整により電子コンパスの精度が正常に戻った場合、「コンパス調整ダイアログ」は自動で閉じられます。

(注)コンパス情報には、以下の情報が表示されます。
  ・方位角、ピッチ角、磁気センサ精度、加速度センサ精度

◆画面遷移の変更:
・端末の自動回転設定がオフの場合、端末のメニューキーを押下することで画面の向きを変更可能。
 ※自動回転オンの場合は従来通りとなります。

◆その他:
・電子コンパス精度調整機能をユーザーに告知するため、ver2.50.1880(最新版)更新インストール後の初回起動時に限り、アプリ利用方法を再表示する。
 ※新規インストール後の初回起動時は従来通りアプリ利用方法が表示されます。

【山カメラ。概要】
価格: 無料
対応機種: Android2.2以上の機種
説明: スマートフォンを山やランドマーク等に向けることで、その名称や距離が簡単に分かります。
 ・たてモード: カメラと地図と併用し、すばやく確認できます
 ・地図モード: 地図を全画面で表示し、周囲の位置関係をよく把握できます
 ・よこモード: より多くの情報を確認でき、景色を撮影することもできます
ダウンロード数:
 ・『山カメラ。』ver2系(初回リリース2012年3月25日): 累計20,000ダウンロード
 ・『山カメラ。』ver1系(初回リリース2010年10月11日): 累計50,000ダウンロード

【会社概要】
会社名: 有限会社ティーウェイブ (T-WAVE Co.,Ltd.)
代表者: 取締役社長  廣瀬 孝親
所在地: 横浜市青葉区すすき野3丁目 4-124
創立: 2000年3月
URL: リンク


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。